会議録(2022年度)
lastupdate 2022/6/28

 

会員総会

会員総会(2022年度)

日 時 2022年5月14日(土)17時―17時20分


会 場 オンライン会議(Zoom)


 報告に先立ち、議長として丸山直子氏が選出された。

  1. 2021年度の事業報告・決算報告・会計監査報告がなされた。
  2. 2022年度の事業計画・予算について説明がなされた。
  3. 編集委員会・大会企画運営委員会・学会国際化推進委員会から活動報告がなされた。
  4. 『日本語学大辞典』の販売状況について報告がなされた。

 

理事会

理事会(2022年度第1回)

日 時 2022年5月7日(土)13時―17時00分


会 場 オンライン会議(Zoom)


出席者 (会長)近藤泰弘・(副会長)木部暢子・(理事)小野正弘・小林隆・田中牧郎・月本雅幸・野田尚史・森山卓郎・(事務局長)山田昌裕・(編集委員長)橋本行洋・(大会企画運営委員長)石黒圭・(広報委員長)ジスク・マシュー・(選挙管理委員長)天野みどり・(書記・事務局委員)安井寿枝


【審議事項】

  1. 2021年度会員数推移について、山田事務局長より説明があり、承認された。
  2. 2021年度事業報告について、山田事務局長より説明があり、承認された。
  3. 2021年度決算報告および収支資産の推移報告について、小林財務担当理事、山田事務局長より説明があり、承認された。
  4. 2022年度事業計画について、山田事務局長より説明があり、承認された。
  5. 2022年度予算難について、山田事務局長より説明があり、承認された。

【報告事項・その他】

  1. 日本語学大辞典の販売状況、印税収入について、担当の月本理事・田中理事より報告がなされた。
  2. 編集委員会報告として、橋本編集委員長より、(1)刊行・編集状況、(2)次期編集委員会の体制、(3)機関誌『日本語の研究』の発行回数の検討課題、(4)次期展望号「総説」担当者について報告がなされた。
  3. 大会企画運営委員会報告として、石黒大会企画運営委員長より、(1)大会企画委員会の体制と会議開催日、(2)日本語学会2021年度秋季大会開催状況、(3)2022年度春季大会準備状況、(4)2022年度秋季大会準備状況、(5)2022年度秋季大会以降の開催予定、(6)次期委員の選出状況について報告がなされた。
  4. 広報委員会報告として、ジスク広報委員長より、問題なく広報活動が行われているとの報告がなされた。
  5. ジュニア研究者育成制度検討委員会報告として、田中理事より、(1)検討体制、(2)大会時の学生セッション支援、(3)「中高生日本語研究コンテスト」、(4)新しい会員制度のあり方、(5)その他の検討課題についての報告がなされた。
  6. GEAHSS運営委員会報告として、木部副会長より、ギース5期運営委員会第1回についての報告がなされた。
  7. 言語系学会連合報告として、野田理事より、2021年度の意見交換会についての報告がなされた。
  8. 発表賞について、森山理事より、審査における協力が求められた。

 

理事会(2021年11月〜2022年4月メール審議)

【審議事項】

  1. 2021年度秋季大会の発表賞受賞対象者について(2021年11月21日~24日)

     森山発表賞選考委員長より、2021年度秋季大会の発表賞受賞対象者について選考結果の報告があり、承認された。

  2. 国際文献社との2022年度業務委託契約について(2021年12月10日~13日)

     山田事務局長より、国際文献社との2022年度業務委託契約について報告があり、承認された。

  3. 公用文の書き方の改訂について(2022年1月8日~16日)

     近藤会長より、以下のような検討事項があげられ、編集委員会、広報委員会で審議することが提案され、編集委員会の議題として取り上げられることになった。

     (1)論文はかわらず句読点自由、(2)彙報・ホームページは「、」「。」

  4. 寄付金について(2022年1月28日~2月8日)

     近藤会長より、故宮地裕氏からの学会への寄付の申し出があったことが報告され、寄付を受けることが了承された。これを受けて、月本理事より、学会賞の副賞を復活することが提案された。2月8日、入金を確認した。

  5. 2022年度春季大会について(2022年2月6日~9日)

     石黒委員長より、全国大会の発表者についての呼びかけが行われ、40件の募集が集まった。

  6. 日本学術振興会賞受賞候補者の推薦について(2022年2月12日)

     山田事務局長より、日本学術振興会賞受賞候補者の推薦についての依頼が周知された。

  7. 今後の大会開催について(2022年2月20日~27日)

     石黒委員長より、今後の大会開催についての以下のような提案がなされ、議論が進められた。その後、ホームページに掲載された。

     (1)大会開催予定、(2)対面大会の計画、(3)2022年度秋季大会の日程、(4)会長対談

  8. 2021年度日本語学会論文賞について(2022年3月24日~3月31日)

     小野理事より、授賞候補論文について提案があり、承認された。

  9. 中高生日本語研究コンテストについて(2022年4月7日~9日)

     田中理事より、以下のような提案があり、承認された。

     (1)プライバシーポリシーの作成、(2)学会ホームページなどによる広報

【報告事項】

  1. ワーキンググループについて(2021年12月17日)

     近藤会長より、ワーキンググループの改名と人数の追加、学会ホームページへの掲載について報告があった。

  2. 日本語学会論文賞叢書について(2022年1月29日)

     小野理事より、日本語学会論文賞叢書に関して服部紀子氏と菊地恵太氏と契約を取り交わすことになったことが報告された。

  3. ジュニア研究者育成制度について(2022年2月18日・3月9日・4月7日)

     田中理事より、中高生を対象としたコンテストについての進捗状況が報告された。

  4. 国立国語研究所の大学院開設について(2022年3月4日)

     近藤会長より、国語研の大学院開設に伴って2022年度春季大会で大学院のブースを設けることが報告された。

  5. 『日本語学大辞典』について(2022年4月8日)

     田中理事より、『日本語学大辞典』の昨年度の販売状況が報告された。

 

評議員会

評議員会(2022年度)

日 時 2022年5月8日(日)11時―13時


会 場 オンライン会議(Zoom)


出席者 〈評議員〉青木博史、安部清哉、天野みどり、庵功雄、石井正彦、石黒圭、乾善彦、井上優、大木一夫、大西拓一郎、岡﨑友子、岡島昭浩、小木曽智信、荻野綱男、沖森卓也、小田勝、小野正弘、加藤重広、菊地康人、木部暢子、窪薗晴夫、小西いずみ、小林隆、小柳智一、近藤泰弘、笹原宏之、定延利之、渋谷勝己、清水康行、高田智和、高山倫明、高山善行、田中牧郎、田中ゆかり、月本雅幸、野田春美、野田尚史、橋本行洋、日高水穂、肥爪周二、前田直子、三宅知宏、森山卓郎、矢澤真人、矢島正浩、矢田勉、屋名池誠、山本真吾(以上、48名)、〈会計監査員〉甲田直美、山崎誠


 審議に先立ち、議長に日高水穂評議員、副議長に高田智和評議員が推薦・選出された。

【報告及び審議事項】

  1. 山田事務局長より会勢報告と会員数の推移の報告がなされた。
  2. 山田事務局長より2021年度事業報告がなされた。
  3. 山田事務局長、小林財務担当理事より2021年度決算報告があり、それを踏まえて甲田直美、山崎誠より会計監査報告があり、いずれも承認された。
  4. 山田事務局長より2022年度事業計画案について全体的な説明があり、ジスク学会国際化推進委員長より新規事業の英文誌オンラインジャーナル刊行について、田中ジュニア研究者育成制度検討委員長より新規事業の中高生日本語研究コンテストについて説明があった。これを踏まえて山田事務局長より2022年度予算案が提示され、事業計画案とともに承認された。
  5. 月本理事より『日本語学大辞典』の販売現況と印税収入予定について報告がなされた。
  6. 小野理事より刊行助成実施要項一部改定と日本語学会論文賞叢書について報告が成された。
  7. 橋本委員長より編集委員会報告、石黒委員長より大会企画運営委員会報告、小野理事より論文賞選考委員会報告、森山理事より発表賞選考委員会報告がそれぞれなされた。
  8. 木部理事よりGEAHSS運営委員会報告、野田理事より言語系学会連合報告がなされた。

 

事務局委員会

 

編集委員会

 

大会企画運営委員会

大会企画運営委員会(2022年度第2回)

日 時 2022年5月15日(日)17時10分―18時30分 ※17:40までは大会実行委員会と合同


会 場 オンライン会議(Zoom)


出席者 (大会企画運営委員長)石黒圭・(大会企画運営副委員長)小木曽智信・山本真吾・(大会企画運営委員)安部朋世・大田垣仁・北﨑勇帆・甲田直美・櫻井豪人・澤村美幸・田中祐輔・松浦年男・三井はるみ・吉田永弘・米谷隆史・李婷・(大会企画運営委員長補佐)平塚雄亮・(記録、大会企画運営委員長補佐)田中啓行


【審議事項】

  1. 2022年度春季大会(5月14・15日、オンライン開催)について、振り返り・問題点の共有を行った。
  2. 2022年度秋季大会に向けたスケジュールについて、確認を行った。
  3. 2022年度秋季大会の大会企画について、確認を行った。
  4. 2023年度春季大会以降の大会の開催形態・大会企画について、確認、検討を行った。

 

大会企画運営委員会(2022年度第1回)

日 時 2022年5月7日(土)10時―11時30分 ※大会実行委員会と合同


会 場 オンライン会議(Zoom)


出席者 (大会企画運営委員長)石黒圭・(大会企画運営副委員長)小木曽智信・山本真吾・(大会企画運営委員)安部朋世・大田垣仁・北﨑勇帆・甲田直美・櫻井豪人・澤村美幸・松浦年男・三井はるみ・吉田永弘・米谷隆史・李婷・(大会企画運営委員長補佐)平塚雄亮・(記録、大会企画運営委員長補佐)田中啓行


【審議事項】

  1. 2022年度春季大会の大会進行、業務分担について、確認・検討を行った。
  2. 2022年度春季大会の式典・懇親会について、確認・検討を行った。
  3. 2022年度春季大会のポスター発表・学生セッションのポスター公開について、確認を行った。
  4. 2022年度春季大会の会長企画講演の動画公開について、確認を行った。
  5. 2022年度春季大会当日の参加者への緊急連絡方法について、確認・検討を行った。
  6. 2022年度春季大会の大会参加アンケートについて、確認を行った。

【報告事項・その他】

  1. 日本語学会Webサイトの2022年度春季大会(5月14・15日、オンライン開催)のページおよびプラットフォームサイトについて、報告があった。
  2. 2022年度春季大会で使用するoViceの使い方の確認・操作練習を行った。

 

広報委員会

 

選挙管理委員会

 

論文賞選考委員会

 

発表賞選考委員会

発表賞選考委員会(メール審議)

  1. 2022年度春季大会発表賞選考について(以下同様)、大会企画運営委員会からの審査対象発表の報告を承け、審査員候補者案を作成するとともに、各候補者に依頼し、承諾を得た。(2022年5月4日~5月14日)
  2. 各審査員に審査要領、採点用紙を送付し、審査を実施した。(2022年5月5日~5月15日)
  3. 各審査員の審査結果を集約し、授賞候補者を選考した。(2022年5月15日~5月25日)

 

『資料集「展望」』編集委員会

 

 

ジュニア研究者育成制度検討委員会

 

 

学会国際化推進委員会

 

Copyright © 2014 日本語学会 All Rights Reserved.