日本語学会

ホーム > 大会 > 過去の大会 > 2007年度春季大会

日本語学会2007年度春季大会

日時 2007年5月26日(土)・27日(日)
場所 関西大学 (〒564-8680 大阪府吹田市山手町3-3-35)

5月26日(土)

○シンポジウム 13時−17時 [社会学部4号館1F ソシオAVホール]

日本語の二十世紀
(企画担当:安部清哉 石井正彦 川村大 岸江信介 今野真二 高山倫明)

趣旨
過去から現在に至る日本語において、直前の100年間の日本語は、いったいどのように位置づけられるだろうか?「近代語」「現代語」といった既存の時代区分を一旦離れ、あえて形式的に設定した100年という時間幅で切り出してみることで、新たな観点や相対的位置付けを生み出す可能性も生まれてこよう。この「二十世紀」という切り取り方が意味をもつものか、持つとすれば、いったいどのようなものであると位置づけられるか。この内省の効く「近過去の日本語」を、日本語史の最終章として、かつ、現代日本語そのものとして、日本語史研究者と現代語研究者の双方の視点から議論する。
パネリスト
早稲田大学名誉教授 秋永 一枝
東京女子大学教授 屋名池 誠
日本女子大学教授 清水 康行
東北大学大学院教授 小林  隆
司会
大阪大学大学院助教授 石井 正彦

○会員総会 [社会学部4号館1F ソシオAVホール] 17時15分−17時45分

○懇親会 [法文坂レストラン(生協食堂)] 18時−20時  会費 6,000円

5月27日(日)

○研究発表会: 口頭発表
口頭発表(会場:A・B・C)
《午前の部》10時−11時30分
  A会場B会場C会場
  《昼休み》
《午後の部》13時−16時20分
 A会場B会場C会場

*口頭発表

《午前の部》10時−11時30分
A会場[100周年記念会館 ホール1]
現代日本語における「のではないか」の機能
東京外国語大学大学院生 佐藤 雄亮
「ノダロウ」の意味・機能
−−「ダロウ」との比較を通して−−
東京大学大学院生 幸松 英恵
B会場[社会学部4号館3F 4302教室]
認知的アプローチによる複合動詞研究の可能性−複合移動動詞の構文的意味分析− 名古屋大学大学院生 野田 大志
明治時代語における自称詞「わし」の諸相 明治大学大学院生 祁  福鼎
C会場[社会学部4号館4F 4401教室]
推量形式の推量用法が衰退する−−諸方言における確認要求表現への特化−− 大阪大学大学院生 白岩 広行
琉球語における目的語標示の再考−−伊良部島方言の−jaについて−− オーストラリア国立大学大学院生 下地 理則
《昼休み》11時30分−13時
《午後の部》13時−16時20分
A会場[100周年記念会館 ホール1]
連体節の接続形式「トノ」の意味機能−非引用名詞が主名詞となる場合を中心に− 神戸市外国語大学大学院生 王  彩麗
<驚き・感慨>を表すモノダ文の解釈と構造 国立国語研究所特別奨励研究員 北村 雅則
『古事記』に見られる「坐」のアスペクト化と待遇表現の関係 大阪府立大学大学院生 魏  峰皓
係助詞「ぞ」「なむ」「こそ」の中古に於ける変遷−−四文体別(地・消息・会話・心話)対人意識の衰退−− 雙葉中学高校教諭 松岡千賀子
B会場[社会学部4号館3F 4302教室]
松本亀次郎著『漢訳日本語会話教科書』の仮名づかい−長音表記を中心として− 國學院大學大学院生 中野 真樹
『桑名日記』にみる近世末期下級武士の待遇表現 東北大学大学院生 佐藤志帆子
仮名遣の多様性−定家以前の仮名遣− 山梨大学助教授 長谷川千秋
古代日本の公文における数字表記−−天平期を中心に−− 九州女子大学助教授 奥田 俊博
C会場[社会学部4号館4F 4401教室]
山形県寒河江市方言におけるABラABラ型オノマトペについての考察 東北大学大学院生 川越めぐみ
起こりやすい変化とは―奈良田および東北方言アクセントから考える― 梅花女子大学非常勤講師 大和シゲミ
韓国高年層の日本語に見られるアスペクト形式 大阪大学大学院生 黄  永煕
台湾アタヤル族における日本語クレオール 大阪大学大学院教授 真田 信治
台湾・国立東華大学助理教授 簡  月真