『日本語の研究』目次(第11巻1号-)

 

 『日本語の研究』の掲載論文等は,国立情報学研究所のCiNiiおよびJ-STAGEで公開しています(刊行から6か月後,オープンアクセス)。論文名をクリックすると,CiNiiまたはJ-STAGEのページへ移動します。

 

※ 1月24日より,J-STAGEでの本誌公開が始まりました。第12巻1号(2016年1月)以降,本誌はJ-STAGEにて公開します。

※ 第11巻4号以前については,当面従来通りCiNiiにて公開します。順次,J-STAGEに移行予定です。詳細については追ってお知らせします。

※ 第10巻4号(2014年10月1日発行)をもって『国語学』通巻の併記は終了しました。詳しくは「機関誌『日本語の研究』の『国語学』通巻併記終了について」をご覧ください。

 

『日本語の研究』第15巻3号 2019年12月1日発行

  • 近世後期尾張周辺方言におけるラ抜き言葉の成立 / 三宅俊浩​

 

〔研究ノート〕
  • 日露比較から見る日本語の笑い方の表現の特徴 / 宿利由希子・カリュジノワ,マリーナ​

 

〔書評〕
  • 下地理則著『南琉球宮古語伊良部島方言』, Michinori Shimoji 著 “A Grammar of Irabu: A Southern Ryukyuan Language” / 狩俣繁久​

  • 八木下孝雄著『近代日本語の形成と欧文直訳的表現』 / 齋藤文俊​

 


日本語学会2019年度春季大会シンポジウム報告

 

 

『日本語の研究』第15巻2号 2019年8月1日発行

 

〔書評〕

 

《資料・情報》

 

 

『日本語の研究』第15巻1号 2019年4月1日発行

 

〔書評〕

 


日本語学会2018年度秋季大会シンポジウム報告

 

 

『日本語の研究』第14巻4号 2018年12月1日発行

山口明穂先生追悼特集

 


 

〔書評〕

 

《資料・情報》

 


日本語学会2018年度春季大会シンポジウム報告

 

 

『日本語の研究』第14巻3号 2018年8月1日発行

特集 2016年・2017年における日本語学界の展望

 


 

〔書評〕

 

 

『日本語の研究』第14巻2号 2018年4月1日発行

小特集:越境する日本語研究

 


 

〔書評〕

 


日本語学会2017年度秋季大会シンポジウム報告

 

 

『日本語の研究』第14巻1号 2018年1月1日発行

 

〔書評〕

 

 

『日本語の研究』第13巻4号 2017年10月1日発行

 

〔書評〕

 


日本語学会2017年度春季大会シンポジウム報告

 

 

『日本語の研究』第13巻3号 2017年7月1日発行

 

〔書評〕

 

 

『日本語の研究』第13巻2号 2017年4月1日発行

 

〔書評〕

 


日本語学会2016年度秋季大会シンポジウム報告

 

 

『日本語の研究』第13巻1号 2017年1月1日発行

 

〔研究ノート〕

 

〔書評〕

 

 

『日本語の研究』第12巻4号 2016年10月1日発行

 

〔書評〕

 

《資料・情報》

 


日本語学会2016年度春季大会シンポジウム報告

 

 

『日本語の研究』第12巻3号 2016年7月1日発行

特集 2014年・2015年における日本語学界の展望

 

〔書評〕

 

 

『日本語の研究』第12巻2号 2016年4月1日発行

 

〔研究ノート〕

 

〔書評〕

 


日本語学会2015年度秋季大会シンポジウム報告

 

 

『日本語の研究』第12巻1号 2016年1月1日発行

 

〔書評〕

 

《資料・情報》

 

 

『日本語の研究』第11巻4号 2015年10月1日発行

 

〔書評〕

 


日本語学会2015年度春季大会シンポジウム報告

 

 

『日本語の研究』第11巻3号 2015年7月1日発行

 

〔研究ノート〕

 

〔書評〕

 

 

『日本語の研究』第11巻2号 2015年4月1日発行

特集:近代語研究の今とこれから

 

〔研究ノート〕

 

《資料・情報》

 

〔書評〕

 


日本語学会2014年度秋季大会シンポジウム報告

 

 

『日本語の研究』第11巻1号 2015年1月1日発行

 

〔書評〕

 

 

日本語学会事務室 〒113‐0033 東京都文京区本郷1丁目13番7号 日吉ハイツ404号 電話・FAX 03(5802)0615 E-MAIL:office■■jpling.gr.jp(■■は@に置き換えてください)

Copyright © 2014 日本語学会 All Rights Reserved.