日本語学会

ホーム > 大会 > 過去の大会 > 平成11年度春季大会

国語学会平成11(1999)年度春季大会

日時 平成11年5月29日(土)・30日(日)
場所 同志社大学 今出川キャンパス(京都市上京区今出川通烏丸東入)

5月29日(土)

○公開講演会 [同志社大学今出川キャンパス明徳館] 午後2時〜午後5時
並列複合語の縮約 ―「輸出入」「句読点」など― 同志社大学教授 玉村 文郎
近世文語研究の構想 専修大学教授 鈴木丹士郎
○懇親会
[平安会館 平安の間] (京都市上京区京都御所中立売御門前)
午後6時〜午後8時 会費6,000円

5月30日(日)

○研究発表会 [同志社大学今出川キャンパス至誠館]
《午前の部》 午前10時〜午前11時30分
A会場[至誠館22番教室]
現代日本語の「引用表現」について 青山学院大学大学院生 鈴木 順子
引用構文における引用句と名詞句について 筑波大学大学院生 阿部 二郎
B会場[至誠館地下2番教室]
京阪方言における「〜テオク」の用法 ―西日本諸方言アスペクトとの関連― 大阪大学大学院生 高田 ??司
東北方言の鼻音化現象について ―子音間における鼻音化率の差異とその要因― 東北大学大学院生 大橋 純一
C会場[至誠館地下3番教室]
モコソとモゾの表現性 京都大学大学院生 栗田  岳
中世末期日本語のシタについて ―終止法で継続相現在を表す場合を中心に― 筑波大学大学院生 福嶋 健伸

《昼休み》 午前11時30分〜午後1時30分

《午後の部》 午後1時30分〜午後4時50分
A会場[至誠館22番教室]
「ほど」の数量詞的機能 ―「VするほどVした」構文の意味解釈から― 筑波大学大学院生 井本  亮
「など」の否定極性用法について 福井工業高等専門学校助教授 森   貞
いわゆる「倒置文」についての一考察 兵庫教育大学連合大学大学院生 王  婉■
逆接について 信州大学助教授 沖  裕子
B会場[至誠館地下2番教室]
図書寮本類聚名義抄における論語の和訓について 北海道大学大学院生 呉  美寧
体言プラス型用言の性格 静岡大学大学院生 飯田 寿子
移動動詞とヲ格、ニ格、カラ格、マデ格名詞句の意味的相関関係について 筑波大学大学院生 川野 靖子
結果のマーカーとしてのニとト 筑波大学大学院生 菊池 律之
C会場[至誠館地下3番教室]
大正期童謡を通してみた擬音語表記の歴史的成立について 名古屋大学大学院生 加藤 妙子
一九三八年(昭和一三年)のルビ禁止政策成立過程について ロシア極東国立総合大学東洋学大学準教授 仲矢 伸介
物集高見と下田歌子―口語文法研究をめぐって― 大阪大学大学院生 山東  功
上田万年の欧州留学に関する記録 日本女子大学教授 清水 康行
〇会員総会 [同志社大学至誠館22番教室〈A会場〉] 午後4時50分〜午後5時20分