日本語学会

ホーム > 大会 > 過去の大会 > 平成10年度春季大会

国語学会平成10(1998)年度春季大会

日時 平成10年5月30日(土)・31日(日)
場所 白百合女子大学 (調布市緑が丘1-25)

5月30日(土)

○公開講演会 [白百合女子大学講堂] 午後2時〜午後5時
歌のことば白百合女子大学教授 久保田 淳
「複雑性」と言語研究  関西外国語大学教授 南 不二男

○懇親会 [白百合女子大学学生ホール]
午後5時30分〜午後7時30分 会費6,000円

5月31日(日)

○研究発表会 [白百合女子大学]
《午前の部》 午前9時40分〜午前12時
A会場[白百合女子大学本館地下1階9013講義室]
現代日本語の当為表現をめぐって 岡山大学大学院生 尾崎 奈津
現代日本語における義務論理表現 ── 「して(も)いい」「しなければならない」をめぐって ── 大阪大学大学院生 雨宮 雄一
述語「〜かける」の意味特性とその統語構造について 広島大学大学院生 山川  太
B会場[白百合女子大学本館地下1階9012講義室]
「は」と「が」の選択と叙述内容の関係 神戸市立外国語大学大学院生 永井麻生子
後置表現の認定と「言い換え後置」 筑波大学大学院生 冨樫 純一
情報構造の働き 福井県立大学教授 カレル フィアラ
C会場[白百合女子大学2号館地下1階2007講義室]
中古のマデについて 國學院大学大学院生 小柳 智一
係結の流れをめぐって 岐阜聖徳学園大学専任講師 小田  勝
オモロ(神歌)の語源をめぐって 法政大学助教授 間宮 厚司
D会場[白百合女子大学2号館地下1階2008講義室]
朝鮮資料に見られる鼻濁音の喪失過程について ── 『捷解新語』を中心に ── 広島大学大学院生 趙  〓煕
無型アクセント方言話者における文イントネーションの標準語化 ── 仙台市方言を中心に ── 東北大学大学院生 李  範錫
アナウンサーのアクセントはここ15年でどう変化したか ── 現役アナウンサー500人調査から(用言の分析) ── NHK放送文化研究所研究員 塩田 雄大

《昼休み》 午前12時〜午後1時40分

《午後の部》 午後1時40分〜午後5時
A会場[白百合女子大学本館地下1階9013講義室]
ニ格名詞句の意味役割 筑波大学大学院生 和氣 愛仁
「が」の省略と非対格性について 学習院大学大学院生 竹林 一志
日本語の受動文の分類と対格付与方式 筑波大学大学院生 石田  尊
東京方言格助詞「を」の使用に関わる言語的諸制約の数量的検証 神戸松蔭女子学院大学助教授 松田謙次郎
B会場[白百合女子大学本館地下1階9012講義室]
「た」の基本的機能と諸用法について 日本外国語専門学校非常勤講師 荒籾 善成
発話内容を構成する名詞の意味類型と序列関係 早稲田大学大学院生 宮田 公治
「これは」と「それは」の独立語的用法について 北京大学外国人専門家 須田 義治
終助詞「ね」と「よ」の相違 ── 特に「受け手発言」における判断処理の観点から ── 文教大学助教授 村山 康雄
C会場[白百合女子大学2号館地下1階2007講義室]
観智院本『類聚名義抄』の漢字字体の記載形式について 鈴峯女子短期大学専任講師 田村 夏紀
近代語資料における校訂と資料性の問題をめぐって ── 『一読三歎当世書生気質』とそこからの用例の問題を中心に ── 愛知淑徳大学助教授 増井 典夫
『雪中梅』の文末表現について 桐朋女子中学高校講師
 
 國澤美代子
 村山のぞみ
江戸時代における「〜そうにする」形式について 愛知教育大学助手 土岐留美江
D会場[白百合女子大学2号館地下1階2008講義室]
富山県黒部方言における待遇表現 ── 多変量解析による社会言語学的考察 ── 大協薬品工業株式会社社員 中谷真由美
言語地理学から見た方言境界線“関東・越後線群”と方言区画論 フェリス女学院大学教授 安部 清哉
中世室町期における「動詞連用形+ゴト」構文について 日本学術振興会特別研究員 青木 博史
「事」型文末評価表現の発達とその要因について 甲子園大学専任講師 西川真理子