『日本語の研究』目次(第11巻1号-)

 

 『日本語の研究』の掲載論文等は,国立情報学研究所のCiNiiおよびJ-STAGEで公開しています(刊行から6か月後,オープンアクセス)。論文名をクリックすると,CiNiiまたはJ-STAGEのページへ移動します。

 

※ 1月24日より,J-STAGEでの本誌公開が始まりました。第12巻1号(2016年1月)以降,本誌はJ-STAGEにて公開します。

※ 第11巻4号以前については,当面従来通りCiNiiにて公開します。順次,J-STAGEに移行予定です。詳細については追ってお知らせします。

※ 第10巻4号(2014年10月1日発行)をもって『国語学』通巻の併記は終了しました。詳しくは「機関誌『日本語の研究』の『国語学』通巻併記終了について」をご覧ください。

 

『日本語の研究』第13巻4号 2017年10月1日発行

  • 接続助詞の前接語に見られる品詞の偏り―コーパスから見える南モデル― / 中俣尚己

  • レッテル貼り文という文 / 笹井香

  • ゴンザ資料におけるカス型動詞 / 駒走昭二

  • 九州二型体系の複合語アクセント型はなぜ中和するのか―通時的視点から探る― / 松森晶子

  • 中古和文の助詞カシ / 富岡宏太

 

〔書評〕
  • 鈴木広光著『日本語活字印刷史』 / 矢田勉

  • 常盤智子著『英学会話書の研究』 / 金子弘

  • 松浦年男著『長崎方言からみた語音調の構造』 / 木部暢子

  • 定延利之著『コミュニケーションへの言語的接近』 / 野田春美

 


日本語学会2017年度春季大会シンポジウム報告

 

 

『日本語の研究』第13巻3号 2017年7月1日発行

  • 文末形式「模様だ」の成立と展開 / 川島拓馬

  • 短縮語の形成方略に観察される世代差について―前部要素の2モーラ目に長音を含む短縮外来語とその選好傾向― / 文昶允

 

〔書評〕
  • 小西いずみ著『富山県方言の文法』 / 舩木礼子

  • 藤井俊博著『院政鎌倉期説話の文章文体研究』 / 山本真吾

  • 西尾純二著『マイナスの待遇表現行動―対象を低く悪く扱う表現への規制と配慮―』 / 高木千恵

  • 今野真二著『仮名遣書論攷』 / 長谷川千秋

 

 

『日本語の研究』第13巻2号 2017年4月1日発行

 

〔書評〕

 


日本語学会2016年度秋季大会シンポジウム報告

 

 

『日本語の研究』第13巻1号 2017年1月1日発行

 

〔研究ノート〕

 

〔書評〕

 

 

『日本語の研究』第12巻4号 2016年10月1日発行

 

〔書評〕

 

《資料・情報》

 


日本語学会2016年度春季大会シンポジウム報告

 

 

『日本語の研究』第12巻3号 2016年7月1日発行

特集 2014年・2015年における日本語学界の展望

 

〔書評〕

 

 

『日本語の研究』第12巻2号 2016年4月1日発行

 

〔研究ノート〕

 

〔書評〕

 


日本語学会2015年度秋季大会シンポジウム報告

 

 

『日本語の研究』第12巻1号 2016年1月1日発行

 

〔書評〕

 

《資料・情報》

 

 

『日本語の研究』第11巻4号 2015年10月1日発行

 

〔書評〕

 


日本語学会2015年度春季大会シンポジウム報告

 

 

『日本語の研究』第11巻3号 2015年7月1日発行

 

〔研究ノート〕

 

〔書評〕

 

 

『日本語の研究』第11巻2号 2015年4月1日発行

特集:近代語研究の今とこれから

 

〔研究ノート〕

 

《資料・情報》

 

〔書評〕

 


日本語学会2014年度秋季大会シンポジウム報告

 

 

『日本語の研究』第11巻1号 2015年1月1日発行

 

〔書評〕

 

 

日本語学会事務室 〒113‐0033 東京都文京区本郷1丁目13番7号 日吉ハイツ404号 電話・FAX 03(5802)0615 E-MAIL:office■■jpling.gr.jp(■■は@に置き換えてください)

Copyright © 2014 日本語学会 All Rights Reserved.