日本語学会

ホーム > 大会 > 過去の大会 > 2006年度春季大会

日本語学会2006年度春季大会のご案内

日時 2006年5月13日(土)・14日(日)
場所 東京学芸大学 (〒184-8501 東京都小金井市貫井北町4-1-1)

5月13日(土)

○シンポジウム 13時30分−16時50分

分科会A[芸術館ホール]
文章・談話 ―― 研究方法から見た可能性 ――
(企画担当:岡島昭浩 岸江信介 今野真二 佐久間まゆみ 田中ゆかり)

趣旨 これまで,異なる研究部門として扱われ,研究課題や方法論等を対峙させることのなかった「文章」と「談話」に関する研究の日本語学における位置づけを問い,文法や意味・音調等の隣接領域との境界にあって捨象されてきた課題や事例を取り上げ,研究方法から見た可能性を探りつつ,新たなる学的展開を図りたい。
パネリストメディアの多様化から見た文章・談話研究の可能性国立国語研究所主任研究員 熊谷 智子
音声から見た文章・談話研究の可能性神戸大学教授 定延 利之
文法から見た文章・談話研究の可能性大阪府立大学教授 野田 尚史
文体・位相として見た文章・談話研究の可能性共立女子大学教授 半澤 幹一
司会 早稲田大学大学院教授 佐久間まゆみ
 徳島大学教授 岸江 信介

分科会B[南講義棟(S棟)4階S410教室]
文法研究と文法教育
(企画担当:安部清哉 川村大 高山善行 湯沢質幸)

趣旨 真に優れた研究は,実用的にも優れたところを有しているものだろう。文法研究の世界にあっても,このことは当てはまるだろう。教育の場で提起される問題に学び,研究は内容をより豊かにしていくことが必要である。また,教育の場は,研究の世界から応用可能な示唆を受け取り,革新を図っていくべきだろう。教育の場と研究の世界が相互に刺激を与えあい伸びていく方法が模索できればと思う。
パネリスト文法研究と文法教育との接点――国語教育の立場から――札幌国際大学短期大学部助教授 山室 和也
文法研究と文法教育との接点――日本語教育の立場から――筑波大学大学院教授 砂川有里子
文法研究と文法教育との接点――日本語研究の立場から――京都教育大学教授 森山 卓郎
学校文法の立場の本質的な問題点について東京大学大学院教授 鈴木  泰
司会大阪外国語大学教授 仁田 義雄

○会員総会 [芸術館ホール] 17時−17時30分

○懇親会 [国分寺駅ビル エル専門店街8階Lサロン飛鳥] 18時30分−20時30分  会費 6,000円

5月14日(日) 研究発表会

○研究発表会: 口頭発表ポスター発表
口頭発表(会場:A・B・C) ポスター発表(会場:D)
《午前の部》 10時00分−11時30分
  A会場B会場C会場
  《昼休み》
《午後の部》 13時30分−16時50分
 A会場B会場C会場
11時35分−13時20分
 D会場

*口頭発表

《午前の部》 10時00分−11時30分
A会場[中央講義棟(C棟)4階C401教室]
擬音語・擬態語の意味――複合感覚からなる印象融合体――  竹本 江梨
日本語オノマトペの「する」動詞化の研究 九州大学大学院生 伊東 真美
B会場[中央講義棟(C棟)4階C402教室]
『言海』と『大全早引き節用集』の語彙について一考察 清泉女子大学大学院生 宮嶋 聡子
明治期東京語における「命令表現+終助詞」 明治大学大学院生 陳  慧玲
C会場[中央講義棟(C棟)3階C303教室]
理由文の時制解釈と視点 ――「雨ガ降ルノデ,崖ガ崩レタ」はなぜ許容度が低いか―― 京都大学大学院生 大塚真理子
状態性と「が/の」交替 神戸松蔭女子学院大学大学院生 南部 智史
《昼休み》 11時30分−13時30分
《午後の部》 13時30分−16時50分
A会場[中央講義棟(C棟)4階C401教室]
東西における意味変化のパターンに関する一考察――方言「えずい」を通して―― 東北大学大学院生 櫛引祐希子
九州地方におけるキリシタン語彙contas及びrosarioの受容史についての地理言語学的研究 広島大学大学院生 小川 俊輔
命名のメカニズム ――商品名における再命名―― 大阪大学大学院生 蓑川恵理子
共通語の複合動詞アクセントの由来について 梅花女子大学非常勤講師 大和シゲミ
B会場[中央講義棟(C棟)4階C402教室]
中古日本語における無標のアスペクト――テンスによるアスペクチュアルな意味の違い―― 大阪大学大学院生 黒木 邦彦
並列表現の史的展開 大阪大学大学院生 岩田 美穂
明治のリテラシー――そのアウトラインを描く―― 国立国語研究所主任研究員 島村 直己
C会場[中央講義棟(C棟)3階C303教室]
〜テシマウにおける意味・機能の変化 東京都立大学大学院生 梁井 久江
複合辞の文法体系への位置づけを目指して 大阪外国語大学大学院生 佐野 裕子
接続語「それにしても」の意味と用法 東京学芸大学大学院生 田村  紘
形容詞語幹単独用法について――その制約と心的手続き―― 筑波大学助手 冨樫 純一

*ポスター発表(11時35分−13時20分)

D会場[南講義棟(S棟)4階S406教室]
新漢語の逆輸入に見る台湾の役割――近代医学用語を中心に―― 台湾,銘傳大学副教授 王  敏東
発表者の事情により本発表は中止になりました。