学会ホームページ掲載用要旨作成要領(口頭発表・ブース発表・ワークショップ)
lastupdate 2018/10/19
学会ホームページ掲載用要旨作成要領(口頭発表)
  • 学会ホームページの大会プログラムページに発表要旨を掲載します。ご提出いただいた原稿をそのまま掲載いたしますので,完全原稿で作成してください。
  • (口頭発表用)要旨フォーマット(Wordファイル)をダウンロードし,以下の書式で作成してください。
    用紙サイズ:A5判横長。
    余白:上20mm,下・左・右15mm。
    1行目:題目(副題がある場合は「―」で前後を括る)。MSゴシック・11ポイント,中央寄せ。※複数行にまたがる場合は,以降の指示の行数は順送りとする。
    2行目:発表者氏名。所属の記載は不要。MSゴシック・10ポイント,中央寄せ。発表者名を複数併記する場合には「,」で区切る。
    3行目:空行。題目ないし発表者氏名が複数行にわたる場合も,要旨本文の前には必ず1行空ける。
    4行目以降:要旨本文。1行52字で17行以内(横書き)。この書式の範囲内であれば図表挿入可。MS明朝・10ポイント。区切り符号は「,」「。」。
  • 末尾に参考文献一覧は設けず,研究文献に言及する場合は,著者名と発行年のみでなく,次のように文献名,掲載雑誌名,出版社等の情報とともに,本文中に組み込んで示してください。
     例)…である。この点については,山田太郎(2007)「日本語学の将来」(『日本語の研究』8-4)も指摘するように,…
  • ファイル名は「yoshi_発表番号」(例:A会場1番目の発表の場合「yoshi_a1」)としてください。プログラム確定前で発表番号が不明の場合は「yoshi」のみで結構です。
  • 作成した原稿は,メールに添付して(Wordファイル等とPDFファイルの2種)ご提出ください。
    ※PDFファイル作成上の注意:PDFファイルを作成する際には,文字化けを防ぐために,すべてのフォントの埋め込みを行ってください。(Adobe PDFの「印刷設定」で,「プレス印刷」を選択してください。)
  • 提出にあたっては,【学会ホームページ掲載用要旨の著作物としての取り扱い】の内容をご確認のうえ,「著作権譲渡表明」として指定の一文をメール本文に書き添えてください。
  • 締切は,予稿集の原稿提出締切と同日です。
  • 提出先は,日本語学会事務室です。
    <日本語学会事務室 メールアドレス>
    office■■jpling.gr.jp(■■は@に置き換えてください)

2018年10月13日制定

 

学会ホームページ掲載用要旨作成要領(ブース発表)
  • 学会ホームページの大会プログラムページに発表要旨を掲載します。ご提出いただいた原稿をそのまま掲載いたしますので,完全原稿で作成してください。
  • (ブース発表用)要旨フォーマット(Wordファイル)をダウンロードし,以下の書式で作成してください。
    用紙サイズ:A5判横長。
    余白:上20mm,下・左・右15mm。
    1行目:題目(副題がある場合は「―」で前後を括る)。MSゴシック・11ポイント,中央寄せ。※複数行にまたがる場合は,以降の指示の行数は順送りとする。
    2行目:発表者氏名。所属の記載は不要。MSゴシック・10ポイント,中央寄せ。発表者名を複数併記する場合には「,」で区切る。
    3行目:空行。題目ないし発表者氏名が複数行にわたる場合も,要旨本文の前には必ず1行空ける。
    4行目以降:要旨本文。1行52字で17行以内(横書き)。この書式の範囲内であれば図表挿入可。MS明朝・10ポイント。区切り符号は「,」「。」。
  • 末尾に参考文献一覧は設けず,研究文献に言及する場合は,著者名と発行年のみでなく,次のように文献名,掲載雑誌名,出版社等の情報とともに,本文中に組み込んで示してください。
     例)…である。この点については,山田太郎(2007)「日本語学の将来」(『日本語の研究』8-4)も指摘するように,…
  • ファイル名は「yoshi_発表番号」(例:A会場1番目の発表の場合「yoshi_a1」)としてください。プログラム確定前で発表番号が不明の場合は「yoshi」のみで結構です。
  • 作成した原稿は,メールに添付して(Wordファイル等とPDFファイルの2種)ご提出ください。
    ※PDFファイル作成上の注意:PDFファイルを作成する際には,文字化けを防ぐために,すべてのフォントの埋め込みを行ってください。(Adobe PDFの「印刷設定」で,「プレス印刷」を選択してください。)
  • 提出にあたっては,【学会ホームページ掲載用要旨の著作物としての取り扱い】の内容をご確認のうえ,「著作権譲渡表明」として指定の一文をメール本文に書き添えてください。
  • 締切は,予稿集の原稿提出締切と同日です。
  • 提出先は,日本語学会事務室です。
    <日本語学会事務室 メールアドレス>
    office■■jpling.gr.jp(■■は@に置き換えてください)

2018年10月13日制定

 

学会ホームページ掲載用要旨作成要領(ワークショップ)
  • 学会ホームページの大会プログラムページに発表要旨を掲載します。ご提出いただいた原稿をそのまま掲載いたしますので,完全原稿で作成してください。
  • (ワークショップ用)要旨フォーマット(Wordファイル)をダウンロードし,以下の書式で作成してください。
    用紙サイズ:A4判縦長。
    余白:上20mm,下・左・右15mm。
    1行目:題目(副題がある場合は「―」で前後を括る)。MSゴシック・11ポイント,中央寄せ。※複数行にまたがる場合は,以降の指示の行数は順送りとする。
    2行目:発表者氏名。所属の記載は不要。MSゴシック・10ポイント,中央寄せ。発表者氏名を併記する場合には「,」で区切る。
    3行目:空行。題目ないし発表者氏名が複数行にわたる場合も,要旨本文の前には必ず1行空ける。
    4行目以降:要旨本文。1行52字で41行以内(横書き)。この書式の範囲内であれば図表挿入可。MS明朝・10ポイント。区切り符号は「,」「。」。
  • 末尾に参考文献一覧は設けず,研究文献に言及する場合は,著者名と発行年のみでなく,次のように文献名,掲載雑誌名,出版社等の情報とともに,本文中に組み込んで示してください。
      例)…である。この点については,山田太郎(2007)「日本語学の将来」(『日本語の研究』8-4)も指摘するように,…
  • ファイル名は「yoshi_発表番号」(例:A会場1番目の発表の場合「yoshi_a1」)としてください。プログラム確定前で発表番号が不明の場合は「yoshi」のみで結構です。
  • 作成した原稿は,メールに添付して(Wordファイル等とPDFファイルの2種)ご提出ください。
    ※PDFファイル作成上の注意:PDFファイルを作成する際には,文字化けを防ぐために,すべてのフォントの埋め込みを行ってください。(Adobe PDFの「印刷設定」で,「プレス印刷」を選択してください。)
  • 提出にあたっては,【学会ホームページ掲載用要旨の著作物としての取り扱い】の内容をご確認のうえ,「著作権譲渡表明」として指定の一文をメール本文に書き添えてください
  • 締切は,予稿集の原稿提出締切と同日です。
  • 提出先は,日本語学会事務室です。
    <日本語学会事務室 メールアドレス>
    office■■jpling.gr.jp(■■は@に置き換えてください)

2018年10月13日制定

 

【学会ホームページ掲載用要旨の著作物としての取り扱い

 

 学会ホームページ掲載用要旨の著作権は,ホームページ掲載後は『日本語学会著作権規程』により,原則として,本学会に帰属します。詳しくは同規程をご参照ください。
 なお,学会ホームページ掲載用要旨の著作権委譲は,機関誌と同様,電子的公開の法的条件を満たすための方法であり,これによって,発表内容の論文化(本学会以外の機関における論文化も含む)に支障が生じることはありません。
 発表応募者は,応募した時点で『日本語学会著作権規程』に従うことを承諾したものとします。また,学会ホームページ掲載用要旨の提出時には,あわせてメール本文に,「著作権譲渡表明」として,以下の一文をお書き添えいただきます(特別な事情により,著作権譲渡ができない場合には,その事情を明記してください)。
 
 『日本語学会著作権規程』に従い,本メールにて提出する学会ホームページ掲載用要旨の著作権を日本語学会に譲渡することを表明します。

2018年10月13日制定

 

日本語学会事務室 〒113‐0033 東京都文京区本郷1丁目13番7号 日吉ハイツ404号 電話・FAX 03(5802)0615 E-MAIL:office■■jpling.gr.jp(■■は@に置き換えてください)

Copyright © 2014 日本語学会 All Rights Reserved.