日本語学会

ホーム > 会員向け情報 > 会議録 > 2008年度

会議録(2008年度)

2009年7月27日更新

会員総会

◎会員総会(2008年度)

日 時2008年5月17日(土)17時20分―18時
会 場日本大学文理学部図書館オーバルホール

 審議に先立ち,議長に高山倫明氏が選出された。

  1. 2007年度事業について,説明があり,審議のうえ,了承された。
  2. 2008年度事業計画について,説明があり,審議のうえ,了承された。
  3. 2007年度決算・2008年度予算の説明があり,審議のうえ,了承された。
  4. 国立国語研究所の大学共同利用機関法人への移管について,経緯の説明があった。

理事会

◎理事会(2008年度第4回)

日 時2008年11月2日(日)10時―13時20分
会 場岩手県公会堂2階特別室
出席者(会長)野村雅昭・(副会長)鈴木泰・(理事)井上史雄・上野善道・小林賢次・迫野虔徳・真田信治・仁田義雄・柳田征司/(編集委員長)月本雅幸・(大会企画運営委員長)小林隆・(情報電子化委員長)伊藤雅光/(庶務委員長)木村義之・(庶務委員)木村一/(事務室書記)橘由香
  1. 評議員選挙について,具体的な日程案が提案され,承認された。
  2. 理事・会長選挙について,具体的な日程案が提案され,承認された。
  3. 評議員選挙規則第6条における投票権を有する者の資格について,「(1)名誉会員。」を削除し,文言の修正を行うことが承認された。
  4. 機関誌『日本語の研究』について,編集状況の報告があった。
  5. 大会の企画運営について,2008年度秋季大会(11月2・3日,岩手大学)の準備状況の報告があった。
  6. 日本学術振興会による平成19年度交付対象課題に対する「実地検査」及び「意見交換」(9月2日)が行われ,本学会は,(1)平成19年度科学研究費補助金(研究成果公開促進費)を適正に執行しており,(2)経理規則および監査体制に問題はない,と認められたことが報告された。
  7. 学会ホームページの更新状況について,報告があった。
  8. 大学共同利用研究機関としての日本語研究機関の設立について,新研究機関の発足が,法改正との関係から2009年10月1日となった,との報告があった。
  9. 言語関連分野の学会連合設立について,進捗状況に関する報告があった。

◎理事会(2008年度第3回)

日 時2008年7月27日(日)13時―16時
会 場学士会館本館310号室
出席者(会長)野村雅昭・(副会長)鈴木泰・(理事)井上史雄・小林賢次・迫野虔徳・真田信治・仁田義雄・柳田征司/(編集委員長)月本雅幸・(大会企画運営委員長)小林隆・(情報電子化委員長)伊藤雅光/(庶務委員長)木村義之・(庶務委員)木村一/(事務室書記)橘由香
  1. 学術研究における言語・文学分野の重要性を訴えるための,言語関連分野の学会連合設立について,その構想に対する意見交換を行った。
  2. 大学共同利用研究機関としての日本語研究機関の設立について,現状の報告があった(上の1と併せ,『日本語の研究』4巻4号173ページに理事会からの報告があります)。
  3. 機関誌『日本語の研究』について,編集状況の報告があった。
  4. 大会の企画運営について,(1)2009年度春季大会(武庫川女子大学)の開催日程を2009年5月30日(土)・31日(日)とすること,(2)2010年度春季大会(日程未定)の会場校を日本女子大学に依頼すること,が提案され,いずれも承認された。
  5. 平成20年度科学研究費補助金(研究成果公開促進費)について,入金があったとの報告があった。
  6. 2008年度日本語学会会員名簿作成について,作業の進捗状況と納品・発送日程の報告があった。
  7. 学会ホームページの更新状況について,報告があった。

◎理事会(2008年度第2回)

日 時2008年5月17日(土)9時30分―10時15分
会 場日本大学文理学部百周年記念館 会議室3
出席者(会長)野村雅昭・(理事)井上史雄・上野善道・小林賢次・迫野虔徳・真田信治・仁田義雄/(編集委員長)月本雅幸・(大会企画運営委員長)小林隆・(情報電子化委員長)伊藤雅光/(庶務委員長)木村義之・(庶務委員)木村一/(事務室書記)橘由香
  1. 評議員会議題について,第1回理事会(4月27日)以降の修正点が報告され,最終的な確認をした。
  2. 機関誌『日本語の研究』について,展望号となる4巻3号(『国語学』通巻234号,2008年7月1日刊)の編集状況の報告があった。
  3. 大会の企画運営について,(1)2008年度春季大会(5月17・18日,日本大学)準備状況の報告があり,(2) 2008年度秋季大会(11月2・3日,岩手大学)の公開講演会の講演者として,上野善道氏・村上雅孝氏とすることが提案され,了承された。また,(3)2009年度春季大会(日程未定)の会場校を武庫川女子大学に,2009年度秋季大会(日程未定)の会場校を島根大学に依頼することが提案され,審議のうえ,了承された。
  4. 国立情報学研究所電子図書館(CiNii)の日本語学会に対する還元金について,入金があったとの報告があった。

◎理事会(2008年度第1回)

日 時2008年4月27日(日)13時―17時20分
会 場学士会館本館310号室
出席者(会長)野村雅昭・(理事)井上史雄・上野善道・小林賢次・迫野虔徳・真田信治・仁田義雄・柳田征司/(編集委員長)月本雅幸・(大会企画運営委員長)小林隆・(情報電子化委員長)伊藤雅光/(庶務委員長)木村義之・(庶務委員)木村一/(事務室書記)橘由香
  1. 2008年度評議員会・会員総会の提出議題について,審議した。
  2. 2007年度事業報告・決算報告について,審議のうえ,承認された。
  3. 2007年度会計監査について,4月20日(日)に日本語学会事務室において,相澤正夫・荒尾禎秀両会計監査委員によって会計監査が行われ,適正であることが認められたとの報告があった。
  4. 2008年度事業計画・予算案について,(1)機関誌『日本語の研究』の年4回の刊行,(2)年2回の大会開催, (3)『国語学大辞典』改訂の着手および『国語史資料集――図録と解説――』改訂の準備,を行うことが提案され,審議のうえ,承認された。
  5. 会則の一部改正について,(1)第6条および第14条2aにおける会員の種類,(2)第12条における会長等の任期に関する改正案の文言を確定した。
  6. 理事選挙施行規則の一部改正について,第4条における理事選出手続きに関する改正案の文言を確定した。
  7. 機関誌『日本語の研究』について,編集状況の報告があった。
  8. 大会の企画運営について, (1)2008年度春季大会(5月17・18日,日本大学),(2) 2008年度秋季大会(11月2・3日,岩手大学)の準備状況の報告があった。
  9. 平成20年度科学研究費補助金(研究成果公開促進費)について,交付内定の通知があったとの報告があった。

評議員会

◎評議員会(2008年度)

日 時2008年5月17日(土)10時30分―13時5分
会 場日本大学文理学部百周年記念館 会議室2
出席者40名
欠席者10名(すべて委任状あり)

 審議に先立ち,議長に石塚晴通評議員,副議長に野田尚史評議員が選出された。

  1. 2007年度事業報告ならびに決算報告に続いて,相澤正夫会計監査委員より決算が適正であるとの報告があり,審議のうえ,承認された。
  2. 2008年度事業計画ならびに予算案が提出され,審議のうえ,承認された。
  3. 会則および理事選挙施行規則改正について,理事会から,(1)第6条および第14条2aの会員の種類,(2)会則第12条の会長等の任期,(3)理事選挙施行規則第4条,の改正案が提示され,それぞれについて審議,票決を行った結果,評議員現在数の3分の2以上の賛成により,改正案が可決された(『日本語の研究』4巻3号168〜169ページの新旧対照表参照)。
  4. 評議員選挙について,(1)日程の素案が提示され,(2)選挙管理委員の選挙が行われた。開票の結果,以下の各評議員が選出された。

    相澤正夫・小野正弘・菊地康人・佐久間まゆみ・清水康行

  5. 『国語学大辞典』改訂の編集委員会が発足し,第1回編集委員会が(2008年4月6日(日),東京大学山上会館)行われたとの報告があった。
  6. 国立国語研究所の大学共同利用機関法人への移管について,経緯の説明があった。

編集委員会

◎編集委員会(2008年度第4回)

日 時2009年3月8日(日)13時−17時30分
会 場明治大学紫紺館 3階S2会議室
出席者(編集委員長)月本雅幸・(編集委員)佐々木勇・篠崎晃一・杉本武・高山善行・田島優・丹羽哲也・野田春美・藤原浩史・堀畑正臣・丸山直子・三井はるみ・ロング,ダニエル/(庶務委員長)木村義之・(庶務委員)高田智和/(事務室書記)加藤明子
  1. 『日本語の研究』第5巻2号(『国語学』通巻237号,2009年4月刊)の原稿到着・校正状況,納品・発送時期等について,確認した。
  2. 最近の投稿論文について,査読報告があり,採否を決定した。
  3. 未着の書評原稿について,依頼状況を確認した。
  4. 新刊書目・新刊紹介・書評の扱いについて,協議した。
  5. 次期編集委員会への申し送り事項について,協議した。

◎編集委員会(2008年度第3回)

日 時2008年12月14日(日)13時−17時30分
会 場明治大学紫紺館 3階S2会議室
出席者(編集委員長)月本雅幸・(編集委員)佐々木勇・篠崎晃一・杉本武・高山善行・田島優・丹羽哲也・野田春美・藤原浩史・堀畑正臣・丸山直子・三井はるみ・諸星美智直・ロング,ダニエル/(会長)野村雅昭/(庶務委員長)木村義之・(庶務委員)高田智和/(事務室書記)加藤明子
  1. 『日本語の研究』第5巻1号(『国語学』通巻236号,2009年1月刊)の原稿到着・校正状況,納品・発送時期等について,確認した。
  2. 最近の投稿論文について,査読報告があり,採否を決定した。
  3. 未着の書評原稿について,依頼状況を確認した。
  4. 新刊書目・新刊紹介・書評の扱いについて,協議した。
  5. 投稿規定について,一部改訂することが提案され,了承された。

◎編集委員会(2008年度第2回)

日 時2008年9月15日(月)13時−17時30分
会 場学士会館本館307号室
出席者(編集委員長)月本雅幸・(編集委員)佐々木勇・篠崎晃一・杉本武・高山善行・田島優・丹羽哲也・野田春美・藤原浩史・丸山直子・三井はるみ・諸星美智直/(会長)野村雅昭/(庶務委員長)木村義之・(庶務委員)高田智和/(事務室書記)加藤明子
  1. 『日本語の研究』第4巻4号(『国語学』通巻235号,2008年10月刊)の原稿到着・校正状況,納品・発送時期等について,確認した。
  2. 『日本語の研究』第5巻1号(『国語学』通巻236号,2009年1月刊)掲載予定の原稿について,報告があった。
  3. 最近の投稿論文について,査読報告があり,採否を決定した。
  4. 未着の書評原稿について,依頼状況を確認した。
  5. 新刊書目・新刊紹介・書評の扱いについて,協議した。
  6. 現在の投稿規定について,意見交換を行った。

◎編集委員会(2008年度第1回)

日 時2008年6月8日(日) 13時―17時40分
会 場日本出版クラブ会館 ももの間
出席者(編集委員長)月本雅幸・(編集委員)佐々木勇・篠崎晃一・杉本武・高山善行・田島優・丹羽哲也・野田春美・藤原浩史・堀畑正臣・丸山直子・三井はるみ・諸星美智直/(会長)野村雅昭/(庶務委員長)木村義之・(庶務委員)木村一/(事務室書記)加藤明子
  1. 『日本語の研究』第4巻3号(『国語学』通巻234号,2008年7月刊)の原稿到着・校正状況,納品・発送時期等について,確認した。
  2. 『日本語の研究』第4巻4号(『国語学』通巻235号,2008年10月刊)掲載予定の原稿について,報告があった。
  3. 最近の投稿論文について,査読報告があり,採否を決定した。
  4. 未着の書評原稿について,依頼状況を確認した。
  5. 新刊書目・新刊紹介・書評の扱いについて,協議した。
  6. 『日本語の研究』第6巻3号(『国語学』通巻242号,2010年7月刊行予定)「展望号」の執筆者を具体的に協議し,決定した。
  7. 機関誌に掲載するシンポジウム記録のページ数および掲載時期について,大会企画運営委員会と協議中であるとの報告があった。

大会企画運営委員会

◎大会企画運営委員会(2008年度第4回)

日 時2009年2月11日(祝)13時―16時20分
会 場学士会館本館310号室
出席者(大会企画運営委員長)小林隆・(大会企画運営委員)石井正彦・宇佐美まゆみ・大島資生・笹原宏之・高橋顕志・高山倫明・中井精一・前田直子・村田菜穂子・矢島正浩/(武庫川女子大学)岸本千秋・佐竹秀雄/(会長)野村雅昭/(庶務委員長)木村義之・(庶務委員)柳原恵津子/(事務室書記)花井紫
  1. 2009年度春季大会(5月30・31日,武庫川女子大学)の応募審査を行い,口頭発表21件,ポスター発表4件,デモンストレーション1件を採択した。また,会場校の佐竹秀雄氏から運営実施要領の説明がなされ,その詳細について検討した。
  2. 2009年度春季大会のシンポジウム(5月30日,武庫川女子大学)について, テーマを「人間関係の日本語史」とし,1会場で行うことに決定した。
  3. 2009年度秋季大会(10月31・11月1日,島根大学)における公開講演会(10月31日)について,講演候補者を具体的に検討した。
  4. 2010年度春季大会(日本女子大学)の日程について,2010年5月29日(土)・30日(日)として理事会に提案することが了承された。

◎大会企画運営委員会(2008年度第3回)

日 時2008年11月3日(月)17時―19時
会 場岩手大学 学生センター棟2階会議室
出席者(大会企画運営委員長)小林隆・(大会企画運営委員)石井正彦・宇佐美まゆみ・大島資生・笹原宏之・高橋顕志・高山倫明・中井精一・矢島正浩/(会長)野村雅昭/(庶務委員長)木村義之・(庶務委員)高田智和/(事務室書記)花井紫
  1. 2008年度秋季大会(11月2・3日,岩手大学)について,問題点等を検証した。
  2. 2009年度春季大会(5月30・31日,武庫川女子大学)について,シンポジウム企画の具体的な内容を協議した。
  3. ポスター発表,デモンストレーションのあり方を確認した。

◎大会企画運営委員会(2008年度第2回)

日 時2008年7月26日(土)13時―17時
会 場学士会分館3号室
出席者(大会企画運営委員長)小林隆・(大会企画運営委員)大島資生・笹原宏之・高橋顕志・高山倫明・中井精一・前田直子・村田菜穂子・矢島正浩/(岩手大学)大野眞男・菊地悟・小島聡子/(会長)野村雅昭/(庶務委員長)木村義之・(庶務委員)柳原恵津子/(事務室書記)花井紫
  1. 2008年度秋季大会(11月2・3日,岩手大学)について,応募審査を行い,口頭発表28件,ポスター発表2件,デモンストレーション1件を採択した。また,会場校の大野眞男氏・菊地悟氏・小島聡子氏から運営実施要領の説明がなされ,その詳細について検討した。
  2. 2008年度秋季大会(11月2・3日,岩手大学)における公開講演会(11月2日)の題目が具体的に決定したとの報告があった。
  3. 2009年度春季大会(武庫川女子大学)について,開催日程を2009年5月30日(土)・31日(日)として理事会に提案することが了承された。また,シンポジウム企画について,協議した。
  4. 2010年度春季大会(日程未定)の会場校について,日本女子大学に依頼することを理事会に提案することが承認された。
  5. 機関誌『日本語の研究』に掲載するシンポジウム報告のあり方について,具体的に方針を決定した。
  6. ポスター発表,デモンストレーションのあり方を見直す応募要領の文言を確定した(『日本語の研究』4巻4号175ページに大会企画運営委員会からの報告があります)。

◎大会企画運営委員会(2008年度第1回)

日 時2008年5月18日(日)17時―18時30分
会 場日本大学文理学部 3号館312教室
出席者(大会企画運営委員長)小林隆・(大会企画運営委員)石井正彦・大島資生・笹原宏之・高橋顕志・高山倫明・前田直子・村田菜穂子・矢島正浩/(会長)野村雅昭/(庶務委員長)木村義之・(庶務委員)高田智和/(事務室書記)花井紫
  1. 2008年度春季大会(5月17・18日,日本大学)について,問題点等を検証した。
  2. 2008年度秋季大会(11月2・3日,岩手大学)の公開講演会(11月2日)の講演者について,上野善道氏・村上雅孝氏に依頼することを理事会に提案し,了承されたとの報告があった。
  3. 2009年度大会の会場校について,春季大会を武庫川女子大学(日程未定),秋季大会を島根大学(日程未定)に依頼することを理事会に提案し,了承されたとの報告があった。
  4. 2009年度春季大会(武庫川女子大学,日程未定)のシンポジウム企画について,協議した。
  5. 機関誌『日本語の研究』に掲載するシンポジウム報告のあり方について,協議した。
  6. ポスター発表,デモンストレーションのあり方を見直し,発表形態および応募要領の文言を具体的に検討した。

選挙管理委員会

◎選挙管理委員会(2008年度第5回)

日 時2009年4月3日(終日)
会 場選挙管理委員会メーリングリストによる持ち回り審議
出席者(選挙管理委員長)清水康行・(選挙管理委員)相澤正夫・小野正弘・菊地康人・佐久間まゆみ/(会長)野村雅昭/(庶務委員長)木村義之・(庶務委員)木村一/(事務室書記)橘由香
  1. 『日本語の研究』第5巻3号(『国語学』通巻238号,2009年7月刊)および学会ホームページに掲載する選挙結果「公告」の形式および文案について,メーリングリスト上で審議のうえ,決定した。

◎選挙管理委員会(2008年度第4回)

日 時2009年3月13日(金)14時−17時
会 場学習院大学北2号館10階第2会議室(1096号室)
出席者(選挙管理委員長)清水康行・(選挙管理委員)相澤正夫・小野正弘・佐久間まゆみ/(会長)野村雅昭/(庶務委員長)木村義之・(庶務委員)木村一/(事務室書記)橘由香
  1. 会員より郵送のあった投票用封書計388通のうち,「投票のしかた」等に照らして,358通分を有効とし,うち集計中に過剰マークが判明した2通を無効とし,最終的に356通分の投票用紙を有効と判定し,得票集計を行った。
  2. 集計結果および資格確認に基づき,「評議員選挙規則」に従い,得票上位25名を当選者,26−30位の5名を補欠当選者と決定した。
  3. 当選者への通知について,スケジュールを協議して,確定した。
  4. 学会ホームページへの掲載手順について,確認した。

◎選挙管理委員会(2008年度第3回)

日 時2009年1月11日(日)14時―17時
会 場学士会館本館310号室
出席者出席者 (選挙管理委員長)清水康行/(選挙管理委員)相澤正夫・小野正弘・菊地康人・佐久間まゆみ/(庶務委員長)木村義之・(庶務委員)木村一/(事務室書記)橘由香
  1. 評議員による評議員選挙候補者決定投票について,(1)無効票の有無の確認をした後,すべてが有効票であると認め,(2)開票と集計を行い,評議員候補者50名を確定した。
  2. 本選挙用投票用紙について,作成・発注・校正等の手順を確認した。
  3. 評議員選挙投票用紙に同封する「投票のしかた」「会費について」「評議員候補者名簿」の文言について,検討した。
  4. 評議員選挙の公告について,ホームページ上で速報する際の文言を確認した。

◎選挙管理委員会(2008年度第2回)

日 時2008年11月30日(日)14時―16時
会 場学士会館本館310号室
出席者(選挙管理委員長)清水康行/(選挙管理委員)相澤正夫・小野正弘・佐久間まゆみ/(会長)野村雅昭/(庶務委員長)木村義之・(庶務委員)木村一/(事務室書記)橘由香
  1. 評議員選挙第一次候補者について,(1)評議員ならびに一般会員からの推薦書の開封,(2)被推薦人資格との照合,を行い,最終的に候補者を確定した。
  2. 評議員候補者決定投票用紙の作成について,様式および作成・発送の手順を確認し,返送締め切りを12月26日(当日必着)とすることが了承された。
  3. 当選評議員の氏名公告について,機関誌『日本語の研究』第5巻3号(『国語学』通巻238号,2009年7月1日刊行予定)に掲載することを決定するとともに,当選結果確定後,なるべく速やかに学会ホームページに速報することが了承された。

◎選挙管理委員会(2008年度第1回)

日 時2008年5月17日(土)13時5分―13時15分
会 場日本大学文理学部百周年記念館 会議室2
出席者(選挙管理委員)相澤正夫・小野正弘・菊地康人・佐久間まゆみ・清水康行/(庶務委員長)木村義之・(庶務委員)木村一/(事務室書記)橘由香
  1. 委員の互選により,清水康行氏が委員長に選出された。
  2. 今後の方針および日程について,協議した。