会費

会費について

 一般会費  10,000円

 学生会費  5,000円

 海外会費  5,000円

 

  • 会費は年度単位です(本学会の会計年度は4月から翌年3月まで)。年度初めに,郵便振替 00150-6-296531,日本語学会あてにご送金ください。
  • 学部学生・大学院生・研究生などの学籍を持つ会員に対しては,学生会費が適用されます。学生会費の適用についてはこちらをご覧ください。
  • 海外に在住または在勤する会員に対しては,海外会費が適用されます(一般・学生を問いません)。海外会費の納入では,クレジットカードの利用が可能です。詳しくはこちらをご覧ください。
  • 日本語学会では,自然災害により被害を受けられた会員に対して,年会費免除の支援を行っています。詳しくはこちらをご覧ください。
  • 本学会の会費は,消費税対象外(不課税)です。

(2019年10月16日掲載)

 


 

 

学生会費の適用について

 日本語学会では,学部学生・大学院生・研究生などの学籍を持つ会員に対して,学生会費の制度を設けています。学生会費は5,000円です(2014年度から)。

 学生会費の適用を受けようとする会員は,以下の点に留意してください。

 

  1. [学生会費の適用] 学生会費の適用を受けるには,会費納入時に,現に大学院・大学の学生(大学院生・学部学生・研究生など)であることを証する書類(学生証・在学証明書など。以下,「証明書類」と呼ぶ)を提出してください。

     会費を郵便振替などで送金するときに,その通信欄に証明書類の発行元(大学名・学部名など),および学籍番号・学生証番号などの番号・記号を明記し,かつ,その証明書類のコピーを別途事務室に郵送(またはPDFファイルで送信)してください。

  2. [単年度適用] 学生会費は,4月以降の年度中に,当該年度分を一年度分ずつお支払いください。複数年度にわたる学生会費の一括納入はできません。

  3. [滞納分] 過年度滞納分については,通常会費で精算してください。学生会費をさかのぼって適用することはしません。

  4. [遡及適用の無効] 納入済みの会費についても,さかのぼって学生会費を適用することはしません。会費納入後に証明書類を提示しても,差額の返還はありません。

  5. 学生会費の適用資格など不明な点は,日本語学会事務室までお問い合わせください。

(2014年6月5日更新)

 

 

海外会費の適用と納入方法

 日本語学会では,2002年度より,海外に在住または在勤する会員に対して,海外会費の制度を設けています。海外会費は,一般・学生を問わず5,000円です。

 海外会費の適用と納入方法は次の通りです。不明な点は,日本語学会事務室にお問い合わせください。

 

  • 当該年度4月1日現在で届出のあった機関誌送付先が海外である会員に適用します。異動のあった会員は,日本語学会事務室に届け出てください。
  • 海外会費については,クレジットカード(VISA,Master)での納入が可能です。クレジットカードによる支払いを希望される場合は,申込書をダウンロードし,ご記入のうえ,郵送またはFAX(PDFファイルでの送信も可)で日本語学会事務室にお送りください。

クレジットカードによる会費支払い申込書(Word形式)

クレジットカードによる会費支払い申込書(PDF形式)

 

(2002年6月29日掲載/2020年1月20日更新)

 

 

自然災害により被害を受けられた会員の年会費免除について

 日本語学会では,自然災害により被害を受けられた会員の皆様に,年会費免除の支援を行っております。

 万一,ご自宅やご勤務先が被災された場合には,以下の書類2点を添えて,日本語学会事務室までお申し出ください。日本語学会理事会の審議によって免除が妥当と判断された場合,年会費を免除いたします。

 

  1. 会費免除申請書
  2. 自治体発行の罹(被)災証明書のコピー

 

 年会費免除を申請される方は,以下の点に留意してください。

 

  • 「会費免除申請書」をダウンロードし,ご記入のうえ,郵送,FAX,PDFファイルを電子メールに添付などの方法で,日本語学会事務室にお送りください。

会費免除申請書(Word形式)

 

  • 自治体発行の罹(被)災証明書のコピーも,同様に,郵送,FAX,PDFファイルを電子メールに添付などの方法で,日本語学会事務室にお送りください。なお,証明書が入手できない場合には,日本語学会事務室にご相談ください。
  • 申請受付期間は災害発生後1年間です。申請は随時受け付けます。
  • 学生会費を適用する会員の皆様は,扶養者の方が被災された場合も申請の対象となります。
  • 不明な点は,日本語学会事務室にお問い合わせください。

 

(2019年10月24日掲載)

日本語学会事務室 〒113‐0033 東京都文京区本郷1丁目13番7号 日吉ハイツ404号 電話・FAX 03(5802)0615 E-MAIL:office■■jpling.gr.jp(■■は@に置き換えてください)

Copyright © 2014 日本語学会 All Rights Reserved.