日本語学会

ホーム > 大会 > 過去の大会 > 2007年度秋季大会

日本語学会2007年度秋季大会

日時 2007年11月17日(土)・18日(日)
場所 沖縄国際大学 (〒901-2701 沖縄県宜野湾市宜野湾2-6-1)

11月17日(土)

○公開講演会 [7号館2階 201大講義室] 14時−17時
『おもろさうし』の言語の特徴 沖縄国際大学教授 高橋 俊三
日本語・琉球語とアイヌ・エミシ系言語との関係
―日本語の形成―
琉球大学名誉教授 上村 幸雄

○懇親会 [厚生会館4階ホール] 17時30分−19時30分  会費 6,000円

11月18日(日)

○研究発表会: 口頭発表ポスター発表デモンストレーション
口頭発表(会場:A・B・C・D) ポスター発表(会場:E・F) デモンストレーション(会場:G・H・I・J・K)
《午前の部》 10時−11時30分
  A会場B会場C会場D会場
  《昼休み》
《午後の部》 13時30分−16時50分
 A会場B会場C会場D会場
11時35分−13時20分
 E会場F会場
11時35分−13時20分
 G会場H会場I会場J会場K会場

*口頭発表

《午前の部》10時−11時30分
A会場[5号館2階 203教室]
字音形態素「新」の造語機能 早稲田大学大学院生 中川 秀太
「テアル構文」における2つの異なる構文 麗澤大学大学院生 齋藤  茂
B会場[5号館2階 204教室]
否定疑問文の機能と「傾き」 東北大学大学院生 張  雅智
真偽判断を表す副詞と過去時制形式との共起関係 韓国・慶北大学校非常勤講師 李  舜炯
C会場[5号館3階 304教室]
助数詞「本」の用法拡張
―認知意味論的解釈の再検討―
明治大学大学院生 王   鼎
中古における感情形容詞と感情動詞の対応とその要因 東北大学大学院生 安本 真弓
D会場[5号館3階 305教室]
「テレビで野球があっている」にある<イベント>概念
―国会議事録にみられる「あっている」を通して―
神戸大学大学院生 齋藤 紀子
18世紀前半の薩隅方言のアスペクト形式について 九州大学大学院生 久保薗 愛
《昼休み》11時30分−13時30分
《午後の部》13時30分−16時50分
A会場[5号館2階 203教室]
反事実条件文で見られる「状態性述語」と「タ」 北海道大学大学院生 KOLUKISA,ALI AYCAN
接続詞の後置用法について 大塚真理子
使役動詞と他動詞の交替について 岡山大学大学院生 趙  南弼
反使役化自動詞文と受身文との関わりについて 東北大学大学院生 李  仙花
B会場[5号館2階 204教室]
「までだ」文の類型と意味 岡山大学大学院生 張   銘
ディスコースにおける「ワケダ」の機能
――結束的語彙連鎖の観点から――
オーストラリア・西シドニー大学日本語講師 劉  向東
現代日本語の認識的モダリティのテンス交替
―「ようだった」「らしかった」について―
国際交流基金専門嘱託員 小野澤佳恵
単文における「のだ(のか)」文の分析
―「のだ」の本質と各用法の連続性と不連続性―
韓国・慶北大学校招聘教授 小田 泰弘
C会場[5号館3階 304教室]
『今昔物語集』における住居関係の漢語 東洋大学大学院生 郭  木蘭
副詞「そろそろ」の史的変遷 九州大学大学院生 川瀬  卓
キリシタン文献で用いられるアセント符号 `について 名古屋大学大学院生 千葉 軒士
おもろさうしの表記法
―四つ仮名の場合―
東京学芸大学教授 中山 昌久/蓮沼 淳郎/桑名 翔太
D会場[5号館3階 305教室]
<葬式>を表す方言分布の形成と社会的背景 東北大学大学院生 澤村 美幸
兵庫県南西部,播磨地方東部(東播地域)における敬意表現の諸相と住民意識
―「柄のよしあし」観を決めることば―
神戸大学助教 寺尾 智史
関西若年層の用いる同意要求表現・クナイ(カ)について 関西大学専任講師 高木 千恵
4地域における狭母音の無声化生起率の動向 国際教養大学講師 邊  姫京

*ポスター発表(11時35分−13時20分)

E会場[5号館2階 208教室]
「共通語」意識を持って話された自然会話に出現した方言アクセントの様相 姫路獨協大学教授 村中 淑子
東京圏の言語景観
―山手線各駅調査と鉄道会社アンケートから―
日本大学教授 田中ゆかり/上倉 牧子/新坂  望
F会場[5号館3階 309教室]
語彙論的観点からみた一字漢語動詞の日韓対照研究
―漢語部の同形・異形に注目して―
日本女子大学大学院生 〓 晋影
※ 「〓」は音ハイ (Unicode の88F5)
メタファーによる強調「も」の考察 九州大学大学院生 王  淑貞

*デモンストレーション(11時35分−13時20分)

G会場[5号館1階 106教室]
医療コミュニケーションに効果的なポライトネス・ストラテジー
―敬語や方言を使う効果を中心に―
国立国語研究所上席研究員 吉岡 泰夫/相澤 正夫/田中 牧郎/
宇佐美まゆみ/早野 恵子/徳田 安春/
三浦 純一/本村 和久
H会場[5号館1階 107教室]
現代日本語書き言葉均衡コーパスの設計と検索デモンストレーション 国立国語研究所グループ長 山崎  誠/丸山 岳彦/山口 昌也/
小椋 秀樹/森本 祥子/柏野和佳子/
佐野 大樹/高田 智和/間淵 洋子/
北村 雅則/小木曽智信/小磯 花絵/
冨士池優美/小沼  悦/田中 牧郎/前川喜久雄
I会場[5号館3階 310教室]
言語資料の共有,利用を支援する環境の実現 国立国語研究所研究員 山口 昌也/小木曽智信
J会場[5号館3階 311教室]
日本語研究に適した形態素解析ソフトウェア
―「unidic」と「茶まめ」―
国立国語研究所研究員 小木曽智信/小椋 秀樹/伝  康晴
K会場[5号館3階 314教室]
方言地図統合支援システムの開発 国立国語研究所研究補佐員 鑓水 兼貴