日本語学会

ホーム > 大会 > 過去の大会 > 平成10年度秋季大会

国語学会平成10(1998)年度秋季大会

日時 平成10年10月17日(土)・18日(日)
場所 九州大学 (福岡市東区箱崎6-10-1)

10月17日(土)

○公開講演会 [九州大学記念講堂] 午後2時〜午後5時
見る・聞く・思う中央大学教授 山口 明穂
アクセント史からの提言  早稲田大学教授 秋永 一枝

○懇親会 [福岡リーセントホテル「レインボーホール」 (福岡市東区箱崎2-52-1)]
午後6時〜午後8時 会費6,000円

10月18日(日)

○研究発表会 [九州大学工学部]
《午前の部》 午前9時30分〜午前11時50分
A会場[工学部大講義室]
「ながら」の変遷 ── 主にアスペクト研究の一環として ── 大阪大学大学院生 廣坂 直子
明治期における「だけ」の限定用法 國學院大学大学院研究生 寺田 洋枝
「〜コトガナル」と「〜コトガデキル」 ── 近代語可能表現の推移 ── 学習院大学大学院生 申  鉉竣
B会場[工学部101防音講義室]
準体表現の衰退についての一考察 北海道大学大学院生 白井  純
天理図書館蔵『狂言六義』の条件句 ── ホドニとニヨッテを中心に ── 九州大学大学院生 松尾 弘徳
ジョアン・ロドリゲスの「エレガント」 熊本県立大学助教授 馬場 良二
C会場[工学部201防音講義室]
母音脱落現象と語構成 大阪市立大学大学院生 佐野  宏
辺野喜方言におけるワ行子音の構造 千葉大学大学院生 新垣公弥子
薩隅方言におけるラ行音・ダ行音の変異について ── 肥筑方言を参照しつつ ── 久留米大学教授 崎村 弘文

《昼休み》 午前11時50分〜午後0時50分

《午後の部》 午後0時50分〜午後5時
A会場[工学部大講義室]
詠嘆の諸相 ── 『萬葉集』の文末助詞について ── 京都女子大学大学院研修者 奥田 和代
複合動詞における解釈類型と構造の対応 ── 述語「〜すぎる」を中心に ── 広島大学大学院生 山川  太
従属節と〈働きかけ〉〈表出〉のモダリティ 文教大学助教授 鬼山 信行
もう一つの連体・連用 愛知県立大学助教授 江口  正
「―おき」の曖昧性をスキャニングから考える 神戸大学助教授 定延 利之
B会場[工学部101防音講義室]
『附音挿圖 英和字彙』における漢字表記語と振り仮名との関係 早稲田大学大学院生 李  慈鎬
19世紀末の韓国語に受け入れられた日本製漢語 ── 日韓同形漢語との関わりを中心に ── 東京都立大学大学院生 張  元哉
伊達家旧蔵『和用類字』について 大阪大学助手 米谷 隆史
『古事記伝』の仮名字体 ── 訓仮名出自の字体の忌避とその背景 ── 大阪大学大学院生 内田 宗一
C会場[工学部201防音講義室]
方言語彙の個人性と社会性 ── 安芸方言2地点の数量副詞にみる ── 広島大学大学院生 岩城 裕之
岩手県盛岡市方言における可能表現の体系と年代的推移 東北大学大学院生 竹田 晃子
山梨西部方言における意志・勧誘表現 上智大学大学院生 吉田 雅子
大阪アクセントにおける2拍名詞4類・5類の統合の実態について 徳島大学助教授
大阪樟蔭女子大学助教授
 村中 淑子
 田原 広史
西南部九州アクセントの成立について ── 屋久島アクセント再考 ── 鹿児島大学助教授 木部 暢子