日本語学会評議員・会計監査選挙(2020年度)
lastupdate 2020/9/2
評議員・会計監査選挙のスケジュールについて

選挙管理委員長  肥爪周二

 

 日本語学会会則第11条・第13条および日本語学会選挙施行規則に基づき,今年度,評議員と会計監査の選挙が実施されます。

 

 選挙は次のスケジュールで実施する予定です。

 

  • 2020年10月1日(木) 評議員・会計監査選挙公示
  • 2020年12月4日(金)~13日(日) 評議員・会計監査候補者投票(第一次選挙・予備投票)
  • 2021年1月22日(金)~31日(日) 評議員・会計監査投票(第二次選挙・本投票)
  • 2021年3月 学会HPにて選挙結果公告(『日本語の研究』第17巻1号にも掲載)

 

※選挙人名簿は学会HP(マイページ)にて公開します。(名簿の訂正は11月中旬まで受け付け)

 

 日本語学会選挙施行規則第4条・第5条により,今回の選挙で選挙権・被選挙権を有するのは以下の条件を満たす個人名会員です。

 

第4条 以下の条件を満たす個人名会員は,評議員および会計監査の選挙権を有する。
  (1)  公示日前月末までに当該年度の会費を納入していること。
第5条 以下の条件を満たす個人名会員は,評議員および会計監査の被選挙権を有する。
  (1) 公示日前月末までに当該年度の会費を納入していること。
  (2) 選挙の行われる年の4月1日に70歳未満であること。
  (3) 評議員選挙において改選対象とならない評議員に該当しないこと。

 

 選挙を円滑に実施するために,ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

 

選挙管理委員会からのお願い

投票は原則としてオンラインで行います。日本語学会マイページのID・パスワードが必要になりますので,お早めにご確認ください。
マイページは,国際文献社への業務委託に伴い新たに創設されたもので,ID・パスワードは,2020年6月に発送された会費請求書に記載されています。
今回の選挙においては,「2021年4月1日に70歳未満の会員」が被選挙権を有します。今後の選挙のためにも,マイページにて,生年月日の登録をしておいてくださるとたいへん助かります。選挙人名簿は,国際文献社にて機械的に抽出されますので,ご登録いただいた生年月日は,選挙管理委員を含め,他の会員の目に触れることはありません。

 

(2020年09月02日掲載)

Copyright © 2014 日本語学会 All Rights Reserved.