日本語学会

ホーム > 大会 > 過去の大会 > 平成9年度秋季大会

国語学会平成9(1997)年度秋季大会

日時 平成9年10月18日(土)・19日(日)
場所 10月18日(土) 山形市中央公民館ホール (山形市七日町1-2-39)
10月19日(日) 山形大学 小白川キャンパス (山形市小白川1-4-12)

10月18日(土)

○公開講演会 [山形市中央公民館ホール「アズ七日町ビル6階」] 午後2時〜午後5時
文体と表現をめぐる断想早稲田大学教授 中村  明
標準語法の性格  学習院大学教授 田中 章夫

○懇親会 [山形グランドホテル8階「アドリア」 (山形市本町1-7-42)]
午後5時30分〜午後7時30分 会費6,000円

10月19日(日)

○研究発表会 [山形大学小白川キャンパス]
《午前の部》 午前9時40分〜午前11時50分
A会場[教養教育2号館2階221教室]
日本語文章における連想のレトリックについて 東京大学大学院生 油井  恵
文章の表層情報を利用した日本語指示詞の同定方式 ── マニュアルの文章を中心に ── 大阪大学大学院生 江嶋 健吾
平安和文における敬語動詞の意味構造 ── 「聞し召す」「聞き給ふ」・「御覧ず」「見給ふ」の比較から ── 日本女子大学専任講師 藤原 浩史
B会場[教養教育2号館2階222教室]
格助詞の意味拡張に関する一考察 ── デ格を中心として ── 東京都立大学大学院生 間淵 洋子
助詞「は」の一用法について ── 「東京は神田の生まれだ」型表現の特徴 ── 学習院大学大学院生 竹林 一志
話言葉における引用助詞「ト」の機能 国際大学専任講師 加藤 陽子
C会場[教育学部3号館2階B−31教室]
「どうも」の分析 ── 異文化理解へ向けて ── 名古屋大学大学院生 梅森 佳子
感動詞の分類 ── 対話コーパスを資料として ── 青山学院大学大学院生 土屋菜穂子
理由表現と条件表現の差異に関する一考察 大阪大学大学院生 河本 雅一

《昼休み》 午前11時50分〜午後1時

《午後の部》 午後1時〜午後4時55分
A会場[教養教育2号館2階221教室]
定家仮名遣再考 名古屋大学大学院生 加藤 良徳
『古今韻会挙要』と日遠 ── 一七世紀初頭の〈法華経字音学〉と〈韻書〉 ── 名古屋大学大学院生 中澤 信幸
元禄十四年刊『俗字正誤鈔』における漢字規範意識 国立国語研究所研究員 笹原 宏之
「喉音三行弁」と近世仮名遣い論の展開 名古屋大学助教授 釘貫  亨
暁とその周辺 同志社女子大学教授 小林 賢章
B会場[教養教育2号館2階222教室]
三河地方方言に残る連体形準体法 ── 標準語の「の」に相当するもの ── 東北大学助教授 上原  聡
東海地方に伝存する吟味控類とその言語 國學院大学助教授 諸星美智直
ロプシャイト英華字典の訳語の来源をめぐって ── 地理学用語を中心に ── 愛知大学教授 荒川 清秀
待遇表現としての機能負担量の地域差 国立国語研究所主任研究官 尾崎 喜光
「猫」にハル敬語はおかしいか ── 京都方言における動態調査結果から ── 宮崎国際大学助教授 岸江 信介
C会場[教育学部3号館2階B−31教室]
「〜したい」形式のモダリティ度 ── 「希望文」の認定をめぐって ── 大阪外国語大学大学院生 花園  悟
ヨウダ・ラシイ・ソウダが表す意味 ── 婉曲・様態・推定・伝聞をめぐって ── 東北大学大学院生 野林 靖彦
アスペクチュアリティーを規定する副詞について ── 「既に」「次第に」「ずっと」 ── 大阪外国語大学大学院生 松田真希子
持ち主の受身の細分化をめぐって 大阪大学大学院生 丁  意祥
自動詞ナルと計算的推論 日本大学専任講師 佐藤 琢三