会議録(2013年度)
lastupdate 2014/6/25

 

会員総会

会員総会(2013年度)

日時  2013年6月1日(土)17時15分―17時45分


会場  大阪大学豊中キャンパス 大阪大学会館講堂


 審議に先立ち,議長に木川行央氏が選出された。

  1. 2012年度事業報告・決算書について,説明があり,審議の上,承認された。
  2. 2013年度事業計画・予算案について説明があり,審議の上,承認された。
  3. 平成25年度科学研究費補助金(研究成果公開促進費:国際情報発信強化)の審査結果(不採択)について報告があった。

 

 

理事会

理事会(2013年度第5回)

日時  2014年1月13日(月・祝)14時―17時


会場  学士会館 310号室


出席者  (会長)上野善道・(理事)木部暢子・金水敏・小林隆・近藤泰弘・杉戸清樹・月本雅幸・野田尚史/(編集委員長)小野正弘・(大会企画運営委員長)石井正彦・(電子情報委員長)高田智和/(庶務委員長)井上優・(庶務委員)仁科明/(事務室書記)橘由香


  1. 庶務委員長より,科研費の刊行助成がなくなったことを受け,今年度は『日本語の研究』の入札をおこなわないことが報告された。
  2. 庶務委員長より,CiNiiで有料公開してきた『日本語の研究』の本文を2014年4月より無料公開(オープンアクセス)に変更することが報告された。
  3. 今期理事会の任期中における課題(投稿・発表の増加,学生会費の値下げ,学会賞の創設,講習会の開催など)について検討した。
  4. 編集委員会より,機関誌『日本語の研究』の編集状況(特集号を含む)と検討課題(特に投稿規定の改訂)について報告がなされた。
  5. 大会企画運営委員会より,(1)2014年度春季大会(5月17・18日,早稲田大学)の概略,(2)2014年度秋季大会(10月18・19日,北海道大学)と2015年度春季大会(関西学院大学)の準備状況,(3)2015年度秋季大会以降の予定について報告がなされた。
  6. 電子情報委員会より,会員に対する一斉メール配信の予定,学会Webシステムの運用状況,新システムの公開予定,外部システムとの連携の現状について報告がなされた。
  7. 日本語学大辞典編集委員会より,編集状況について報告がなされた。
  8. 言語系学会連合担当理事より,「ことばカフェ(2014/福岡)」(2月1日)の開催について報告がなされた。

 

理事会(2013年度第4回)

日時  2013年10月26日(土)10時―10時50分


会場  静岡大学静岡キャンパス 教育学部B棟 2階 204室


出席者  (副会長・会長代行)上野善道・(理事)木部暢子・金水敏・小林隆・杉戸清樹・月本雅幸・野田尚史/(編集委員長)小野正弘・(大会企画運営委員長)石井正彦・(電子情報委員長)高田智和/(庶務委員長)井上優・(庶務委員)仁科明/(事務室書記)橘由香


  1. 庶務委員長より,後任会長の選出について,これまでの経過と理事会後に開催される臨時評議員会での開票手順が説明された。
  2. 庶務委員長および杉戸理事より,日本学術会議シンポジウム「学協会の新公益法人法への対応の現状と展望」について報告がなされた。
  3. 編集委員長より,機関誌『日本語の研究』の編集状況,特集号(第11巻2号,2015年4月)の準備状況,投稿規定に関する検討課題について報告がなされた。
  4. 大会企画運営委員長より,2014年度春季大会(5月17・18日,早稲田大学)の概略と70周年記念シンポジウムの企画,2014年度秋季大会(10月18・19日,北海道大学)の準備状況,2015年度春季大会以降の準備状況について報告がなされた。
  5. 電子情報委員長より,学会webシステムの運用状況,外部システムとの連携,twitter利用,新規コンテンツの公開,新ウェブシステムの準備状況について報告がなされた。
  6. 日本語学大辞典編集委員会より,『日本語学大辞典』の編集状況について報告がなされた。
  7. 会則検討WGより,活動について報告がなされた。
  8. 言語系学会連合に関連して,言語系学会連合の活動について報告がなされた。
  9. 庶務委員長より,中国四国支部の活動休止に関する報告がなされた。
  10. 会員向けの一斉メール送信のためのシステムを導入することが承認された。
  11. 平成26年度科学研究費補助金「国際情報発信強化」の応募内容について検討した。
  12. 来年度の『日本語の研究』の入札について検討した。
  13. (臨時評議員会にて上野善道理事が新会長に選出された後に審議)金水敏理事が副会長に選出された。

 

理事会(2013年度第3回)

日時  2013年8月9日(金)13時―16時


会場  学士会館 310号室


出席者  (副会長・会長代行)上野善道・(理事)金水敏・小林隆・杉戸清樹・月本雅幸・野田尚史/(編集委員長)小野正弘・(大会企画運営委員長)石井正彦・(電子情報委員長)高田智和/(庶務委員長)井上優・(庶務委員)仁科明/(事務室書記)橘由香


  1. 庶務委員長より,小林賢次会長逝去への対応について,まとめの報告がなされた。
  2. 編集委員会より,機関誌『日本語の研究』の編集状況と検討課題について報告がなされた。
  3. 大会企画運営委員会より,(1)2013年度秋季大会(10月26・27日,静岡大学)の概略,(2)2014年度春季大会(2014年5月17・18日,早稲田大学)の準備状況,(3)2014年度秋季大会以降の準備状況について報告がなされた。あわせて,2014年度春季大会における学会設立70周年記念式典の内容について協議した。
  4. 電子情報委員会より,学会webシステムの運用状況と外部システムとの連携の現状について報告がなされた。あわせて,学会サイトの更新情報を周知する手段としてtwitterを利用すること,会員への情報発信のための一斉メール送信を利用することが提案され,承認された。
  5. 言語系学会連合に関連して,意見交換会(6月22日,東洋大学)ならびに「第3回 ことばカフェ 東京」(8月3日,サロンド冨山房Folio)について報告がなされた。
  6. 電子情報委員会より,次期webシステムの発注について提案がなされ,承認された。
  7. 学生会費の資格について協議し,原則を確認した。
  8. 今年度の科研費申請について意見交換を行なった。

 

理事会(臨時)

日時  2013年7月21日(日)14時30分―17時


会場  学士会館 303号室


出席者  (副会長・会長代行)上野善道・(理事)木部暢子・小林隆・近藤泰弘・杉戸清樹・月本雅幸・野田尚史/(庶務委員長)井上優・(庶務委員)仁科明/(事務室書記)橘由香


  1. 庶務委員長より,小林賢次会長逝去への対応について報告がなされた。
  2. 会則第10条第2項に基づき,副会長である上野善道理事が,後任会長の決定までの間,会長代行をつとめることが確認された。
  3. 会長代行より,日本語学会慶弔内規を現状に即して改訂することが提案され,承認された。
  4. 会則第12条第3項に基づき,小林賢次会長逝去にともなう理事の補充と後任会長の選出について協議し,次のことを決定した。(1)理事の補充は行なわない(次の理事改選時まで理事8名のままとする)。(2)秋季大会第1日(10月26日,静岡大学)に臨時評議員会を開催し,後任会長を選出する。

 

理事会(2013年度第2回)

日時  2013年6月1日(土)9時―10時5分


会場  大阪大学豊中キャンパス 大阪大学会館 2階会議室


出席者  (会長)小林賢次・(副会長)上野善道・(理事)木部暢子・金水敏・小林隆・杉戸清樹・月本雅幸・野田尚史/(編集委員長)小野正弘・(大会企画運営委員長)石井正彦・(電子情報委員長)高田智和/(庶務委員長)井上優・(庶務委員)仁科明/(事務室書記)橘由香


  1. 理事会終了後に行われる評議員会および春季大会シンポジウムの開催後に行われる会員総会の議事進行について,説明・報告があった。
  2. 今年度新たに委嘱する委員(前回未承認の分)について,承認が行われた。
  3. 古くなりつつある学会ウェブサイトのシステム更新に必要な予算と更新日程について説明が行われ,今年度予算に組み込むこともふくめ,異論なく承認された。
  4. 昨年8月に定めた「学会用務のための旅費・謝金の支給ガイドライン」について,一部内容を明確化すべく修正が提案され,承認された。
  5. 昨年度の言語系学会連合の学会事務局としての活動(5月12日の会議で完了)につき報告がなされ,今年度も金水理事が引き続き担当理事となることが承認された。6月22日の言語系学会連合の意見交換会の開催について紹介された。
  6. 民間の研究奨励制度・研究助成の告知を,学会ウェブサイトの公募情報欄に掲載することの可否について話し合われた。
  7. その他,『日本語学大辞典』編集委員の任期延長の問題,学会としての若手研究者支援の問題,などについて,意見交換が行われた。

 

理事会(2013年度第1回)

日時  2013年5月12日(日) 14時―18時


会場  学士会館 303号室


出席者  (会長)小林賢次・(理事)木部暢子・金水敏・小林隆・近藤泰弘・杉戸清樹・月本雅幸・野田尚史/(編集委員長)小野正弘・(大会企画運営委員長)石井正彦・(電子情報委員長)高田智和/(庶務委員長)井上優・(庶務委員)仁科明/(事務室書記)橘由香


  1. 2012年度の事業報告・決算書・会計監査報告に関する説明(決算書書式の変更等)が行われ,承認された。
  2. 2013年度事業計画・予算に関する説明が行われ,承認された。予算案書式と作成方針の変更,今年度の大きな支出(学会ウェブサイトのシステム更新等)について説明がなされ,また,事故対策費・積立金などの費目について,意見交換が行われた。
  3. 編集委員会・大会企画運営委員会・電子情報委員会の今年度新規嘱任委員について説明がなされ,承認された。編集委員,常任査読委員の一部については調整中であり,次回理事会までに決定しておく,との説明があった。
  4. 早稲田大学で開催される来年度春季大会の日程が2014年5月17・18日に決定したことが報告された。同大会は,国語学会創立70周年・日本語学会への改称10周年に当たることから,記念行事(記念式典・記念シンポジウム)を企画中であることなどが報告された。記念式典の内容,シンポジウムとワークショップのあり方といった問題について,意見交換がなされた。
  5. 2015年度春季大会の開催校について,関西学院大学に依頼し,内諾を得たとの報告がなされた。また,今後の春季大会の開催校の選定方針について議論があった。
  6. 科研費補助金ワーキンググループ(WG)で対応を練り,応募を行った平成25年度科学研究費補助金(研究成果公開促進費:国際情報発信強化)について,不採択であったことが報告された。今後も同WGは継続し,来年度も応募する方向で考えること,それに向けて,他学会の情報を収集していくこと,が確認された。
  7. 評議員会の議題については,電子メイルにて報告・審議されることとなった。
  8. 各委員会から,現在の活動状況,検討中の問題について,報告がなされた。
  9. 会則検討WGから,他学会の状況と本学会の現状を比較した上で決められた,会員資格に関連した条項の改定方針が示され,議論が行われた。同WGでは引き続き,具体的な条文の検討に移ることが確認された。
  10. 昨年度日本語学会が引き受けていた言語系学会連合運営事務局としての業務の終了が報告された。
  11. その他,学会の今後の活動方針に関する意見交換が行われた。

 

 

評議員会

評議員会(2013年度臨時)

日時  2013年10月26日(土)11時―11時30分


会場  静岡大学静岡キャンパス 教育学部B棟 2階 218室


出席者  35名


欠席者  13名(委任状12名)


 審議に先立ち,議長に清水康行評議員,副議長に沖裕子評議員が選出された。

  1. 会長選挙について,渋谷勝己・菊地康人両評議員の立ち会いのもとで開票をおこなった。投票総数の過半数を獲得した上野善道理事(会長代行)が新会長に選出された。

 

評議員会(2013年度)

日時  2013年6月1日(土)10時30分―12時30分


会場  大阪大学豊中キャンパス 法・経済学部講義棟2階 法第3番講義室


出席者  39名


欠席者  10名(委任状9名)


 審議に先立ち,議長に田中牧郎評議員,副議長に前田直子評議員が選出された。

  1. 庶務委員長より今期理事会・委員会の体制について説明があった。
  2. 各委員会,理事会ワーキンググループより,2012年6月以降の活動について報告があった。また,学会連合担当理事から,2012年度に言語系学会連合の運営委員長・事務局を担当したこと,ならびに「ことばカフェ」を2回開催したことについて報告があった。
  3. 平成25年度科学研究費補助金(研究成果公開促進費:国際情報発信強化)への応募と審査結果(不採択)について報告があった。
  4. 2012年度事業報告・決算書について,(1)報告および説明があり,(2)4月14日に屋名池誠,斎藤達哉両会計監査委員により監査が行われ,適正であると認められた,との報告があり,審議の上,承認された。
  5. 新webシステムの導入を含む2013年度事業計画・予算案について説明があり,審議の上,承認された。

 

 

編集委員会

編集委員会(2013年度第4回)

日時  2014年3月9日(日)13時―18時5分


会場  アルカディア市ヶ谷(私学会館)吉野


出席者  (編集委員長)小野正弘・(編集委員)今村かほる・梅林博人・加藤浩司・亀田裕見・櫻井豪人・田邊和子・新野直哉・服部隆・早津恵美子・福島直恭/(庶務委員)竹田晃子/(事務室書記)加藤明子


  1. 『日本語の研究』第10巻2号(『国語学』通巻257号,2014年4月刊行)の校正状況,納品・発送時期等について確認した。
  2. 『日本語の研究』第10巻3号(『国語学』通巻258号,2014年7月刊行)の掲載予定について確認した。
  3. 最近の投稿論文について,査読報告があり,採否を決定した。
  4. 未着の書評原稿について,依頼状況を確認した。
  5. 新刊書目・新刊紹介・書評の扱いについて協議した。
  6. 『日本語の研究』第12巻3号(『国語学』通巻266号,2016年7月刊行予定)展望号について,協議した。
  7. 投稿規定の改訂について協議した。

 

編集委員会(2013年度第3回)

日時  2013年12月15日(日)13時―17時55分


会場  学士会館 309号室


出席者  (編集委員長)小野正弘・(編集委員)今村かほる・梅林博人・亀田裕見・櫻井豪人・佐野宏・中井精一・新野直哉・服部隆・早津恵美子・福島直恭・山田健三/(庶務委員長)井上優・(庶務委員)竹田晃子/(事務室書記)加藤明子


  1. 『日本語の研究』第10巻1号(『国語学』通巻256号,2014年1月刊行)の校正状況,納品・発送時期等について確認した。
  2. 『日本語の研究』第10巻2号(『国語学』通巻257号,2014年4月刊行)の掲載予定について確認した。
  3. 最近の投稿論文について,査読報告があり,採否を決定した。
  4. 未着の書評原稿について,依頼状況を確認した。
  5. 新刊書目・新刊紹介・書評の扱いについて協議した。
  6. 特集号について報告があった。
  7. 投稿規定の改訂について協議した。

 

編集委員会(2013年度第2回)

日時  2013年9月15日(日)13時―18時


会場  学士会館 309号室


出席者  (編集委員長)小野正弘・(編集委員)梅林博人・亀田裕見・櫻井豪人・佐野宏・田邊和子・中井精一・新野直哉・服部隆・早津恵美子・福島直恭・山田健三/(庶務委員)竹田晃子/(事務室書記)加藤明子


  1. 『日本語の研究』第9巻4号(『国語学』通巻255号,2013年10月刊行)の校正状況,納品・発送時期等について確認した。
  2. 『日本語の研究』第10巻1号(『国語学』通巻256号,2014年1月刊行)の掲載予定について確認した。
  3. 最近の投稿論文について,査読報告があり,採否を決定した。
  4. 未着の書評原稿について,依頼状況を確認した。
  5. 新刊書目・新刊紹介・書評の扱いについて協議した。
  6. 特集号について協議した。
  7. 投稿規定の改訂について協議した。
  8. 投稿数の増加対策について協議した。

 

編集委員会(2013年度第1回)

日時  2013年6月9日(日)13時―18時


会場  東京国際フォーラム G410会議室


出席者  (編集委員長)小野正弘・(編集委員)今村かほる・梅林博人・加藤浩司・亀田裕見・櫻井豪人・佐野宏・田邊和子・中井精一・新野直哉・早津恵美子・山田健三/(庶務委員長)井上優・(庶務委員)竹田晃子/(事務室書記)加藤明子


  1. 『日本語の研究』第9巻3号(『国語学』通巻254号,2013年7月刊行)の校正状況,納品・発送時期等について確認した。
  2. 『日本語の研究』第9巻4号(『国語学』通巻255号,2013年10月刊行)の掲載予定について確認した。
  3. 最近の投稿論文について,査読報告があり,採否を決定した。
  4. 未着の書評原稿について,依頼状況を確認した。
  5. 新刊書目・新刊紹介・書評の扱いについて協議した。
  6. 特集号について協議した。
  7. 投稿規定の改訂について協議した。

 

 

大会企画運営委員会

大会企画運営委員会(2013年度第5回(臨時))

日 時 2014年3月29日(日)13時―18時


会 場 秋葉原コンベンションホール 5階会議室(5E)


 

出席者 (大会企画運営委員長)石井正彦・(大会企画運営委員)秋元美晴・大木一夫・高山倫明・多門靖容・田和真紀子・福嶋健伸・矢田勉/(会長)上野善道 /(編集委員長)小野正弘/(電子情報委員長)高田智和/(庶務委員長)井上優・(庶務委員)齊藤美穂/(事務室書記)中井瑞葉


  1. 学会ホームページの大会関連情報の更新について,電子情報委員長より説明を受け,当委員会の対応を決定した。
  2. 学会賞の創設を含む今後の大会活性化策について,会長より説明を受け,編集委員長・庶務委員長を交えて,その内容について協議した。
  3. 2015年度秋季大会について,シンポジウム企画の内容を協議した。

大会企画運営委員会(2013年度第4回)

日時  2014年2月9日(日) 13時―17時30分


会場  アルカディア市ヶ谷(私学会館) 鳥海


出席者  (大会企画運営委員長)石井正彦・(大会企画運営委員)秋元美晴・大木一夫・小野正樹・小西いずみ・高山倫明・多門靖容・田和真紀子・福嶋健伸・三宅知宏・矢田勉/(早稲田大学)高梨信博・松木正恵/(会長)上野善道/(庶務委員長)井上優・(庶務委員)齊藤美穂/(事務室書記)中井瑞葉


  1. 2014年度春季大会(5月17・18日,早稲田大学)について,(1)応募審査を行い,口頭発表18件,ブース発表5件を採択した。また,(2)シンポジウム企画の内容を確認した。
  2. 2014年度春季大会(5月17・18日,早稲田大学)について,開催校の高梨信博氏・松木正恵氏から運営実施要領の説明がなされ,その詳細について検討した。
  3. 2014年度秋季大会(10月18・19日,北海道大学)について,シンポジウム企画の内容を確認した。
  4. 2015年度春季大会(5月23・24日予定,関西学院大学)について,シンポジウム企画の内容を協議した。
  5. 2015年度秋季大会について,シンポジウム企画の内容を協議した。
  6. 今後の大会の活性化のための提案について協議した。

 

大会企画運営委員会(2013年度第3回)

日時  2013年10月27日(日)16時40分―18時


会場  静岡大学静岡キャンパス 共通教育L棟 2階 202室


出席者  (大会企画運営委員長)石井正彦・(大会企画運営委員)秋元美晴・大木一夫・小野正樹・小西いずみ・高山倫明・多門靖容・田和真紀子・福嶋健伸・三宅知宏・矢田勉/(庶務委員)齊藤美穂/(事務室書記)中井瑞葉


  1. 2013年度秋季大会(10月26・27日,静岡大学)について,問題点を報告し今後の対応を検討した。
  2. 2014年度春季大会(5月17・18日,早稲田大学)について,シンポジウム企画の内容を確認した。
  3. 2014年度秋季大会(10月18・19日,北海道大学)について,シンポジウム企画の内容を確認した。
  4. 2015年度春季大会(5月(予定),関西学院大学)について,シンポジウム企画を協議した。

 

大会企画運営委員会(2013年度第2回)

日時  2013年7月20日(土) 13時―17時


会場  学士会館 310号室


出席者  (大会企画運営委員長)石井正彦・(大会企画運営委員)秋元美晴・大木一夫・小野正樹・小西いずみ・高山倫明・多門靖容・田和真紀子・福嶋健伸・三宅知宏・矢田勉/(静岡大学)久島茂/(庶務委員長)井上優・(庶務委員)齊藤美穂/(事務室書記)中井瑞葉


  1. 2013年度秋季大会(10月26・27日,静岡大学)について,応募審査を行い,口頭発表18件,ブース発表6件を採択した。また,シンポジウムの内容を確認した。
  2. 2013年度秋季大会(10月26・27日,静岡大学)の実施計画について,静岡大学の久島茂氏から説明があり,その内容を検討した。
  3. 2014年度春季大会(5月17・18日,早稲田大学)について,シンポジウムの内容を協議した。
  4. 2014年度秋季大会(10月18・19日,北海道大学)について,シンポジウム企画を協議した。
  5. 今後の大会の企画・運営について,現状と課題を確認した。

 

大会企画運営委員会(2013年度第1回)

日時  2013年6月2日(日) 16時30分―18時


会場  大阪大学豊中キャンパス 文法経本館4階 461講義室


出席者  (大会企画運営委員長)石井正彦・(大会企画運営委員)秋元美晴・有元光彦・石黒圭・大木一夫・岡﨑友子・真田治子・高山倫明・橋本行洋・三宅知宏/(庶務委員)齊藤美穂/(事務室書記)中井瑞葉

 


  1. 2013年度春季大会(6月1・2日,大阪大学)について,問題点を報告し今後の対応を検討した。
  2. 2013年度秋季大会(10月26・27日,静岡大学)について,シンポジウム企画の内容を確認した。
  3. 2014年度春季大会(5月17・18日,早稲田大学)について,シンポジウム企画を協議した。
  4. 2014年度秋季大会(10月18・19日,北海道大学)について,シンポジウム企画を協議した。

日本語学会事務室 〒113‐0033 東京都文京区本郷1丁目13番7号 日吉ハイツ404号 電話・FAX 03(5802)0615 E-MAIL:office■■jpling.gr.jp(■■は@に置き換えてください)

Copyright © 2014 日本語学会 All Rights Reserved.