予稿集原稿作成要領(口頭発表・ブース発表・ワークショップ)
lastupdate 2018/10/19
予稿集原稿作成要領(口頭発表・ブース発表・ワークショップ共通)
  1. 原稿はWord等のソフトウェアを使って作成してください。横書き・縦書きのいずれでもかまいませんが,予稿集では提出原稿がそのままオフセット印刷されます。割り付けや校正は一切ありませんので,図表も組み込んだ完全版を作成してください。
  2. 原稿サイズはB5判またはA4判のいずれかに設定してください。ただし,予稿集はB5判のため,A4判でご作成いただいた場合,縮小印刷されるため文字が小さくなることにご注意ください。
  3. ページの余白は,上下左右ともB5判は2.0cm,A4判は2.4cmに設定してください。ただし,最初のページの上部余白部分のみ(縦書きの場合は右余白),B5サイズは3.0cm,A4サイズは3.5cmお空けください
  4. 文字数及び行数は適宜調整を行い,字間や行間が狭すぎて読みづらくならないようご配慮ください。文字フォントやサイズは自由ですが,サイズについては小さくなりすぎないようにしてください。
  5. 原稿の枚数は,図表や参考文献一覧等も含め,発表形態ごとに以下のように定めています。ただし,体裁の都合上,執筆枚数は必ず偶数になるように調整してください。
    ・口頭発表:8枚以内
    ・ブース発表:4枚または6枚
    ・ワークショップ:18枚以内
    なお,印刷時に予稿集全体を通したページ数を付与するため,提出する原稿にはページ数を入れないでください。
  6. 文字の色は黒のみとします。印刷すると見えなく恐れがあるため,「網掛け」の使用はお控えください。また,図表は必ず色の設定を「グレースケール」にしてください。予稿集はモノクロ印刷のため,カラーのままご提出された場合,図表内の文字が読めなくなる場合があります(こちらで色設定の調整等はいたしません)。
  7. 原稿には,まず発表題目(副題がある場合には「―」で括る)と発表者氏名,ご所属がある場合にはご所属機関名を書いてください。氏名が漢字表記の場合は,仮名文字(ふりがな機能を使用)またはローマ字で読み方を併記してください。なお,仮名・漢字以外の文字を用いる言語圏ご出身の発表者は,カタカナまたはローマ字で表記してください。
  8. 提出された原稿は,そのまま冊子として印刷され保存されます。後日読んでも発表内容がわかるよう,本文は具体的にお書きください。なお,応募時に提出された「応募用要旨」の内容から大幅に外れることのないようにしてください。
  9. 締め切りは,春季大会は3月下旬ごろ,秋季大会は8月下旬ごろで,大会ごとに指定されます。締め切り時に未着の場合は,題目を予稿集の目次に印刷するのみとなります。
  10. 原稿は基本的に,メール添付(Wordファイル等とPDFファイルの両方)の形で,日本語学会事務室メールアドレス宛にお送りください。やむを得ない場合のみ,郵送も認めることとします。いずれの場合も宛先は次項の日本語学会事務室連絡先をご参照ください。
    ※PDFファイル作成上の注意:PDFファイルを作成する際には,文字化けを防ぐために,すべてのフォントの埋め込みを行ってください。(Adobe PDFの「印刷設定」で,「プレス印刷」を選択してください。)また,PDFファイルにも図表等がきちんと取り込まれているかご確認ください。
  11. ご不明の点につきましては,日本語学会事務室までご照会ください。
    <日本語学会事務室 連絡先>
    メールアドレス:office■■jpling.gr.jp(■■は@に置き換えてください)
    住所:〒113-0033 東京都文京区本郷1-13-7 日吉ハイツ404号
    電話・FAX番号:03 (5802) 0615

2018年10月13日改定

 

日本語学会事務室 〒113‐0033 東京都文京区本郷1丁目13番7号 日吉ハイツ404号 電話・FAX 03(5802)0615 E-MAIL:office■■jpling.gr.jp(■■は@に置き換えてください)

Copyright © 2014 日本語学会 All Rights Reserved.