『日本語の研究』目次(第11巻1号-)

 

 『日本語の研究』の掲載論文等は,国立情報学研究所のCiNiiおよびJ-STAGEで公開しています(刊行から6か月後,オープンアクセス)。論文名をクリックすると,CiNiiまたはJ-STAGEのページへ移動します。

 

※ 1月24日より,J-STAGEでの本誌公開が始まりました。第12巻1号(2016年1月)以降,本誌はJ-STAGEにて公開します。

※ 第11巻4号以前については,当面従来通りCiNiiにて公開します。順次,J-STAGEに移行予定です。詳細については追ってお知らせします。

※ 第10巻4号(2014年10月1日発行)をもって『国語学』通巻の併記は終了しました。詳しくは「機関誌『日本語の研究』の『国語学』通巻併記終了について」をご覧ください。

 

『日本語の研究』第14巻3号 2018年8月1日発行

特集 2016年・2017年における日本語学界の展望
  • 総説 / 釘貫亨

  • 研究史 / 齋藤文俊

  • 研究資料 / 木村一

  • 文法(史的研究) / 宮地朝子

  • 文法(理論・現代) / 加藤重広

  • 語彙(理論・現代) / 金愛蘭

  • 音韻(史的研究) / 加藤大鶴

  • 音韻(理論・現代) / 有元光彦

  • 文字・表記(史的研究) / 白井純

  • 文字・表記(理論・現代) / 深澤愛

  • 文章・文体(史的研究) / 後藤英次

  • 文章・文体(理論・現代) / 福沢将樹

  • 社会言語・言語生活 / 西尾純二

  • 地域言語・方言 / 松丸真大

  • 数理的研究 / 浅原正幸

  • 海外における日本語研究―アジアを中心に― / 鄭相哲

 


  • 中古和文複合動詞の主体敬語の形 / 呉寧真

 

〔書評〕
  • 村上佳恵著『感情形容詞の用法―現代日本語における使用実態―』 / 井本亮

  • 奥村悦三著『古代日本語をよむ』 / 尾山慎

  • 山田進著『意味の探究』 / 森雄一

  • 田和真紀子著『日本語程度副詞体系の変遷―古代語から近代語へ―』 / 鳴海伸一

  • 工藤浩著『副詞と文』 / 鈴木泰

  • 福沢将樹著『ナラトロジーの言語学―表現主体の多層性―』 / 井島正博

 

 

『日本語の研究』第14巻2号 2018年4月1日発行

小特集:越境する日本語研究

 


 

〔書評〕

 


日本語学会2017年度秋季大会シンポジウム報告

 

 

『日本語の研究』第14巻1号 2018年1月1日発行

 

〔書評〕

 

 

『日本語の研究』第13巻4号 2017年10月1日発行

 

〔書評〕

 


日本語学会2017年度春季大会シンポジウム報告

 

 

『日本語の研究』第13巻3号 2017年7月1日発行

 

〔書評〕

 

 

『日本語の研究』第13巻2号 2017年4月1日発行

 

〔書評〕

 


日本語学会2016年度秋季大会シンポジウム報告

 

 

『日本語の研究』第13巻1号 2017年1月1日発行

 

〔研究ノート〕

 

〔書評〕

 

 

『日本語の研究』第12巻4号 2016年10月1日発行

 

〔書評〕

 

《資料・情報》

 


日本語学会2016年度春季大会シンポジウム報告

 

 

『日本語の研究』第12巻3号 2016年7月1日発行

特集 2014年・2015年における日本語学界の展望

 

〔書評〕

 

 

『日本語の研究』第12巻2号 2016年4月1日発行

 

〔研究ノート〕

 

〔書評〕

 


日本語学会2015年度秋季大会シンポジウム報告

 

 

『日本語の研究』第12巻1号 2016年1月1日発行

 

〔書評〕

 

《資料・情報》

 

 

『日本語の研究』第11巻4号 2015年10月1日発行

 

〔書評〕

 


日本語学会2015年度春季大会シンポジウム報告

 

 

『日本語の研究』第11巻3号 2015年7月1日発行

 

〔研究ノート〕

 

〔書評〕

 

 

『日本語の研究』第11巻2号 2015年4月1日発行

特集:近代語研究の今とこれから

 

〔研究ノート〕

 

《資料・情報》

 

〔書評〕

 


日本語学会2014年度秋季大会シンポジウム報告

 

 

『日本語の研究』第11巻1号 2015年1月1日発行

 

〔書評〕

 

 

日本語学会事務室 〒113‐0033 東京都文京区本郷1丁目13番7号 日吉ハイツ404号 電話・FAX 03(5802)0615 E-MAIL:office■■jpling.gr.jp(■■は@に置き換えてください)

Copyright © 2014 日本語学会 All Rights Reserved.