日本語学会

ホーム > 大会 > 過去の大会 > 2001年度春季大会

国語学会2001年度春季大会

日時 2001年5月19日(土)・20(日)
場所 5月19日(土) 松蔭高等学校・中学校 (神戸市灘区青谷町3-4-47)
5月20日(日) 神戸松蔭女子学院大学 (神戸市灘区篠原伯母野山町1-2-1)

5月19日(土)

○公開講演会 [松蔭高等学校・中学校 北館3階 講堂] 14時〜17時
男好き・女好き 付けたり美人の湯神戸松蔭女子学院大学教授  浅見  徹
表現研究と発見の楽しみ  大阪府立大学名誉教授  樺島 忠夫

○懇親会 [松蔭高等学校・中学校 南館1階 食堂]
17時30分〜20時 会費6,000円

5月20日(日)

○研究発表会[神戸松蔭女子学院大学2・3号館]
《午前の部》 9時40分〜12時
A会場[2号館2階213教室]
評価成分としての「──ながら」について 岡山大学大学院生  盧  賢珠
「はたらきかけ」をあらわすシナイカ お茶の水女子大学大学院生  齋 美智子
「山」の多義性についての認知意味論的分析 国際基督教大学助手  松中 完二
B会場[2号館3階233教室]
漢語の増加現象と近代漢語の形成 ── 蘭学から洋学への近代西洋文明の把握 ── 杏林大学大学院生  張  厚泉
明治期学術漢語の一般化の過程 ── 各種メディアの語彙表との対照 ── 東京学芸大学非常勤講師  真田 治子
西周の訳語の定着とその要因 仙台第二工業高校教諭  手島 邦夫
C会場[3号館4階341教室]
上代特殊仮名遣いと朝鮮帰化人 ── オ段甲乙音を中心に調音音声学と朝鮮語音韻論からみた万葉仮名 ── 財団法人交流協会高雄事務所日本語普及専門家  藤井 游惟
上代の接頭語「い」「さ」の機能について 福岡女学院大学助教授  日野 資成
今昔物語集の人数表現について ── 数量詞転移の文体差と用法および数量詞遊離構文に関して ── 弘前学院大学専任講師  室井  努

《昼休み》 12時〜13時40分

《午後の部》 13時40分〜17時
A会場[2号館2階213教室]
子ども向けに書かれた文章の表現特性 ── 「小学生新聞」を対象に ── 学習院大学大学院生  湯浅千映子
いわゆるパーフェクトの「シタ」について 国立国語研究所主任研究官  井上  優
「〜ヲバ〜ヲ」構文による卓立用法の諸相 岡山大学大学院生  中村 暁子
「(さ)せらる」(尊敬)の成立をめぐって 熊本大学助教授  堀畑 正臣
B会場[2号館3階233教室]
日本語における「種類」に関する語の出現位置と特性 ── 「いろいろ」を中心に ── 大阪大学大学院生  名取 伸子
「使用環境」の分類にもとづく語彙体系 ── 思考動詞を例にして ── 早稲田大学大学院生  宮田 公治
談話における接続詞「で」の機能 早稲田大学大学院生  高橋 淑郎
Signaling, Discourse markerと伝達過程調整のメタ言語 ── 関係性の問いとしてのメタ言語 ── 早稲田大学客員講師  西條 美紀
C会場[3号館4階341教室]
京阪式動詞音調の見方 神戸松蔭女子学院大学助教授  尾形 佳助
伊吹島アクセントに重大な疑問 静岡大学非常勤講師  山口 幸洋
静岡大学大学院生  名倉 仁美
方言における動詞活用体系の変化過程 ── 高知県幡多方言を事例として ── 大阪大学大学院生  松丸 真大
近世中期出雲方言の大きさを表す語彙 島根大学教授  田籠  博

○会員総会[2号館2階213教室] 17時〜17時30分