会議録(2015年度)
lastupdate 2016/7/25

 

会員総会

会員総会(2015年度)

日 時 2015年5月24日(日)12時10分―12時25分


会 場 関西学院大学西宮上ケ原キャンパス 中央講堂


 審議に先立ち,議長として定延利之氏が推薦・選出された。

  1. 理事選挙の結果が報告された。
  2. 2014年度の事業報告・決算報告がなされた。
  3. 会計監査報告が屋名池誠氏からなされた。
  4. 2015年度の事業計画・予算について説明がなされた。

 

理事会

理事会(2015年度第7回(新規第5回))

日 時 2016年2月6日(土)13時―17時


会 場 アルカディア市ヶ谷(私学会館)鳥海


出席者 (会長)仁田義雄・(副会長)木部暢子・(理事)上野善道・工藤真由美・小林隆・渋谷勝己・杉戸清樹・鈴木泰・野田尚史/(編集委員長)清水康行・(大会企画運営委員長)釘貫亨/(庶務委員長)三宅知宏・(庶務委員)岡﨑友子/(事務室書記)橘由香


  1. 2017年度春季大会を関西大学で開催することが提案され,承認された
  2. 大会支援検討ワーキンググループより,大会参加支援(ノートテイカー・保育所)の補助について提案がなされ,審議の上,承認された。
  3. 学会賞に関して,現行の問題点をふまえた上で,今後の在り方について議論された。
  4. 組織検討ワーキンググループより,学会の組織について,より具体的な問題点が提示され,議論された。
  5. 会長より大会開催地について,関西圏を中京まで広げる提案がなされ,審議の上,承認された。
  6. 庶務委員会より現在の財務状況・新たな予算措置が必要なものについて説明がなされ,来年度予算削減の可能性について説明がなされた。
  7. 庶務委員会より,日本語学会慶弔内規の一部改定が提案され,承認された
  8. 評議員の任期について,継続審議とすることが確認された。
  9. 日本語学大辞典編集委員会より,編集委員の増員として佐藤琢三氏・岡部嘉幸氏2名が推薦され,承認された。
  10. 編集委員会・大会企画運営委員会から,最近の活動について報告がなされた。
  11. 広報委員会より現状報告とサーバー関連の見直しの提案がなされ,承認された。

 

理事会(2015年度第6回(新規第4回))

日 時 2015年10月31日(土)9時30分―12時30分


会 場 山口大学吉田キャンパス 共通教育棟 15番教室


出席者 (会長)仁田義雄・(副会長)木部暢子・(理事)上野善道・小林隆・渋谷勝己・杉戸清樹・鈴木泰・野田尚史/(編集委員長)清水康行・(大会企画運営委員長)釘貫亨/(庶務委員長)三宅知宏・(庶務委員)岡﨑友子・安部朋世/(事務室書記)橘由香


  1. 広報委員会より,科学技術振興機構(JST)知識基盤情報部J-STAGEサービスへの移行作業内容・スケジュール・公開内容について説明があり,J-STAGEバナーへのロゴ記載・機関誌コンテンツへのDOI記載・各種作業における費用・担当する委員会について提案がなされ,承認された。
  2. 編集委員会より,機関誌『日本語の研究』「投稿規定」及び「投稿規定」(抄)の一部改定について提案がなされ,承認された。
  3. 庶務委員会より,学会賞の運営について問題点が提示され,議論がなされた。
  4. 大会支援検討ワーキンググループより,様々な大会支援の準備を進めていることが報告され,方針が承認された。
  5. 組織検討ワーキンググループより,最近の活動についての報告がなされた。
  6. 庶務委員会より,来年度予算編成への検討課題について説明があり,議論された。
  7. ロゴマークについて,機関誌『日本語の研究』への使用が確認された。
  8. 2015年度の学会賞選考委員の報告及び2016年度の選考委員が選任された。
  9. 編集委員会より,委員会報告及び今後の活動予定について報告がなされた。
  10. 大会企画運営委員会より,会長就任講演のスケジュールの確認及び2016年度秋季大会(山形大学)準備状況について報告がなされた。
  11. 言語系学会連合担当者より,2015年度第5回言語系学会連合意見交換会の報告がなされた。
  12. 庶務委員会より,機関誌・予稿集・学会文書類の処理について報告がなされた。
  13. 日本語学大辞典編集委員長より,『日本語学大辞典』の編集作業の進捗状況について報告がなされた。

 

理事会(2015年度第5回(新規第3回))

日 時 2015年7月13日(月)


会 場 理事会メーリングリストによる持ち回り審議


出席者 (会長)仁田義雄・(副会長)木部暢子・(理事)上野善道・工藤真由美・小林隆・渋谷勝己・杉戸清樹・鈴木泰・野田尚史/(編集委員長)清水康行・(大会企画運営委員長)釘貫亨・(広報委員長)田中ゆかり/(庶務委員長)三宅知宏・(庶務委員)岡﨑友子


        1. 2015年度秋季大会・第2日目(11月1日(日))の会場として,当初予定していた山口大学吉田キャンパスが使用できなくなったことにともない,その代替として以下の施設が提案され,審議の上,承認された。・山口県教育会館(〒753-0072 山口県山口市大手町2-18)  ・山口県立山口図書館(〒753-0083 山口県山口市後河原150-1)(山口県立山口図書館はワークショップの会場としてのみ使用)

 

理事会(2015年度第4回(新規第2回))

日 時 2015年6月29日(月)


会 場 理事会メーリングリストによる持ち回り審議


出席者 (会長)仁田義雄・(副会長)木部暢子・(理事)上野善道・工藤真由美・小林隆・渋谷勝己・杉戸清樹・鈴木泰・野田尚史/(編集委員長)清水康行・(大会企画運営委員長)釘貫亨・(広報委員長)田中ゆかり/(庶務委員長)三宅知宏・(庶務委員)岡﨑友子


          1. 2016年度秋季大会の会場校並びに開催日時について,2015年6月16日に会長より,2016年度秋季大会を,以下の会場および日時で開催することについての発議があり,メールにより審議がおこなわれ理事一同,異議はなく,全員一致で承認された。  ・会場:山形大学  ・日時:2016年10月29日(土)・30日(日)

 

理事会(2015年度第3回(新規第1回))

日 時 2015年6月14日(日)14時―17時


会 場 学士会館 310号室


出席者 (会長)仁田義雄・(副会長)木部暢子・(理事)上野善道・渋谷勝己・杉戸清樹・鈴木泰・野田尚史/(大会企画運営委員長)釘貫亨・(広報委員長)田中ゆかり/(庶務委員長)三宅知宏・(庶務委員)岡﨑友子/(前財務担当・前理事)月本雅幸/(前編集委員長)小野正弘・(前大会企画運営委員長)石井正彦・(前広報委員長)高田智和/(前庶務委員長)井上優・(前庶務委員)仁科明/(事務室書記)橘由香


            1. 会長の指名によって木部暢子氏を副会長に選任し,承認した。
            2. 会長の指名によって次の担当を選任し,承認した。

              財務担当理事:杉戸清樹氏  言語系学会連合担当理事:野田尚史氏

            3. 会長の指名によって,各種委員長を選任し,次のとおり承認した。

              編集委員長:清水康行氏   大会企画運営委員長:釘貫亨氏   広報委員長:田中ゆかり氏   庶務委員長:三宅知宏氏

            4. 各種委員会の委員について,各委員長から委員会構成・委員候補の提案があり,承認された。
            5. 前期理事会からの申し送り事項について,上野善道前会長・井上優前庶務委員長から説明があり,今期理事会で検討課題を討議していくことを確認した。
            6. 今後の法人化の可能性を検討するため,組織検討ワーキンググループが編成された。
            7. 会員の大会参加支援を検討するため,大会支援検討ワーキンググループが編成された。

 

理事会(2015年度第2回)

日 時 2015年5月23日(土)9時30分―10時10分


会 場 関西学院大学西宮上ケ原キャンパス 文学部本館 中会議室


出席者 (会長)上野善道・(副会長)金水敏・(理事)木部暢子・小林隆・杉戸清樹・月本雅幸・野田尚史/(編集委員長)小野正弘・(大会企画運営委員長)石井正彦・(広報委員長)高田智和/(庶務委員長)井上優・(庶務委員)仁科明/(事務室書記)橘由香


            1. 評議員会の進行について,確認がなされた。
            2. 会長選挙の開票と立会人について説明があった。
            3. 会員総会・大会式典の進行について,確認がなされた。
            4. 新会長,ロゴマーク最優秀賞の公表時期について議論がなされた。
            5. 次期の各委員会委員長(特に広報委員長)の選任について,新会長との話し合いが必要であることが確認された。その他,引き継ぎ事項については,会長と庶務委員長とでとりまとめることが承認された。
            6. 『国語史資料集』ワーキンググループから,『国語学史資料集』,『国語史資料集』の合冊化と名称変更(『日本語史資料集』)について現時点での方針が示され,承認された。
            7. 『日本語学大辞典』編集委員長の理事会への出席について,新会長と相談の上決 めるべきことが確認された。

 

理事会(2015年度第1回)

日 時 2015年4月26日(日)14時―18時30分


会 場 学士会館 303号室


出席者 (会長)上野善道・(副会長)金水敏・(理事)木部暢子・小林隆・近藤泰弘・杉戸清樹・月本雅幸・野田尚史/(編集委員長)小野正弘・(大会企画運営委員長)石井正彦・(広報委員長)高田智和/(庶務委員長)井上優・(庶務委員)仁科明/(事務室書記)橘由香


            1. 4月22日に近藤理事,月本理事立会いのもとで開票された理事選挙の結果について報告がなされた。また,会長選挙のスケジュールが確認された。
            2. 2014年度の事業報告・決算書の説明があり,審議の上,承認された。
            3. 2014年度会計監査が,月本財務担当理事立会いのもと,4月19日に屋名池誠,斎藤達哉両監査委員によって行われ,適正であることが認められた,との説明があった。
            4. 論文賞選考委員会より,2014年度の論文賞の選考結果について報告がなされた。
            5. 広報委員会より,公募を行った学会ロゴマークの予備選考の過程について報告があった。
            6. 会則検討ワーキンググループより,2月の理事会とその後のメール審議を踏まえ,あらためて会則第4条の改定(入会・退会,会員資格,会員の権利の明確化)と,会費に関する規則の新設に関する提案がなされた。審議の上,承認された。
            7. 会則第11条および評議員・会計監査選挙施行規則第6条を改定し,評議員の任期を現行6年から3年に変更して,半数改選および評議員の欠員補充を廃止すること,評議員・会計監査選挙施行規則第2条4項を改定し,選挙管理委員の選任方法を変更すること,同規則第4・5条を改定し,「公示日前月末までに当該年度の会費を納入していること」を有権者の条件とすること,同規則第9条を改定し,評議員の次点選出を廃しすることについて,提案と趣旨説明がなされ,審議の上で承認された。この変更は,次回の評議員選挙から適用されることが確認された。
            8. 会長が重責であることに鑑み,会則第7条を改定し,会長経験者の会長再任,副会長就任を禁ずることについて提案がなされ,審議の上で承認された。なお,この変更は,今回の会長選挙には適用されないことが確認された。
            9. 会長経験者の理事就任の問題点,理事会の改革案(参与職の設置など)についても意見交換がなされ,次期理事会に引き継ぐこととなった。
            10. 『日本語学大辞典』編集委員の任期を2018年5月まで延長することが提案され,承認された。
            11. 2015年度事業計画・予算案について説明がなされ,承認された。学会活性化案を継続しつつ,支出の配分を調整する必要についても話し合いがなされた。
            12. 評議員会の議題について,確認がなされた。
            13. 庶務委員会より,機関誌・予稿集・学会文書類の保存と処理の原則について提案がなされ,承認された。
            14. 広報委員会から,機関誌の電子版の公開について,国立情報学研究所電子図書館事業(NII-ELS)終了に伴い,第12巻2号から対応をする必要があり,準備を進めていることが報告され,方針が承認された。
            15. 広報委員会より,業務の多角化に伴い,広報委員会の増員と任期の変更(半数交替に)の方針が示され,承認された。
            16. 次期理事会への申し送り事項が議論された。
            17. 3月1日に開票された評議員・会計監査選挙の結果が報告された。
            18. ロゴマークについて,予備選考にもとづいて投票が行われた。上位2つについて,権利侵害の有無を確認した上で,最優秀賞を決定することが承認された。
            19. 編集委員会から,機関誌の刊行・編集状況について報告があった。
            20. 大会企画運営委員会から,春季大会の日程について説明があり,議論がなされた。
            21. 広報委員会から,最近の活動について報告があった。
            22. 『日本語学大辞典』編集委員会より,編集の現状(原稿の到着状況・補助員の交替等)について報告があった。今後集まった原稿について,表記・文献のスタイルを調整の上,順次,入稿をすすめる方針が示された。
            23. 春季大会において会場でのノートテイキングの補助が行われることが報告された。今後の課題として,大会期間中の託児所の設置について提案がなされた。

 

 

評議員会

評議員会(2015年度)

日 時 2015年5月23日(土)10時30分―12時25分


会 場 関西学院大学西宮上ケ原キャンパス 文学部新館 大会議室


出席者 43名 欠席者 7名(委任状7名)


 

 審議に先立ち,議長に森山卓郎評議員,副議長として定延利之評議員が推薦・選出された。

            1. 会長選挙の開票作業が,天野みどり・矢田勉両評議員の立会いのもとで行われた。投票総数の過半数を獲得した候補者がなかったことから,上位3名で決選投票が行われ,結果,仁田義雄理事が新会長に選出された。
            2. 評議員・会計監査選挙について報告がなされた。
            3. 理事・会長選挙について報告がなされた。
            4. 今年度の役員と委員会の構成について報告がなされた。
            5. 公募を行ったロゴマークの選考結果について報告がなされた。
            6. 学会賞(秋季大会発表賞,2014年度論文賞)の選考結果について報告がなされた。
            7. 各委員会,ワーキンググループから今年度の活動について報告がなされた。機関誌の『国語学』からの通巻表記を廃止したことについて意見の表明があった。
            8. 庶務委員長より2014年度の事業報告と決算報告が,会計監査の屋名池誠氏より会計監査の結果報告がなされ,審議の上,承認された。
            9. 会則第4条の改定と「会費に関する規則」の新規制定が提案され,審議の結果承認された。
            10. 評議員・会計監査選挙の有権者の規定について,「公示日前月末までに当該年度の会費を納入していること」と改定することが提案され,審議の結果承認された。
            11. 次回の評議員選挙から,評議員の任期を6年から3年に変更し,補欠の補充も行わないことが提案され,審議と投票の結果,継続審議とすることが決定された。
            12. 会則第7条を改定し,会長経験者の会長再任,副会長就任を禁ずることが提案され,審議の結果承認された。
            13. 2015年度の事業計画案・予算案が示され,審議の結果承認された。

 

 

編集委員会

編集委員会(2015年度第4回)

日 時 2016年3月6日(日)13時 ―18時35分


会 場 日本女子大学目白キャンパス 百年館高層棟 815号室


出席者 (編集委員長)清水康行・(編集委員)今村かほる・大島資生・加藤浩司・亀田裕見・小柳智一・櫻井豪人・佐藤栄作・山東功・高木千恵・田邊和子・橋本行洋・福島直恭・山田健三/(庶務委員長)三宅知宏・(庶務委員)椎名渉子/(事務室書記)加藤明子


        1. 『日本語の研究』第12巻2号(2016年4月刊行)のページ数,校正予定,納品・発送時期等について確認した。
        2. 『日本語の研究』第123号(20167月刊行)の掲載予定について確認した。
        3. 投稿原稿について,査読報告があり,採否を決定した。
        4. 新刊紹介・書評について協議し,決定した。
        5. 春季大会発表賞における審査員を決定した。
        6. 展望号執筆者の候補を決定した。

編集委員会(2015年度第3回)

日 時 2015年12月12日(土)13時 ―18時5分


会 場 日本女子大学目白キャンパス 百年館高層棟 815号室


出席者 (編集委員長)清水康行・(編集委員)今村かほる・大島資生・加藤浩司・亀田裕見・小柳智一・櫻井豪人・佐藤栄作・山東功・田邊和子・橋本行洋・福島直恭・山田健三/(庶務委員長)三宅知宏・(庶務委員)椎名渉子/(事務室書記)加藤明子


              1. 「投稿規定」の一部改定(第12巻1号に掲載予定)について確認した。
              2. 「査読審査の概要」(第12巻1号に掲載予定)について確認した。
              3. 『日本語の研究』第12巻1号(2016年1月刊行)のページ数,校正予定,納品・発送時期等について確認した。
              4. 『日本語の研究』第12巻2巻(2016年4月刊)の掲載予定について確認した。
              5. 投稿原稿について,査読報告があり,採否を決定した。
              6. 新刊紹介・書評について協議した。
              7. 特集号について確認した。

 

編集委員会(2015年度第2回)

日 時 2015年9月12日(土)13時 ―18時30分


会 場 日本女子大学目白キャンパス 百年館高層棟 815号室


出席者 (編集委員長)清水康行・(編集委員)今村かほる・大島資生・加藤浩司・小柳智一・櫻井豪人・佐藤栄作・山東功・高木千恵・田邊和子・橋本行洋・山田健三/(庶務委員)椎名渉子/(事務室書記)加藤明子


                            1. 『日本語の研究』第11巻4号(2015年10月刊行)の掲載内容,ページ数,校正予定,納品・発送時期等について確認した。
                            2. 『日本語の研究』第12巻1号(2016年1月刊行)の掲載予定について確認した。
                            3. 投稿原稿について,査読報告があり,採否を決定した。
                            4. 投稿勧誘中の研究発表を確認した。
                            5. 未着書評原稿を確認した。
                            6. 新刊紹介・書評の選定と,書評の依頼者を協議し決定した。

 (なお,3の一部について,臨時に議長を加藤浩司委員に交代した。)

 

編集委員会(2015年度第1回)

日 時 2015年7月5日(日)13時 ―18時20分


会 場 学士会館 310号室


出席者 (編集委員長)清水康行・(編集委員)今村かほる・大島資生・加藤浩司・亀田裕見・小柳智一・櫻井豪人・佐藤栄作・山東功・高木千恵・田邊和子・橋本行洋・福島直恭・山田健三/(会長)仁田義雄/(庶務委員長)三宅知宏・(庶務委員)椎名渉子/(事務室書記)加藤明子


                                        1. 『日本語の研究』第11巻3号(2015年7月刊)のページ数,校正,納品,発送時期等について確認した。
                                        2. 『日本語の研究』第11巻4号(2015年10月刊)の掲載予定について確認した。
                                        3. 最近の投稿論文について,査読報告があり,採否を決定した。
                                        4. 未着の書評原稿について,依頼状況を確認した。
                                        5.  新刊紹介・書評の選定と,書評の依頼者を協議し決定した。

 

 

大会企画運営委員会

大会企画運営委員会(2015年度第4回)

日 時 2016年2月7日(日)13時 ―17時


会 場 学士会館 309号室


出席者 (大会企画運営委員長)釘貫亨・(大会企画運営委員)江口泰生・小野正樹・勝又隆・川端元子・小助川貞次・小西いずみ・田和真紀子・長谷川千秋・福嶋健伸・矢田勉/(学習院大学)安部清哉・前田直子/(会長)仁田義雄/(庶務委員長)三宅知宏・(庶務委員)櫛橋比早子/(事務室書記)中井瑞葉


 

                  1. 2016年度春季大会(5月14日・15日,学習院大学)について(1)応募審査を行い,口頭発表20件,ブース発表7件,ワークショップ2件を採択し,口頭発表会場を4会場,ブース発表を2会場とすることを決定した。(2)また,シンポジウム企画の内容を確認した。
                  2. 2016年度春季大会(5月14日・15日,学習院大学)について,開催校の安部清哉氏・前田直子氏から運営実施要領の説明がなされ,その詳細について検討した。
                  3. 2016年度春季大会の大会発表賞選考委員会について,本委員会から推薦する選考委員候補2名を選出した。
                  4. 2016年度秋季大会(10月29日・30日,山形大学)について,シンポジウム企画の実施計画について検討した。
                  5. 2017年度春季大会(日程未定,関西大学)について,シンポジウム担当者を決定した。

 

大会企画運営委員会(2015年度第3回)

日 時 2015年11月1日(日)16時10分 ―16時50分


会 場 山口県教育会館 第4研修室


出席者 (大会企画運営委員長)釘貫亨・(大会企画運営委員)漆谷広樹・江口泰生・小野正樹・勝又隆・川端元子・小助川貞次・小西いずみ・田和真紀子・長谷川千秋・福嶋健伸・矢田勉/(庶務委員長)三宅知宏・(庶務委員)櫛橋比早子/(事務室書記)中井瑞葉


 

                          1. 2015年度秋季大会(10月31日・11月1日,山口大学等)について,問題点を報告し,今後の対応を検討した。
                          2. 大会発表賞の審査について,問題点を報告し,今後の対応を検討した。
                          3. 2016年度春季大会(5月14・15日,学習院大学)について,シンポジウム企画の進捗状況を確認した。
                          4. 2016年度秋季大会(10月29・30日,山形大学)について,シンポジウム企画を協議した。

 

大会企画運営委員会(2015年度第2回)

日 時 2015年7月26日(日)13時 ―17時20分


会 場 名古屋大学文学部大会議室


出席者 (大会企画運営委員長)釘貫亨・(大会企画運営委員)漆谷広樹・江口泰生・小野正樹・勝又隆・川端元子・小助川貞次・小西いずみ・田和真紀子・長谷川千秋・福嶋健伸・矢田勉/(山口大学)中野伸彦・有元光彦/(庶務委員長)三宅知宏・(庶務委員)櫛橋比早子/(事務室書記)中井瑞葉


                                                  1. 2015年度秋季大会(10月31日・11月1日,山口大学)について,(1)応募審査を行い,口頭発表20件,ブース発表6件,ワークショップ1件を採択した。また,(2)シンポジウム企画の進行計画を確認した。
                                                  2. 2015年度秋季大会(10月31日・11月1日,山口大学)について,開催校の中野伸彦氏・有元光彦氏から運営実施要領の説明がなされ,その詳細について検討した。
                                                  3. 2015年度秋季大会(10月31日・11月1日,山口大学)における会長就任講演について,10月31日の研究発表後に行うことに決定した。
                                                  4. 2016年度春季大会(5月14・15日,学習院大学)について,シンポジウム企画の進捗状況を確認した。
                                                  5. 2016年度秋季大会(日程未定,山形大学)について,シンポジウム企画を協議した。

 

 

大会企画運営委員会(2015年度第1回)

日 時 2015年5月24日(日)16時20分 ―17時40分


会 場 関西学院大学西宮上ケ原キャンパス 池内記念館 第1研究会室


出席者 (大会企画運営委員長)石井正彦・(大会企画運営委員)秋元美晴・大木一夫・小野正樹・小西いずみ・高山倫明・多門靖容・田和真紀子・福嶋健伸・三宅知宏・矢田勉/(会長)上野善道/(事務室書記)中井瑞葉


                                                  1. 2015年度春季大会(5月23・24日,関西学院大学)について,問題点を報告し,今後の対応を検討した。
                                                  2. 2015年度秋季大会(10月31・11月1日,山口大学)について,シンポジウム企画の準備状況を確認した。
                                                  3. 2016年度春季大会(日程未定,学習院大学)について,シンポジウム企画を検討した。
                                                  4. 今後の大会の企画・運営について,現状と課題を検討した。

 

日本語学会事務室 〒113‐0033 東京都文京区本郷1丁目13番7号 日吉ハイツ404号 電話・FAX 03(5802)0615 E-MAIL:office■■jpling.gr.jp(■■は@に置き換えてください)

Copyright © 2014 日本語学会 All Rights Reserved.