日本語学会

ホーム > 大会 > 過去の大会 > 2008年度秋季大会

日本語学会2008年度秋季大会

日時 2008年11月2日(日)・3日(祝)  ※開催曜日は土・日ではありません。
場所 11月2日 岩手県公会堂 (〒020-0023 盛岡市内丸11-2)
11月3日 岩手大学 (〒020-8550 盛岡市上田3-18-8)

11月2日(日)

○公開講演会 [岩手県公会堂大ホール] 14時−17時
通時的にしか説明できない共時アクセント現象 東京大学大学院教授 上野 善道
近世漢字文化と日本朱子学 東北大学名誉教授 村上 雅孝

○懇親会 [エスポワールいわて] 17時30分−19時30分  会費 6,000円

11月3日(祝)

○研究発表会: 口頭発表ポスター発表デモンストレーション
口頭発表(会場:A・B・C・D) ポスター発表(会場:E) デモンストレーション(会場:F)
《午前の部》9時30分−11時50分
  A会場B会場C会場D会場
  《昼休み》
《午後の部》13時40分−17時
 A会場B会場C会場D会場
11時55分−13時30分
 E会場
11時55分−13時30分
 F会場

*口頭発表

《午前の部》9時30分−11時50分
A会場[学生センター棟1階 G1大講義室]
「ものだ」文の<感慨>用法 ―文構造による決定条件とその分類― 明治大学大学院生 玄  仙令
否定とも肯定とも共起する副詞「とても」について
―「条件づけ」の観点から見た連続性―
大阪大学大学院生 朴  秀娟
伝聞「そうだ」における文末「だ」の脱落現象 首都大学東京助教 橋本 直幸
B会場[学生センター棟2階 G2大講義室]
鹿児島県薩摩川内市方言における文末詞センについて 大阪大学大学院生 平塚 雄亮/原田走一郎
青森県五所川原市方言における推量形式「ビョン」について
―「ベ」との対比をもとに―
東北大学大学院生 田附 敏尚
方言における否定疑問形式とその用法 滋賀大学専任講師 松丸 真大
C会場[学生センター棟1階 G19講義室]
中国語に受容された恋愛用語 ―1920年代を中心に― 筑波大学大学院研究生 清地ゆき子
和製漢語との接触による韓国漢字の意味変化 ―「郵便」を例として― 名古屋大学大学院生 李  芝賢
日本語の助数詞と中国語の量詞の対照研究 ―その分類と用法をめぐって― 大東文化大学大学院生 朱  蘇道
D会場[学生センター棟2階 G29講義室]
ローマ字五十音図が近代の音声研究に与えた影響について 名古屋大学大学院生 内田 智子
『古事記』の「有」「在」の用法と意味 日本女子大学大学院生 佐藤麻衣子
指示詞「コレ」の感動詞化 ―江戸中期における文法変化の過程として― 名古屋大学大学院生 深津 周太
《昼休み》11時50分−13時40分
《午後の部》13時40分−17時
A会場[学生センター棟1階 G1大講義室]
テイル形の経験・記録用法と出来事把握のあり方について
―タ形式との比較から―
名古屋大学大学院生 梅野由香里/鈴木 基伸
いわゆる「アスペクト」を表す「〜していく」の再検討 東京外国語大学大学院生 中山 健一
価値判断を表す「〜たい」について 神戸大学大学院生 米澤  優
「てもらう」文の基本的意味から周辺的意味へ 東北大学大学院生 金  殷模
B会場[学生センター棟2階 G2大講義室]
文法性判定の地域差へのアプローチ
―真偽判断の副詞と疑問形式との共起関係を例として―
韓国・慶北大学校非常勤講師 李  舜炯
方言イントネーションの記述について 鹿児島大学教授 木部 暢子
新田 哲夫/岸江 信介/中井 精一
ダニエル・ロング/鳥谷 善史
挨拶場面における在日中国人の言語使用
―ニューカマーとオールドカマーの比較―
東北大学大学院生 王  秀芳
外国語の表記,及び発話における母語のリズムの影響
―韓国語を用いた日本語母語話者・韓国語母語話者を対象とした実験を通して―
上智大学大学院生 池  成林
C会場[学生センター棟1階 G19講義室]
換喩と意味変化 ―名前転送における語彙化のパターン― 大阪大学大学院生 大田垣 仁
擬態語の程度表現について ―形容詞を修飾する場合― 東北大学大学院生 楊  淑雲
あいづち発話の連鎖で成立する会話 早稲田大学大学院生 石川  創
複合動詞「落ち着き払う」「出払う」の語形成分析
―話者の<事態把握>のし方という観点から―
台湾・文藻外語學院助理教授 百留 康晴
D会場[学生センター棟2階 G29講義室]
金春禅竹自筆『五音三曲集』における平仮名の用字法について 東京女子大学大学院生 谷川 淳子
『どちりなきりしたん』における<つ>の表記について 立教大学日本学研究所特別研究員 岡田  薫
雑誌における片仮名表記 ―外来語以外の表記について― 國學院大學大学院聴講生 臼木 智子
漢字字体規範データベース(HNG)の現状と展望 北海道大学名誉教授 石塚 晴通

*ポスター発表(11時55分−13時30分)

E会場[学生センター棟2階 G21講義室]
国立国語研究所「ことばに関する新聞記事画像データベース」の構築 国立国語研究所主任研究員 池田理恵子
日本語の授受動詞構文をめぐって ―非行為的事態との共起を中心に― 京都大学大学院生 澤田  淳

*デモンストレーション(11時55分−13時30分)

F会場[学生センター棟2階 G22講義室]
ポライトネス理論を応用した医療コミュニケーション教育プログラムの有効性 国立国語研究所上席研究員  吉岡 泰夫
相澤 正夫/田中 牧郎/宇佐美まゆみ
早野 恵子/徳田 安春/三浦 純一
西〓* 祐史

*「崎」の「大」の部分を「立」にした字形