日本語学会

ホーム > 大会 > 過去の大会 > 2003年度秋季大会

国語学会2003度秋季大会

日時 2003年11月15日(土)・16日(日)
場所 11月15日(土) 長野県松本文化会館 (〒390-0311 松本市水汲69-2)
11月16日(日) 信州大学 (〒390-8621 松本市旭3-1-1)

本大会の開催期間中、共催の松本市のご協力により、重要文化財・宋版漢書慶元刊本などの特別展示が企画されています。あわせてご覧ください。


11月15日(土)  公開講演会,懇親会

○公開講演会 [長野県松本文化会館大ホール] 14時−17時
主語および意志性をめぐって 大阪外国語大学教授  仁田 義雄
擬音語・擬態語に魅せられる 埼玉大学教授  山口 仲美

○懇親会 [ホテルブエナビスタ3階 〒390-0814 松本市本庄1-2-1]
18時45分−21時 会費6,000円

11月16日(日)  研究発表会

○研究発表会: 口頭発表ポスター発表デモンストレーション
口頭発表(会場:A・B・C) ポスター発表(会場:E・F) デモンストレーション(会場:D・G)
《午前の部》 10時00分−11時30分
 A会場B会場C会場
  《昼休み》
《午後の部》 13時30分−17時00分
 A会場B会場C会場
11時40分−13時20分
 E会場F会場
11時40分−13時20分
 D会場G会場

*口頭発表
《午前の部》 10時00分−11時30分
A会場[高等教育システムセンター2階20番教室]
「〜てくれる」構文の本質と認知主体 早稲田大学大学院生  澤田 淳
寄与態構造における相互的関係――直接対象の持ち主と相手対象を話題に―― 韓国・慶南大学校師範大学副教授  黄 順花
B会場[高等教育システムセンター1階12番教室]
上代における「−ソ−連体形」文――事実性と証拠性―― 名古屋大学大学院生  勝又 隆
サニ構文の歴史的展開――成立と意味構造の拡張―― 大阪大学大学院生   竹内 史郎
C会場[高等教育システムセンター1階13番教室]
依頼の会話における「断り」の方法について――待遇の観点から―― 慶應義塾大学国際センター有期専任講師  高木 美嘉
相談の談話における発話機能による話段の分析 早稲田大学大学院生  鈴木 香子

《昼休み》 11時30分−13時30分

《午後の部》 13時30分−16時50分
A会場[高等教育システムセンター2階20番教室]
「〜にする」の意味分析 学習院大学大学院生  李 明玉
否定の形式と機能――関連概念による否定研究の再構成―― 獨協大学非常勤講師  有光 奈美
「まだ〜ない」と「まだ〜ていない」について――動詞の意味構造の観点から―― 大阪外国語大学留学生日本語教育センター講師  山川 太
モヨウ文の機能 学習院女子大学助教授  佐藤 (琢の旁左に点付き)
B会場[高等教育システムセンター1階12番教室]
ド・ドモによる逆接表現 岡山大学大学院生  江原 由美子
狂言台本における助詞バシの様相 東京都立大学大学院生  小林 正行
服部南郭『唐詩選国字解』とその異本――近世口語体資料としての再検証―― 國學院大学非常勤講師  浅川 哲也
江戸期における女房詞の象徴的意味――規範の対象となった女の言葉づかい―― 関東学院大学教授  中村 桃子
C会場[高等教育システムセンター1階13番教室]
戦後の新聞社説に見る外来語の増加 同志社大学大学院生  橋本 和佳
秋田県西仙北町方言の名詞アクセント体系 松蔭女子大学講師  吉田 健二
平行するグロットグラムと平面分布図の関係――福島県における関東方言の侵入―― いわき明星大学大学院生  本多 真史
新潟県南部方言のオ段長音開合現象――一老年男性の口形・音響的実相について―― 新潟大学非常勤講師  大橋 勝男
大橋 純一/河内 秀樹

*ポスター発表(11時35分−13時20分)
E会場[高等教育システムセンター2階24番教室]
北京故宮博物院図書館所蔵の『琉球土語』について 文教大学助教授  蒋 垂東
F会場[高等教育システムセンター2階25番教室]
東北・北海道方言グロットグラム――地理的分布の総合的考察―― 明海大学非常勤講師  玉井 宏児

*デモンストレーション(11時35分−13時20分)
D会場[高等教育システムセンター2階23番教室]
「19・20世紀東京弁録音資料のアーカイブ化」のテスト版方針とテスト版 早稲田大学名誉教授  秋永 一枝
松永 修一/田中 ゆかり
G会場[高等教育システムセンター2階26番教室]
「日本語音声」データベースの構築――中間報告―― 名古屋大学研究員  白勢 彩子
武田 一哉/前川 喜久雄/熊谷 康雄
板橋 秀一/筧 一彦/杉藤 美代子