日本語学会

ホーム > 大会 > 過去の大会 > 2010年度春季大会

日本語学会2010年度春季大会

日時 2010年5月29日(土)・5月30日(日)
場所 日本女子大学 目白キャンパス (〒112-8681 東京都文京区目白台2-8-1)

5月29日(土)

○開会式 [成瀬記念講堂 講堂] 13時40分−13時55分

  会長挨拶    鈴木  泰
  開催校挨拶  蟻川芳子(日本女子大学学長)

○シンポジウム 14時−17時

A会場 [成瀬記念講堂 講堂]
人間関係の日本語史
(企画担当:大島資生 高山倫明 村田菜穂子 矢島正浩)

趣旨
 発話に際し,我々はつねに対者との関係を測り,音声や待遇表現をはじめとする諸言語形式の選択を適宜行っている。そこに種々の興味深い地域差・位相差のあることが近年明らかになりつつある。言語形式の共時的変種は通時的変化と表裏一体の関係にあり,ここに自ずと,人間関係の測り方をめぐる言語行動の歴史的変遷はどこまで辿れるかといった課題が浮上してくる。ここでは,共時的変種の記述研究,談話・言語行動をめぐる理論的研究,過去の一定の社会集団における言語行動の記述研究,依頼・謝罪等の言語行動に関係する通時的研究,といったそれぞれの視点から議論を掘り下げ,新たな研究分野の開拓を試みる。
パネリスト
國學院大学教授 諸星美智直
同志社女子大学教授 森山由紀子
東京外国語大学大学院教授 宇佐美まゆみ
東北大学大学院教授 小林  隆
司会
九州大学大学院教授 高山 倫明

B会場 [八十年館5階851教室]
外から/外への近世語研究
(企画担当:矢島正浩 小柳智一)

趣旨
 近世語研究は,厳格な資料研究から始まり,個別の事象の解明において堅実な成果を挙げ,また中世以前からの流れ,近代以降への流れを俯瞰する研究も多く蓄積してきた。さらなる研究の進展のために,我われはどのような課題設定を行い,研究方法上の制約や限界をどう克服すべきなのであろうか。立場の異なる研究の交流を通じつつ,また「外から/外へ」の視点を持って議論しあうことによって,本シンポジウムが,広く近世語研究の今後に新たな展開を生むきっかけとなり,さらに,隣接領域の研究に対する刺激となることを期待したい。
パネリスト
横浜国立大学教授 金澤 裕之
千葉大学准教授 岡部 嘉幸
学習院女子大学教授 福島 直恭
岐阜大学教授 佐藤 貴裕
司会
愛知教育大学教授 矢島 正浩

C会場 [香雪館4階401教室]
日本語学を社会にひらく―われわれの研究は社会にどう受け入れられているのか―
(企画担当:中井精一 高橋顕志)

趣旨
 近年の急激な社会環境の変化によって,人文・社会系諸分野は学の存在意義とあり方が大きく問われ,社会が研究をどのように理解し,評価しているかが「学」の存在そのものを左右するようになっている。社会は,日本語学の研究に何を求め,われわれは「学」として社会の要請にどのように応えてきたのか。そして,社会はわれわれの研究をどのように評価しているのであろうか。日本語学が科せられた現代的課題の解決にむけ,われわれの研究をいかに発信すべきか。これに積極的に取り組んできた先進事例をもとに討議し,その「解」にいたる糸口にしたい。
パネリスト
名古屋大学大学院教授 町田  健
東京女子大学教授 篠崎 晃一
早稲田大学大学院教授 笹原 宏之
小学館国語辞典編集部プロデューサー兼編集長 神永  曉
司会
富山大学准教授 中井 精一

○会員総会 [成瀬記念講堂 講堂] 17時10分−17時50分

○懇親会 [七十年館1階学生食堂] 18時−20時  会費 一般 5,000円 学生 3,000円

5月30日(日)

○研究発表会 [日本女子大学目白キャンパス] 10時−17時
口頭発表(会場:A・B・C)
《午前の部》10時−12時20分
  A会場B会場C会場
  《昼休み》
《午後の部》13時40分−17時
 A会場B会場C会場

*口頭発表

《午前の部》10時−12時20分
A会場 [八十年館5階851教室]
テアル構文と証拠性(evidentiality)
―結果確認と動作確認―
麗澤大学大学院生 齋藤  茂
可能表現の意味分類に関する一考察
―実現余地の在り処を基準に―
一橋大学大学院生 高  恩淑
潜在可能文と実現可能文との異同について
―行為実現の確かさと限定性の観点から―
台湾・淡江大学助理教授 林  青樺
B会場 [香雪館2階202教室]
『天文本字鏡鈔』の掲出字配列規則に関する考察 信州大学大学院生 佐藤ゆかの
三巻本『色葉字類抄』重点部語彙の研究 東京大学大学院生 藤本  灯
観智院本『類聚名義抄』の2人の書写者の漢字字体の違い  田村 夏紀
C会場 [香雪館4階401教室]
中古和文語の述部構造に関する記述的研究
―日本語の形態類型をめぐって―
蛍池言語研究所 黒木 邦彦
中世「チカゴロ」における評価的意味の成立と構文的機能の展開 宇都宮大学専任講師 田和真紀子
申し出表現の歴史的変遷
―謙譲語と与益表現の相互関係の観点から―
大阪大学大学院生 森  勇太
《昼休み》12時20分−13時40分
《午後の部》13時40分−17時
A会場 [八十年館5階851教室]
二種のダイクシス
―「相対的ダイクシス」と「絶対的ダイクシス」―
関西外国語大学専任講師 澤田  淳
終助詞の複合形「よね」の構造的考察 大東文化大学大学院生 譚   〓
(〓は,Unicodeの5CE5 峥)
語彙的複合動詞の連続性と派生の方向性について 東北大学大学院生 陳  劼懌
国会会議における意向・意見・見解表明文の変化 広島女学院大学准教授 渡邊ゆかり
B会場 [香雪館2階202教室]
『万葉集』における訓仮名の字義の影響について 早稲田大学大学院生 澤?ア  文
「哲学字彙」稿本と『英独仏和哲学字彙』の成立 立正大学教授 真田 治子
日本語と韓国語のオノマトペの音象徴の対照研究 新潟産業大学専任講師 伊東 真美
現代日本語の反事実的条件文を再考する
―用例の中国語訳から見る―
千葉大学大学院生 張  春艶
C会場 [香雪館4階401教室]
明治期における漢語系接尾辞に関する一考察
―「−的」との関連を中心に―
大阪大学大学院生 金  〓泳
(〓は,Unicodeの66D8 曘)
20世紀後半の新聞における抽象的な外来語の基本語化傾向 国立国語研究所プロジェクト非常勤研究員 金  愛蘭
保科孝一と藤岡勝二の方言観に対するW.D.ホイットニーの影響
―二人の異なる見方はどのように形成されたのか―
大阪千代田短期大学教授 高増 名代
朝のあいさつ表現の変遷
―南九州地方の非定型表現地域に注目して―
東北大学大学院生 中西 太郎