日本語学会

ホーム > 大会 > 過去の大会 > 2009年度春季大会

日本語学会2009年度春季大会

※2009年度春季大会の中止について(2009年6月1日)


日時 2009年5月30日(土)・31日(日)
場所 武庫川女子大学 中央キャンパス (〒663-8558 兵庫県西宮市池開町6-46)

5月30日(土)

○シンポジウム 14時−17時

[公江記念講堂]
人間関係の日本語史
(企画担当:大島資生 高山倫明 村田菜穂子 矢島正浩)

趣旨
発話に際し,我々はつねに対者との関係を測り,音声や待遇表現をはじめとする諸言語形式の選択を適宜行っている。そこに種々の興味深い地域差・位相差のあることが近年明らかになりつつある。共時的変種は通時的変化と表裏一体の関係にあり,ここに自ずと,人間関係の測り方をめぐる言語行動の歴史的変遷はどこまで辿れるかといった課題が浮上してくる。ここでは,共時的変種の記述研究,談話・言語行動をめぐる理論的研究,過去の一定の社会集団における言語行動の記述研究,依頼・謝罪等の言語行動に関係する通時的研究,といったそれぞれの視点から議論を掘り下げ,新たな研究分野の開拓を試みる。
パネリスト
國學院大学教授 諸星美智直
同志社女子大学教授 森山由紀子
東京外国語大学大学院教授 宇佐美まゆみ
東北大学大学院教授 小林  隆
 
 
司会
九州大学大学院教授 高山 倫明

〇会員総会 [公江記念講堂] 17時−17時30分

○懇親会 [公江記念講堂地下 アゼリア] 18時−20時  会費 6,000円

5月31日(日)

○研究発表会: 口頭発表ポスター発表デモンストレーション
口頭発表(会場:A・B・C) ポスター発表(会場:D・E) デモンストレーション(会場:F)
《午前の部》 9時30分−11時50分
  A会場B会場C会場
  《昼休み》
《午後の部》 13時40分−17時
 A会場B会場C会場
掲示9時30分−17時
質疑応答11時55分−13時30分
 D会場E会場
11時55分−13時30分
 F会場

*口頭発表

《午前の部》9時30分−11時50分
A会場[南館 2階 23教室]
終助詞ネの用法と視線行動
―テレビ放送のマルチメディア・コーパスによる計量的分析―
大阪大学大学院生 孫  栄〓
(〓は,Unicodeの596D 奭)
副詞『まあ』の2用法
―但し書き的「まあ」と強調的「まぁー」―
神戸大学大学院生 大工原勇人
外国人児童生徒の文章語理解について
―ことばの意味が「わかる」ということ―
宮崎大学准教授 早野 慎吾/田中利砂子
松井 洋子/宮田 好恵/小田原恵美子
田村 京子/川添  桃
B会場[南館 2階 24教室]
感情表出の機能を持つ名詞との共起時に見られる感情形容詞の意味変化
名古屋大学大学院生 李  芝賢
「すぎる」が命題内容に与える超過性の解釈について
名古屋大学大学院生 鈴木 基伸/梅野由香里
副詞「やうやう」と共起する「Vユク」の意味
宇都宮大学専任講師 田和真紀子
C会場[L2館 1階 11教室]
近代漢語接尾辞の形成についての一考察
―“−性”“−的”“−化”“−上”を例に―
大東文化大学大学院生 楊  超時
「−的」の日本語化 大阪大学大学院生 金  〓泳
(〓は,Unicodeの66D8 曘)
昭和初期の『ことばのゆれ』と放送での語彙規定
―漢語の読みを中心に―
NHK放送文化研究所専任研究員 塩田 雄大
《昼休み》11時50分−13時40分
《午後の部》13時40分−17時
A会場[南館 2階 23教室]
現代関西方言における動詞否定表現について 東京大学大学院生 井上 正哉
接続節〜テに使われる用言の意味分類と中国語加訳との関係について 愛知学院大学大学院生 林  彦伶
使役文と「てもらう」文の役割分担について 東北大学専門研究員 李  仙花
連語の他動性 大阪学院大学教授 神田 靖子
B会場[南館 2階 24教室]
価値判断を表す願望文について 神戸学院大学非常勤講師 米澤  優
形容詞テ形に関わる構文ネットワーク 名古屋大学大学院生 野呂 健一
動詞テ形派生の後置詞の機能 東京大学大学院生 林  淳子
統合性と離散性の反転に伴う「Xとして」の解釈の転換 名古屋大学大学院生 大西 美穂
C会場[L2館 1階 11教室]
言文一致期における漢語の構成
―『夏木立』を中心として―
明治大学大学院生 覃  顯勇
明治前期における文学的文語文の文体類型
―漢文訓読的性格を有する語の使用実態による翻訳文体の分類―
東北大学大学院生 松崎 安子
完了の助動詞「−つ」のテンス性
―静的述語への後接例を拠りどころとして―
日本学術振興会特別研究員 黒木 邦彦
行為指示表現の歴史的変遷
―受益表現と尊敬語の相互関係の観点から―
大阪大学大学院生 森  勇太

*ポスター発表(掲示9時30分−17時,質疑応答11時55分−13時30分)

D会場[C館 7階 702教室]
方言の分布と文化的背景
―「焼畑」の名称を例に―
東北大学大学院生 澤村 美幸/小林  隆
『現代日本語書き言葉均衡コーパス』に現れる接続表現形式のジャンル別比較 国立国語研究所研究補佐員 宮内佐夜香
小木曽智信/小椋 秀樹/小磯 花絵
E会場[C館 7階 703教室]
「定家様」の諸相 関西大学非常勤講師 林田 定男
形態素解析を用いた近代文語と現代語の語彙の比較 国立国語研究所特別奨励研究員 近藤明日子/小木曽智信

*デモンストレーション(11時55分−13時30分)

F会場[C館 7階 706教室]
「景観文字」記録のためのツール 国立国語研究所研究員 高田 智和
田島 孝治/喜古 容子/米田 純子