日本語学会

ホーム > 機関誌 > 『国語学』投稿規定

『国語学』投稿規定

2003年1月1日改定
2004年1月1日修正

  1. 投稿資格
  2. 投稿原稿の内容
  3. 投稿原稿の種類
  4. 投稿原稿の構成
  5. 投稿原稿の書式・分量
  6. 英文要旨
  7. 英文の表記・用語
  8. 投稿の際に提出するもの
  9. 採用・不採用の決定
  10. 投稿の締め切りと審査結果の通知
  11. 原稿料・抜き刷り
  12. 著作権
  13. 投稿の送付先

1.投稿資格

 日本語学会会員は,『国語学』に原稿を投稿することができます。共著の場合は,筆頭著者が日本語学会会員であれば投稿できます。
 編集委員会からの原稿の依頼は,非会員に対しても行えるものとします。

2.投稿原稿の内容

 投稿原稿は,日本語研究とその関連領域に関する未公刊のものに限ります。単行本,他の学会誌・協会誌,紀要,商業誌などに発表されたもの,および,それらに掲載予定もしくは応募中のものは投稿できません。学会や研究会の予稿集,科学研究費補助金研究の報告書に掲載されたもの,ならびに,未公刊の修士論文・博士論文の一部などは,その旨を記載すれば投稿できます。

3.投稿原稿の種類

 投稿原稿は,「論文」「短信」「資料・情報」の3種類とします。
  • 論文…
独創的な知見を含む学術研究論文。
  • 短信…
(1) 研究上の新見などで,先見性を主張したいが,論文としては完成度が不足のもの。
(2) 『国語学』誌に掲載された論文・書評や大会の研究発表などに対する所見・反論。
(3) 学会・学界の動向などに対する所感。
(4) その他,論文には該当しない内容・分量のもの。
  • 資料・情報…
(1) 新資料の紹介。
(2) 関連学会の動向などに関する報告。
(3) その他,情報の紹介に関するもの。

4.投稿原稿の構成

 投稿原稿には,種類により,それぞれ以下の内容がこの順で記されるものとします(○:必須,△:任意)。
 
  題目 氏名 キーワード
(5語以内)
要 旨
(300−400字
本 文
(表・図版含む)
引用文献一覧
論 文
短 信
資料・情報
※英文の場合は400語程度。

5.投稿原稿の書式・分量

6.英文要旨

 論文については,掲載決定後に400語程度の英文要旨を作成していただきます。

7.英文の表記・用語

8.投稿の際に提出するもの

 投稿の際には,原稿5部(正本1部,コピー4部)と,以下の事項を記した「確認メモ」を提出してください。

1) 論文等の題目および400字詰原稿用紙に換算したときの枚数
2) 著者の氏名(よみかた),所属,職名(共著の場合は全員)
3) 連絡先住所,電話・ファックス番号,メールアドレス(共著の場合は代表者1名)
4) 最終学歴(ただし,卒業・修了・退学後5年未満の場合のみ:共著の場合は全員。同期間中に日本学術振興会特別研究員であった場合は指導教員名を含めそのことを記載:共著の場合は全員)
5) 最近の業績(主なもの3点以内。ただし,投稿の主題にかかわるものは口頭発表を含め3年以内のもの全点:共著の場合は全員)
6) 不採用の場合に理由の通知を希望することの有無

9.採用・不採用の決定

 投稿された原稿の採否は,編集委員会の総意により決定します。編集委員会の依頼による原稿についても,投稿論文と同じように扱う場合があります。いずれの場合も,必要に応じて,編集委員会から著者に原稿の修正を求めることがあります。

 不採用の場合,投稿の際に不採用理由の通知を希望した著者に限り,その理由を通知します。

10.投稿の締め切りと審査結果の通知

 投稿の締め切り日は,特に設けません。随時受け付けます。ほぼ3か月に1度,審査のための委員会が開かれています。ただし,定例の委員会開催日からさかのぼり1か月未満の日に到着したものは,さらに3か月先の次回の審査となることがあります。

 審査結果は,不採用理由を含め,委員会開催日から約2週間以内に通知することにしています。

11.原稿料・抜き刷り

 原稿料はお支払いできませんが,掲載論文の抜き刷り20部と本誌1冊を贈呈します。

12.著作権

 本誌に掲載された論文などの著作権は著者に帰属するものとします。ただし,学会は,本誌に掲載された原稿を電子化または複製の形態などで公開する権利を有するものとします。電子化または複製などによる公開については,採用が決定した段階で承諾書を提出していただきます。

 著者が掲載原稿を自身の著作物に掲載する,あるいは電子的な手段で公開する場合は,その原稿が『国語学』に掲載されたものであることを,号数などを含めて明示してください。その場合,できるだけ学会にご連絡をお願いします。

13.投稿の送付先

 投稿の送り先および投稿についてのお問い合わせは,下記あてにお願いします。
  113-0033 東京都文京区本郷1-13-7 日吉ハイツ404号
  日本語学会事務室 TEL・FAX 03-5802-0615
Eメール office■■jpling.gr.jp(■■は@に置き換えてください)
(2003年1月1日改定)

[付記] この「投稿規定」の全文は,『国語学』各巻1号にも掲載されます。