日本語学会

ホーム > 会員向け情報 > 会議録 > 2010年度

会議録(2010年度)

2011年7月1日更新

会員総会

◎会員総会(2010年度)

日 時2010年5月29日(土)17時20分−17時50分
会 場日本女子大学 成瀬記念講堂

 審議に先立ち,議長に田中牧郎氏が選出された。

  1. 2009年度事業について,説明があり,審議のうえ,了承された。
  2. 2010年度事業計画について,説明があり,審議のうえ,了承された。
  3. 2009年度決算,2010年度予算の説明があり,審議のうえ,了承された。
  4. 『国語学』全文データベース公開に関わって,著作権の扱いについて説明があった。

理事会

◎理事会(2010年度第4回)

日 時2010年10月23日(土)10時−13時15分
会 場愛知大学豊橋キャンパス2号館 4階242室
出席者(会長)鈴木泰・(副会長)仁田義雄・(理事)井上史雄・金水敏・月本雅幸・野村雅昭・山口佳紀/(編集委員長)野村剛史・(大会企画運営委員長)野田尚史・(情報電子化委員長)小木曽智信/(庶務委員長)安部清哉・(庶務委員)亀田裕見/(事務室書記)橘由香
  1. 『国語学』全文データベースの公開に関わって,未許諾の著作者への許諾書送付について検討した。
  2. 理事の辞退規定について検討した。
  3. 大学評価・学位授与機構の機関別認証評価委員会専門委員候補者の推薦について検討した。
  4. 機関誌『日本語の研究』について,編集状況の報告があった。
  5. 大会の企画運営について,(1) 2010年度秋季大会(10月23・24日,愛知大学)全般の準備状況,(2) 2011年度春季大会(5月28・29日,神戸大学)の公開企画の準備状況,(3) 2011年度秋季大会(10月22・23日予定,高知大学)の公開企画の準備状況,(4) 2012年度春季大会以降の会場校と日程の予定と準備状況について,報告があった。
  6. 『国語学大辞典』改訂版について,編集作業の進捗状況の報告があった。
  7. 情報電子化委員会から,『国語学』全文データベースの未許諾の著作者の住所照合作業,及び,各種電子サービスの変更内容等について報告があった。
  8. 庶務委員長から,大会における非会員の講師・パネリストに対する交通費の支給についての内規が提示され,了承された。

◎理事会(2010年度第3回)

日 時2010年8月8日(日)13時−16時50分
会 場学士会館 本館303号室
出席者(会長)鈴木泰・(副会長)仁田義雄・(理事)井上史雄・金水敏・近藤泰弘・月本雅幸・野村雅昭/(編集委員長)野村剛史・(大会企画運営委員長)野田尚史・(情報電子化委員長)小木曽智信/(庶務委員長)安部清哉・(庶務委員)亀田裕見/(事務室書記)橘由香
  1. 『国語学』全文データベースの公開に関わって,未許諾の著作者の扱いについて審議した。
  2. 理事の辞退規定について検討した。
  3. 機関誌『日本語の研究』について,編集状況の報告があった。
  4. 大会の発表募集方法について,2011年度以降口頭発表とブース発表の同時応募を可能とした。
  5. 大会の企画運営について,(1) 2010年度秋季大会(10月23・24日,愛知大学)の準備状況,(2) 2011年度春季大会(5月28・29日,神戸大学)の公開企画の準備状況,(3) 2011年度以降の会場校の予定と準備状況について,報告があった。
  6. 『国語学大辞典』改訂版について,編集作業の進捗状況の報告があった。
  7. 言語系学会連合(UALS)について,シンポジウムの開催予定と今後の活動内容等の報告があった。
  8. 情報電子化委員会から,HPについて,『国語学』全文データベースの従来の情報提供の停止,及び,HPの設定変更について報告があった。
  9. 庶務委員会から,柳原恵津子庶務委員(大会企画運営担当)退任のため,6月より岡部嘉幸氏(千葉大学)に庶務委員を交替したことの報告があった。

◎理事会(2010年度第2回)

日 時2010年5月29日(土)9時30分−10時30分
会 場日本女子大学 百年館高層棟504会議室
出席者(会長)鈴木泰・(副会長)仁田義雄・(理事)井上史雄・金水敏・月本雅幸・野村雅昭・山口佳紀/(編集委員長)野村剛史・(大会企画運営委員長)野田尚史・(情報電子化委員長)小木曽智信/(庶務委員長)安部清哉・(庶務委員)亀田裕見/(事務室書記)橘由香
  1. 『国語学』全文データベース公開に関わって,著作権の扱いについて説明があり,承認された。
  2. 言語学系学会連合の幹事学会としての引継ぎについて検討した。
  3. 機関誌『日本語の研究』について,編集状況と特集号についての報告があった。
  4. 大会の企画運営について,2010年度秋季大会より懇親会の事前申し込み制を行うことの報告があった。
  5. 国立情報学研究所電子図書館(CiNii)における日本語学会刊行物のこれまでの利用状況について,資料により報告があった。

◎理事会(2010年度第1回)

日 時2010年4月25日(日)14時30分−19時30分
会 場学士会館 本館303号室
出席者(会長)鈴木泰・(副会長)仁田義雄・(理事)井上史雄・金水敏・近藤泰弘・月本雅幸・山口佳紀/(編集委員長)野村剛史・(大会企画運営委員長)野田尚史・(情報電子化委員長)小木曽智信/(庶務委員長)安部清哉・(庶務委員)亀田裕見/(事務室書記)橘由香
  1. 2009年度事業報告・決算報告について,審議のうえ,承認された。
  2. 2009年度会計監査について,4月18日に日本語学会事務室において,井上史雄財務担当理事立ち会いのもと,佐久間まゆみ・坂詰力治両氏によって会計監査が行われ,適正であることが認められたとの報告があった。
  3. 2010年度事業計画・予算案について,(1) 機関誌『日本語の研究』の年4回の刊行,(2) 年2回の大会開催,(3) 『国語学大辞典』改訂版編集作業の継続および『国語史資料集――図録と解説――』改訂方針の継続的検討,を行うことが提案され,審議のうえ,承認された。
  4. 『国語学』全文データベース公開に関わって,著作権の扱いについて審議した。
  5. 編集委員・常任査読委員・大会企画運営委員・庶務委員の交替について提案され,承認された。
  6. 機関誌『日本語の研究』について,編集状況の報告があった。
  7. 大会の企画運営について,(1) 2010年度春季大会(5月29・30日,日本女子大学),(2) 2010年度秋季大会(10月23・24日,愛知大学)の準備状況,(3) 2011年度以降の会場校の予定について報告があった。また,(4) 2010年度秋季大会以降の懇親会の事前申込み制について,審議のうえ,承認された。
  8. 『国語学大辞典』改訂版について,編集作業の進捗状況の報告があった。
  9. 言語系学会連合(UALS)運営委員会の報告があり,日本語学会が次期幹事学会となることが了承された。
  10. 平成22年度科学研究費補助金(研究成果公開促進費)について,交付内定の通知があったとの報告があった。

評議員会

◎評議員会(2010年度)

日 時2010年5月29日(土)10時40分−13時
会 場日本女子大学 百年館高層棟502・503会議室
出席者40名
欠席者10名(すべて委任状あり)

 審議に先立ち,議長に斎藤倫明評議員,副議長に高山善行評議員が選出された。

  1. 2009年度事業報告・決算報告について,(1) 報告および説明があり,(2) 4月18日に佐久間まゆみ・坂詰力治両氏によって会計監査が行われ適正であると認められたとの報告があり,承認された。
  2. 2010年度事業計画・予算案について説明があり,承認された。
  3. 『国語学』全文データベースの公開に関って,著作権の扱いについて説明があり,基本的内容に関して承認された。
  4. 大会懇親会の事前申し込み制を2010年度秋季大会より行うことの報告があった。

編集委員会

◎編集委員会(2010年度第4回)

日 時2011年3月6日(日)13時−16時45分
会 場損保会館 504号室
出席者(編集委員長)野村剛史・(編集委員)青木博史・乾善彦・今野真二・田中ゆかり・坪井美樹・土井光祐・中井幸比古・日高水穂・肥爪周二・屋内池誠/(会長)鈴木泰/(庶務委員長)安部清哉・(庶務委員)朝日祥之/(事務室書記)加藤明子
  1. 『日本語の研究』第7巻2号(『国語学』通巻245号,2011年4月刊)の校正状況,納品・発送時期等について,確認した。
  2. 『日本語の研究』第7巻3号(『国語学』通巻246号,2011年7月刊)の掲載予定について,報告があった。
  3. 最近の投稿論文について,査読報告があり,採否を決定した。
  4. 未着の書評原稿について,依頼状況を確認した。
  5. 新刊書目・新刊紹介・書評の扱いについて,協議した。

◎編集委員会(2010年度第3回)

日 時2010年12月5日(日)13時−17時
会 場損保会館 504号室
出席者(編集委員長)野村剛史・(編集委員)青木博史・有田節子・乾善彦・川村大・今野真二・渋谷勝己・田中ゆかり・中井幸比古・日高水穂・肥爪周二・屋内池誠/(庶務委員長)安部清哉・(庶務委員)朝日祥之/(事務室書記)加藤明子
  1. 『日本語の研究』第7巻1号(『国語学』通巻244号,2011年1月刊)の校正状況,納品・発送時期等について確認した。
  2. 『日本語の研究』第7巻2号(『国語学』通巻245号,2011年4月刊)の掲載予定の原稿について報告があった。
  3. 最近の投稿論文について査読報告があり,採否を決定した。
  4. 未着の書評原稿について依頼状況を確認した。
  5. 新刊書目・新刊紹介・書評の扱いについて協議した。

◎編集委員会(2010年度第2回)

日 時2010年8月29日(日)13時−18時
会 場損保会館 504号室
出席者(編集委員長)野村剛史・(編集委員)青木博史・有田節子・乾善彦・川村大・渋谷勝己・田中ゆかり・坪井美樹・土井光祐・中井幸比古・日高水穂・肥爪周二・屋名池誠/(庶務委員長)安部清哉・(庶務委員)朝日祥之/(事務室書記)花井紫
  1. 『日本語の研究』第6巻4号(『国語学』通巻243号,2010年10月刊)の掲載予定,校正状況,納品・発送時期等について,確認した。
  2. 『日本語の研究』第7巻1号(『国語学』通巻244号,2011年1月刊)の掲載予定について,報告があった。
  3. 最近の投稿論文について,査読報告があり,採否を決定した。
  4. 未着の書評原稿について,依頼状況を確認した。
  5. 新刊書目・新刊紹介・書評の扱いについて,協議した。
  6. 『日本語の研究』第7巻4号(『国語学』通巻247号,2011年10月刊)の特集号の現況について,報告があった。
  7. 投稿規定の変更について,協議した。

◎編集委員会(2010年度第1回)

日 時2010年6月6日(日)13時30分−18時
会 場学士会館 本館309号室
出席者(編集委員長)野村剛史・(編集委員)青木博史・有田節子・乾善彦・川村大・今野真二・渋谷勝己・田中ゆかり・坪井美樹・土井光祐・中井幸比古・日高水穂・肥爪周二・屋名池誠/(会長)鈴木泰/(庶務委員長)安部清哉・(庶務委員)亀田裕見/(事務室書記)加藤明子
  1. 『日本語の研究』第6巻3号(『国語学』通巻242号,2010年7月刊)の校正状況,納品・発送時期等について,確認した。
  2. 『日本語の研究』第6巻4号(『国語学』通巻243号,2010年10月刊)の掲載予定について,報告があった。
  3. 『日本語の研究』第7巻4号(『国語学』通巻247号,2011年10月刊)の特集号について,協議した。
  4. 最近の投稿論文について,査読報告があり,採否を決定した。
  5. 未着の書評原稿について,依頼状況を確認した。
  6. 新刊書目・新刊紹介・書評の扱いについて,協議した。

大会企画運営委員会

◎大会企画運営委員会(2010年度第4回)

日 時2011年2月11日(金・祝)13時−17時15分
会 場学士会館 本館309号室
出席者(大会企画運営委員長)野田尚史・(大会企画運営委員)有元光彦・石黒圭・岡崎友子・小柳智一・定延利之・真田治子・田中牧郎・橋本行洋・前田広幸・八亀裕美/(神戸大学)矢田勉・鈴木義和/(会長)鈴木泰/(庶務委員長)安部清哉・(庶務委員)岡部嘉幸/(事務室書記)花井紫
  1. 2011年度春季大会(5月28・29日,神戸大学)について,(1) 応募審査を行い,ワークショップ2件,口頭発表24件,ブース発表6件を採択して発表題目を確認し,口頭発表会場を4会場とすることが決定された。また,(2) シンポジウム企画の具体的な内容を確認した。
  2. 2011年度春季大会(5月28・29日,神戸大学)について,開催校の矢田勉氏・鈴木義和氏から運営実施要領の説明がなされ,その詳細を検討・協議した。
  3. 2011年度秋季大会(10月23・24日,高知大学)でのシンポジウムについて協議した。
  4. 2012年度春季大会の開催校・日程について確認し,公開企画について協議した。

◎大会企画運営委員会(2010年度第3回)

日 時2010年10月24日(日)17時15分−19時15分
会 場愛知大学豊橋キャンパス2号館 4階242室
出席者(大会企画運営委員長)野田尚史・(大会企画運営委員)有元光彦・石黒圭・岡崎友子・小柳智一・定延利之・真田治子・田中牧郎・橋本行洋・前田広幸・八亀裕美/(会長)鈴木泰/(庶務委員長)安部清哉・(庶務委員)岡部嘉幸/(事務室書記)花井紫
  1. 2010年度秋季大会(10月23・24日,愛知大学)について,問題点を論議した。
  2. 2011年度春季大会(5月28・29日,神戸大学)でのシンポジウム企画の内容を確認した。
  3. 2011年度秋季大会(10月22・23日予定,高知大学)でのシンポジウム企画を協議した。
  4. 大会における,(1) 発表者の所属表記について,(2) 非会員の参加の可否と条件等について,協議した。

◎大会企画運営委員会(2010年度第2回)

日 時2010年7月10日(土)13時−17時30分
会 場学士会館 本館309号室
出席者(大会企画運営委員長)野田尚史・(大会企画運営委員)有元光彦・岡崎友子・小柳智一・定延利之・真田治子・田中牧郎・橋本行洋・前田広幸・八亀裕美/(愛知大学)須田淳一・漆谷広樹/(会長)鈴木泰/(庶務委員長)安部清哉・(庶務委員)岡部嘉幸/(事務室書記)花井紫
  1. 2010年度秋季大会(10月23・24日,愛知大学)について,(1) 応募審査を行い,ワークショップ2件,口頭発表21件,ブース発表7件を採択して発表題目を確認し,口頭発表会場を3会場とすることを決定し,また,(2) シンポジウム企画の内容を確認した。
  2. 2010年度秋季大会(10月23・24日,愛知大学)について,開催校の須田淳一氏・漆谷広樹氏から運営実施要領の説明がなされ,その詳細について検討した。
  3. 2011年度春季大会(5月28・29日,神戸大学)でのシンポジウム企画を協議した。
  4. 2011年度秋季大会以後について,シンポジウム企画を検討した。

◎大会企画運営委員会(2010年度第1回)

日 時2010年5月30日(日)17時15分−19時15分
会 場日本女子大学 百年館高層棟504会議室
出席者(大会企画運営委員長)野田尚史・(大会企画運営委員)小柳智一,笹原宏之,定延利之,田中牧郎,中井精一,前田広幸,八亀裕美,矢島正浩/(会長)鈴木泰/(庶務委員長)安部清哉・(庶務委員)柳原恵津子/(事務室書記)花井紫
  1. 2010年度春季大会(5月29・30日,日本女子大学)について,問題点を論議した。
  2. 2010年度秋季大会(10月23・24日,愛知大学)について,シンポジウム企画の内容を確認した。
  3. 2011年度春季大会(5月28・29日,神戸大学)について公開企画の具体的な内容を協議した。