会議録(2017年度)
lastupdate 2017/10/3

 

会員総会

会員総会(2017年度)

日 時  2017年5月14日(日)12時30分―12時50分


会 場  関西大学千里山キャンパス 第1学舎5号館E401教室


 審議に先立ち,議長として井上優氏が推薦・選出された。

  1. 2016年度の事業報告・決算報告・会計監査報告がなされた。
  2. 2017年度の事業計画・予算について説明がなされた。
  3. 委員(土岐留美江氏)の退任が報告された。
  4. 事務室書記の退職(中井瑞葉氏)と新採用(菅原麻衣氏)が報告された。
  5. 現在の学会の財務状況について報告がなされ,学会として寄付を募ることが説明された。

 

理事会

理事会(2017年度第2回)

日 時 2017年5月13日(土)9時30分―10時30分


会 場 関西大学千里山キャンパス 第1学舎5号館E204教室


出席者(会長)仁田義雄・(副会長)木部暢子・(理事)上野善道・工藤真由美・小林隆・渋谷勝己・杉戸清樹・野田尚史/(編集委員長)清水康行・(大会企画運営委員長)釘貫亨・(広報委員長)田中ゆかり/(庶務委員長)三宅知宏・(庶務委員)岡﨑友子/(事務室書記)橘由香


    1. 評議員会に提出する2016年度の事業報告・決算・会計監査,2017年度の事業計画・予算案について確認がなされた。
    2. 学会でおこなう寄付について議論がなされた。
    3. 評議員会,会員総会の議事進行について確認がなされた。

 

 理事会(2017年度第1回)

日 時 2017年4月22日(土)13時―18時


会 場 学士会館309号室


出席者 (会長)仁田義雄・(副会長)木部暢子・(理事)上野善道・工藤真由美・小林隆・渋谷勝己・杉戸清樹・野田尚史/(編集委員長)清水康行・(広報委員長)田中ゆかり/(庶務委員長)三宅知宏・(庶務委員)岡﨑友子/(事務室書記)橘由香


  1. 2016年度事業報告・決算書,2017年度事業計画・予算案について審議の上,承認された。
  2. 2017年度に実施される評議員選挙の改選数とスケジュールが確認された。
  3. 2018年度秋季大会を岐阜大学で開催することが提案され,承認された。また,2018年度春季大会の日程が確認された。(於:明治大学,2018年5月19・20日)
  4. 機関誌(「投稿規定」)・大会予稿集(「予稿集原稿作成要領」)に記載する著作権について,議論がなされた。
  5. 選挙管理委員の選出の手順について確認がなされた。
  6. 2016年度日本語学会論文賞について,論文賞選考委員会より辻本桜介氏・久保薗愛氏の二人が推薦され,承認された。
  7. 日本語学会大会発表賞選考委員の選出について,大会企画運営委員会から選考委員が推薦され,承認された。
  8. 編集委員会・大会企画運営委員会・広報委員会から,最近の活動について報告がなされた。

 

 

評議員会

評議員会(2017年度)

日 時  2017年5月13日(土)10時30分―13時


会 場 関西大学千里山キャンパス 第1学舎5号館E403教室


出席者  38名 欠席者12名(委任状12名)


審議に先立ち,議長に石井正彦評議員,副議長として高山善行評議員が推薦・選出された。

  1. 2017年度に実施される評議員選挙の改選数が確認された。
  2. 評議員・会計監査選挙施行規則に基づき,評議員の投票により選挙管理委員の選出がなされた。投票の結果,天野みどり氏・庵功雄氏・小柳智一氏・田中牧郎氏・矢田勉氏の各評議員が選挙管理委員に選出された。
  3. 今年度の役員と委員会の構成について報告がなされた。
  4. 2016年度学会賞について報告がなされた。
  5. 各委員会の活動について報告がなされた。
  6. 2016年度の事業報告・決算報告・会計監査結果報告がなされ,審議の上,承認された。
  7. 2017年度の事業計画・予算案が示され,審議の結果,承認された。
  8. 機関誌(「投稿規定」)・大会予稿集(「予稿集原稿作成要領」)に記載する著作権について理事会より提案があり,引き続き討議していくことを確認した。
  9. 現在の学会の財務状況について報告がなされ,学会として寄付を募ることが提案され,審議の上,承認された。

 

 

編集委員会

編集委員会(2017年度第1回)

日 時 2017年6月11日(日)13時―18時


会 場 日本女子大学目白キャンパス 百年館高層棟 815号室


出席者 (編集委員長)清水康行・(編集委員)有元光彦・大島資生・小柳智一・佐藤栄作・山東功・鈴木広光・西尾純二・仁科明・橋本行洋・前田直子・矢島正浩・矢田勉・(編集委員長補佐)椎名渉子・田川拓海/(庶務委員長)三宅知宏/(事務室書記)加藤明子


  1. 『日本語の研究』第13巻3号(2017年7月刊行)のページ数,校正状況,納品・発送時期等について確認した。
  2. 『日本語の研究』第13巻4号(2017年10月刊行)の掲載内容を確認した。
  3. 投稿原稿について,査読報告があり,採否を決定した。
  4. 新刊紹介・書評について協議し,決定した。
  5. 特集号について協議した。

     

     

    大会企画運営委員会

    大会企画運営委員会(2017年度第2回)

    日 時  2017年7月29日(土)13時―16時15分


    会 場  名古屋大学東京オフィス 三菱ビル 1168区


    出席者  (大会企画運営委員長)釘貫亨・(大会企画運営委員)新井小枝子・漆谷広樹・江口泰生・小田勝・勝又隆・金子弘・辛島美絵・狩俣繁久・川端元子・小助川貞次・島田泰子・新野直哉・長谷川千秋・森篤嗣・(大会企画運営委員長補佐)櫛橋比早子/(金沢大学)加藤和夫・高山知明/(庶務委員長)三宅知宏/(事務室書記)菅原麻衣


    1. 2017年度秋季大会(11月11・12日,金沢大学)について,(1)応募審査を行い,口頭発表16件,ブース発表6件を採択した。また,(2)シンポジウム企画の進捗状況を確認した。
    2. 2017年度秋季大会(11月11・12日,金沢大学)について,会場校の加藤和夫氏・高山知明氏から運営実施要領の説明がなされ,その詳細について検討した。
    3. 2018年度春季大会(5月19・20日,明治大学)について,シンポジウム企画の進捗状況を確認した。
    4. 2018年度秋季大会(10月13・14日,岐阜大学)について,シンポジウム企画を検討した。

       

      大会企画運営委員会(2017年度第1回)

      日 時  2017年5月14日(日)16時15分―17時10分


      会 場  関西大学千里山キャンパス 第1学舎5号館E306教室


      出席者  (大会企画運営委員長)釘貫亨・(大会企画運営委員)新井小枝子・漆谷広樹・江口泰生・小田勝・勝又隆・金子弘・辛島美絵・狩俣繁久・川端元子・小助川貞次・島田泰子・新野直哉・長谷川千秋・森篤嗣・(大会企画運営委員長補佐)櫛橋比早子/(庶務委員長)三宅知宏/(事務室書記)菅原麻衣


      1. 2017年度春季大会(5月13・14日,関西大学)について,問題点を報告し,今後の対応を検討した。
      2. 2017年度秋季大会(11月11・12日,金沢大学)について,シンポジウム企画の進捗状況を確認した。
      3. 2018年度春季大会(5月19・20日,明治大学)について,シンポジウム企画を検討した。
      4. 2018年度秋季大会について,シンポジウム担当者を決定した。
      5. 今後の大会の企画・運営について,現状と課題を検討した。

         

         

        広報委員会

        広報委員会(2017年度第1回)

        日 時  2017年5月13日(土)15時10分―16時


        会 場 関西大学千里山キャンパス 第1学舎5号館E402教室


        出席者 (広報委員長)田中ゆかり・(広報委員)加藤大鶴・澤崎文・ジスクマシュー・中澤信幸・林直樹


        1. 委員長より任期中の課題の確認がなされた。
        2. 学会内外に対しての広報活動の検討を行った。
        3. 学会ホームページの英訳版を作成するため,今後の作業方針を討議した。
        4. 今後の広報活動のあり方について意見交換した。

       

       

      選挙管理委員会

      選挙管理委員会(2017年度第1回(臨時))

      日 時 2017年5月13日(土)13時―13時10分


      会 場 関西大学千里山キャンパス 第1学舎5号館E403教室


      出席者  天野みどり・庵功雄・小柳智一・田中牧郎・矢田勉/(庶務委員長)三宅知宏


      1. 評議員会終了後,臨時に選挙管理委員会がおこなわれ,互選により庵功雄評議員が委員長に選出された。

日本語学会事務室 〒113‐0033 東京都文京区本郷1丁目13番7号 日吉ハイツ404号 電話・FAX 03(5802)0615 E-MAIL:office■■jpling.gr.jp(■■は@に置き換えてください)

Copyright © 2014 日本語学会 All Rights Reserved.