日本語学会

ホーム > 大会 > 過去の大会 > 2012年度秋季大会

日本語学会2012年度秋季大会

重要 大会会場での会費納入受付の停止について

 セキュリティ上の理由により,今回の大会より大会会場での会費納入受付はおこなわないことになりました(会費納入状況の確認窓口は設置の予定です)。今年度の会費については,郵便振替によりご送金くださるようお願いいたします(郵便振替00150-6-296531,日本語学会)。これまで大会会場で会費をご納入いただいていた会員のみなさまにはご不便をおかけすることになりますが,ご理解とご協力のほど,よろしくお願いいたします(来年度以降の会費納入方法については『日本語の研究』等で別途お知らせいたします)。

日時 2012年11月3日(土)・4日(日)
場所 富山大学 五福キャンパス (〒930-8555 富山市五福3190)
開催校委員 小助川貞次(委員長),中井精一
協力 富山県,富山市,富山商工会議所,(財) 富山コンベンションビューロー

11月3日(土)

○開会式 [黒田講堂ホール] 13時40分−13時55分

  会長挨拶    小林 賢次
  開催校挨拶  遠藤 俊郎(富山大学学長)

○シンポジウム [黒田講堂ホール] 14時−17時

方言形成論の展開
(企画担当:有元光彦 橋本行洋)

趣旨
 日本語諸方言の地域差がどのように形成されたかという問題は,伝統的には「方言周圏論」「方言孤立変遷論」「多元的発生の仮説」などによって議論されてきた。これらの議論の焦点は,中央語が地方にどのように伝播するのか,といった発生・伝播のメカニズムの問題であった。しかし,その後,接触・伝播には多様なパターンがあることが検証され,それを説明するための新たなモデルも提出されてきた。さらに近年では,送り手側(中央)の論理だけでなく,受容・拒否といった受け手側(地方)の論理,即ち伝播に際しての個人の認知行動についても議論され始めている。
 本シンポジウムでは,様々な研究領域における報告を通して,方言形成要因を整理するとともに,方言形成のメカニズムを解明し,新たな方言形成理論を構築するための糸口を模索したい。
パネリスト
国立国語研究所 大西拓一郎
和歌山大学 澤村 美幸
大阪府立大学 西尾 純二
国立国語研究所 熊谷 康雄
司会
山口大学 有元 光彦

○ワークショップ 14時−17時

第1会場  [共通教育棟 C11番教室]

近代語コーパスの構築と活用に向けて

国立国語研究所 田中 牧郎
国立国語研究所 高田 智和
国立国語研究所 小木曽智信
国立国語研究所 近藤明日子
大阪大学 岡島 昭浩
明治大学 小野 正弘
第2会場  [共通教育棟 C12番教室]

敬語運用の記述と対照―五箇山からの発信―

日本学術振興会 森  勇太
成城大学 水谷 美保
甲南女子大学 黒木 邦彦
関西学院大学 牧野由紀子
大阪大学 藤本真理子

○懇親会 [ANAクラウンプラザホテル富山] 18時30分−20時30分

会費:事前申し込み(10月24日(水)まで)一般 5,000円 学生 3,000円 
 当日申し込み一般 6,000円 学生 4,000円 

11月4日(日)

○研究発表会 [富山大学 五福キャンパス] 9時30分−16時20分
*口頭発表(会場:A・B・C) ブース発表(会場:D)
《午前の部》 9時30分−11時
A会場B会場C会場
《午後の部》 13時−16時20分
 A会場B会場C会場
11時10分−12時10分
 D会場

*口頭発表 《午前の部》 9時30分−11時

A会場 [共通教育棟 C11番教室]
無対自動詞文による無標識可能 東北大学学生 遅  皎潔
VルコトガアルとVルコトガナイ
―「コトガアル」形式と「コトガナイ」形式の対立と連続―
中部大学 徳永 辰通
B会場 [共通教育棟 C12番教室]
改正や変更にまつわる日中同形表現の対照研究
―「名前を改める」意味カテゴリーの類義語コロケーションを中心に―
大東文化大学学生 孫  宇雷
三字漢語における接辞性字音語基の意味と造語力 東北大学学生 曽   睿
C会場 [共通教育棟 C13番教室]
文末表現「とおぼゆ」と「と思ふ」 早稲田大学学生 渡辺 由貴
動詞「ヤル」の意味・用法の変遷 岡山大学学生 豊田 圭子

*ブース発表 11時10分−12時10分

D会場 [共通教育棟 A21番教室・A22番教室]
「問いかけ」と「疑い」に関する言語対照 麗澤大学 井上  優
黄  麗華
現代日本語反語の専用形式
―「たまるか」「ものか」「かよ」―
静岡大学 案野 香子
ニュース報道におけるモノダ文 NHK放送文化研究所 田中 伊式
新聞コーパスにおける漢語動名詞の語彙文法論的考察 日本女子大学 田辺 和子
中條 清美
単語情報付き『太陽コーパス』を用いた一人称代名詞の分析 国立国語研究所 近藤明日子
『はがない』にみる略語の風景 韓国・全州大学校 大谷 鉄平
地理的言語データの統合的分析
―首都圏形容詞アクセントを事例とした試行―
日本大学学生 林  直樹
田中ゆかり
《昼休み》 12時10分−13時

*口頭発表 《午後の部》 13時−16時20分

A会場 [共通教育棟 C11番教室]
ブラジルの沖縄系人コミュニティの日本語に見られるポルトガル語と琉球クレオロイドの影響 琉球大学学生 GIBO LUCILA ETSUKO
四段動詞連用形の音便の地理的・歴史的分布 東北大学学生 坂喜 美佳
青森市方言における語末核の「上昇の遅れ」 東京大学学生 高山林太郎
中澤 光平/大槻 知世
富山県呉西地方における尊敬形「〜テヤ」のアスペクトと活用 広島大学 小西いずみ
井上  優
B会場 [共通教育棟 C12番教室]
日本における漢語「迷惑」の変容 九州大学学生 張   愚
副詞「ほんに」について
―近世・近代を中心に―
早稲田大学学生 市村 太郎
授与補助動詞「てやる/てくれる」の使い分けと視点 神戸市外国語大学学生 古賀悠太郎
「銭」の異体字の盛衰とその要因 東北大学学生 山下 真里
C会場 [共通教育棟 C13番教室]
上代日本語の動詞連接ウチ―について 名古屋大学学生 阿部  裕
接辞「〜ゲナリ」の変遷
―モダリティ形式「ゲナ」の成立再考―
西南学院大学 山本佐和子
近世後期江戸語終助詞「は」の意味 東北大学学生 黄  孝善
近世後期江戸語における逆接仮定条件表現の形式について 中京大学 宮内佐夜香