『日本語の研究』目次(第11巻1号-)

 

 『日本語の研究』の掲載論文等は,国立情報学研究所のCiNiiおよびJ-STAGEで公開しています(刊行から6か月後,オープンアクセス)。論文名をクリックすると,CiNiiまたはJ-STAGEのページへ移動します。

 

※ 1月24日より,J-STAGEでの本誌公開が始まりました。第12巻1号(2016年1月)以降,本誌はJ-STAGEにて公開します。

※ 第11巻4号以前については,当面従来通りCiNiiにて公開します。順次,J-STAGEに移行予定です。詳細については追ってお知らせします。

※ 第10巻4号(2014年10月1日発行)をもって『国語学』通巻の併記は終了しました。詳しくは「機関誌『日本語の研究』の『国語学』通巻併記終了について」をご覧ください。

 

『日本語の研究』第14巻2号 2018年4月1日発行

小特集:越境する日本語研究
  • 古代和歌の表現論のプログラム / 多門靖容

  • 幕末明治期における日英対訳会話書の日本語―数量の多さを表す句との対応から― / 常盤智子

  • 大分方言における動詞終止形の撥音化とその意味するところ / 江口正

  • 学歴と日本語意識 / 塩田雄大

  • 日本語研究から日本語教育研究への越境 / 白川博之

 


  • 明治・大正期の初等教育における句読法―作文教育を中心に― / 坂井晶子

  • 畳用符号を利用した略字体の成立と展開 / 菊地恵太

 

〔書評〕
  • 半沢幹一著『言語表現喩像論』 / 多門靖容

  • 野呂健一著『現代日本語の反復構文―構文文法と類像性の観点から―』 / 尾谷昌則

  • 山崎誠著『テキストにおける語彙的結束性の計量的研究』 / 田中祐輔

 


日本語学会2017年度秋季大会シンポジウム報告

 

 

『日本語の研究』第14巻1号 2018年1月1日発行

  • 大阪府八尾市方言の素材待遇形式ヤルの機能―三者の関係を表すマーカー― / 酒井雅史・野間純平

 

〔書評〕
  • 青木博史著『日本語歴史統語論序説』 / 吉田永弘

  • 早津恵美子著『現代日本語の使役文』 / 天野みどり

  • 吉野政治著『蘭書訳述語攷叢』 / 木村義之

  • 大西拓一郎著『ことばの地理学―方言はなぜそこにあるのか―』 / 新井小枝子

  • 森勇太著『発話行為から見た日本語授受表現の歴史的研究』 / 青木博史

  • 永田高志著『対称詞体系の歴史的研究』 / 荻野千砂子

  • 佐佐木隆著『上代日本語構文史論考』 / 瀬間正之

 

 

『日本語の研究』第13巻4号 2017年10月1日発行

 

〔書評〕

 


日本語学会2017年度春季大会シンポジウム報告

 

 

『日本語の研究』第13巻3号 2017年7月1日発行

 

〔書評〕

 

 

『日本語の研究』第13巻2号 2017年4月1日発行

 

〔書評〕

 


日本語学会2016年度秋季大会シンポジウム報告

 

 

『日本語の研究』第13巻1号 2017年1月1日発行

 

〔研究ノート〕

 

〔書評〕

 

 

『日本語の研究』第12巻4号 2016年10月1日発行

 

〔書評〕

 

《資料・情報》

 


日本語学会2016年度春季大会シンポジウム報告

 

 

『日本語の研究』第12巻3号 2016年7月1日発行

特集 2014年・2015年における日本語学界の展望

 

〔書評〕

 

 

『日本語の研究』第12巻2号 2016年4月1日発行

 

〔研究ノート〕

 

〔書評〕

 


日本語学会2015年度秋季大会シンポジウム報告

 

 

『日本語の研究』第12巻1号 2016年1月1日発行

 

〔書評〕

 

《資料・情報》

 

 

『日本語の研究』第11巻4号 2015年10月1日発行

 

〔書評〕

 


日本語学会2015年度春季大会シンポジウム報告

 

 

『日本語の研究』第11巻3号 2015年7月1日発行

 

〔研究ノート〕

 

〔書評〕

 

 

『日本語の研究』第11巻2号 2015年4月1日発行

特集:近代語研究の今とこれから

 

〔研究ノート〕

 

《資料・情報》

 

〔書評〕

 


日本語学会2014年度秋季大会シンポジウム報告

 

 

『日本語の研究』第11巻1号 2015年1月1日発行

 

〔書評〕

 

 

日本語学会事務室 〒113‐0033 東京都文京区本郷1丁目13番7号 日吉ハイツ404号 電話・FAX 03(5802)0615 E-MAIL:office■■jpling.gr.jp(■■は@に置き換えてください)

Copyright © 2014 日本語学会 All Rights Reserved.